イサム・ノグチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イサム・ノグチ
Isamu Noguchi.jpg
1941年のイサム・ノグチ。背景の文は父・野口米次郎の詩[1]
生誕 (1904-11-17) 1904年11月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没 (1988-12-30) 1988年12月30日(84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市
死因心不全
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校コロンビア大学
職業彫刻家、造園家、作庭家、インテリアデザイナー
配偶者山口淑子(1951年 - 1956年)
野口米次郎、母レオニー・ギルモア
親戚異父妹アイレス・ギルモア、異母弟野口ミチオ(写真家)[2][3]
受賞ニューヨーク州知事賞(1984年
アメリカ国民芸術勲章(1987年
京都賞思想・芸術部門1986年

イサム・ノグチIsamu Noguchi、日本名:野口 勇1904年11月17日 - 1988年12月30日)は、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家造園家作庭家インテリアデザイナー舞台芸術家。日系アメリカ人

略歴[編集]

1904年、日本人詩人野口米次郎とアメリカ人作家のレオニー・ギルモアとの間に生まれる。1907年、ノグチが3歳の時に母レオニーと来日し、米次郎と同居する。そして米次郎は武田まつ子と結婚し、ノグチは野口勇として森村学園付属幼稚園に通園する。1年後に神奈川県茅ヶ崎市に転居して地元の小学校へ転入し、その年に母レオニーがノグチにとっては異父妹となるアイリスを出産する。1913年からは母の姓であるイサム・ギルモアを名乗り、横浜市セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジへ転入し、茅ヶ崎の自宅の新築設計を手伝うなど数々の建築作品に携わった。学校に通う中、ノグチは1915年に1学期間休学し、母親の個人教授を受けながら茅ヶ崎の指物師の見習い修行をしていく。学校を卒業した後、1918年6月には母の意思で単身でアメリカへ送られ、7月にインディアナ州ローリング・プレーリー英語版のインターラーケン校に入学するが、8月に同校は閉鎖する。エドワード・ラムリー英語版が父親代わりとなり、C・マック宅に寄宿し、ラ・ポート高校に通学しトップの成績で卒業する。卒業写真に残したノグチの言葉は、「大統領になるよりも、僕は、真実こそを追求する。」であった。

ノグチの胸に母が植えつけた願望、「アーティストになりたい」というノグチのために、ラムリーはスタンフォード在住の彫刻家ガットスン・ボーグラムに助手としてノグチを預けた。

1923年に、ボークラムとノグチとは馬が合わず、ノグチはニューヨークへ移りコロンビア大学(医学部準備過程)に入学し、日本から帰米してきた母と暮らすようになる。そこでノグチは医学部に在籍しつつ、レオナルド・ダ・ヴィンチ美術学校の夜間の彫刻クラスに通い、入学してすぐに初の個展を開催した。

ノグチはナショナル・スカルプチャー協会英語版の会員に選ばれ、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインに出品する。美術学校の校長オノリオ・ルオットロ英語版からは彫刻に専念することを勧められる。

1925年、ノグチはニューヨークで活躍していた日本人の舞踏家伊藤道郎の仮面を制作した。これがノグチにとって初めての演劇関連のデザインであった。2年後にグッゲンハイム奨学金を獲得し、パリに留学する。6ヶ月間、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシに師事してアシスタントを務め、夜間の美術学校に通うが、1年後に奨学金の延長が認められずニューヨークに戻り、アトリエを構える。翌年、個展を開いた[4]

ノグチは1930年から1931年にかけて、パリを経由して日本に渡航した。

1935年に在米日本人芸術家の国吉康雄石垣栄太郎野田英夫らと共にニューヨークの「邦人美術展」に出展する。

第二次世界大戦の勃発に伴い、在米日系人の強制収容が行われた際には自らアリゾナ州の日系人強制収容所に志願拘留された。しかし、アメリカ人との混血ということでアメリカ側のスパイとの噂が立ち、日本人社会から冷遇されたため、自ら収容所からの出所を希望するも今度は日本人であるとして出所はできなかった。ノグチは後に芸術家仲間フランク・ロイド・ライトらの嘆願書により出所、その後はニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにアトリエを構えた。

終戦後、ノグチは1947年ジョージ・ネルソンの依頼で「ノグチ・テーブル」をデザイン・制作するなど、インテリア・デザインの作品に手を染める。

1950年に再来日し銀座三越で個展を開き、その時に日本では著名な建築家である丹下健三谷口吉郎アントニン・レーモンドらと知己になる。1年後にまた来日し、リーダーズダイジェスト東京支社の庭園の仕事の依頼を受け、また当時の岐阜市長の依頼で岐阜提灯をモチーフにした「あかり (Akari)」シリーズのデザインを開始。

「あかり (Akari)」シリーズ
結婚披露宴での、イサム・ノグチと山口淑子。1951年12月15日夕方、東京都港区白金台の般若苑にて『婦人画報』1952年3月号三木淳撮影

同年、山口淑子(李香蘭)と結婚する(1956年に離婚)。鎌倉北大路魯山人陶芸を学び、素焼きの作品制作に没頭する。この頃に魯山人の邸宅敷地内にアトリエ兼住まいも構えた。同年、広島平和記念公園のモニュメント(慰霊碑)にノグチのデザインが選ばれたが、原爆を投下したアメリカの人間であるとの理由で選考から外れた。しかしノグチのデザインの一部は、平和公園にある丹下健三設計の「原爆慰霊碑」に生かされている(丹下はこのプロジェクトにノグチの起用を推挙した)。また、戦災復興都市計画に伴い計画され、平和公園の東西両端に位置する平和大橋・西平和大橋のデザインはノグチの手によるものである。ノグチは1964年「ケネディ大統領墓所」のデザインを設計したこともあるがこちらは日系であるとの理由で却下された[5]

1961年からはアメリカに戻り、ニューヨーク州ロングアイランドシティにアトリエを構え、精力的な活動をし始める。まずはアメリカの企業IBM本部に2つの庭園を設計し、幼少の頃住んでいた神奈川県にある横浜こどもの国で遊園地の設計が実際の計画に移された。

そして1968年ホイットニー美術館において大々的な回顧展が開催され、1年後の1969年シアトル美術館にて彫刻作品『黒い太陽(ブラック・サン英語版)』を設置する。また、東京国立近代美術館のために『門』を設置する。この年、ユネスコ庭園への作品素材に香川県庵治町(現・高松市牟礼町で産出される花崗岩の庵治石を使ったことをきっかけに牟礼町にアトリエを構え、「あかり (Akari)」シリーズを発表する。ここを日本での制作本拠とし、アメリカでの本拠・ニューヨークとの往来をしながら作品制作を行う。

万博記念公園に残る噴水の一部「月の世界」(左)

1970年には大阪で行われた日本万国博覧会の依頼で噴水作品を設計し、4芸術協会主催によるパーム・ビーチ彫刻競技会にて作品『インテトラ』が2等受賞した。同時期に、東京の最高裁判所の噴水を設計し、設置する。

1984年からロング・アイランド・シティにあるイサム・ノグチ ガーデンミュージアムが一般公開される。同年、コロンビア大学より名誉博士号を授与され、ニューヨーク州知事賞を受賞する。1年後に1986年開催のヴェネツィア・ビエンナーレ(第42回)のアメリカ代表に選出され、同年日本の稲森財団より京都賞思想・芸術部門を受賞、1987年にはロナルド・レーガン大統領からアメリカ国民芸術勲章を受勲する。

1988年勲三等瑞宝章を受勲し、北海道札幌市モエレ沼公園の計画に取り組んだ。これは公園全体を一つの彫刻に見立てた「最大」の作品であったが、ノグチはその完成を見ることなく同年12月30日、心不全によりニューヨーク大学病院で84歳の生涯を閉じた。母レオニーの命日に1日だけ先んじ、ノグチもその天命をまっとうした。

1年後にはノグチの遺志を継いだ和泉正敏[6] が制作した遺作『タイム・アンド・スペース』が完成し、香川県の新高松空港に設置された。

1999年には制作の本拠地であった高松市牟礼町にイサム・ノグチ庭園美術館が開館した[7]。ノグチがマスタープランを手がけてから16年後の2004年にモエレ沼公園は完成し、翌2005年にグランドオープンした。モエレ山、プレイマウンテン、テトラマウンド、ノグチデザインの遊具のエリア、さくらの森、テニスコートや野球場などを含む188ヘクタールの広大な公園である。

2010年11月20日に松井久子監督によるノグチの母を題材とした日米合作映画『レオニー』が公開された。

2013年8月、宮本亜門原案・演出による舞台『iSAMU〜20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチをめぐる3つの物語〜』が3年の創作期間を経て上演された。(PARCO劇場ほか)。

逸話[編集]

ブラック・スライド・マントラ

ノグチが札幌市の大通公園西8・9丁目に制作した「ブラック・スライド・マントラ」がある場所は、元は他の各丁目を区切る通りと同様に、大通公園を南北に横断する道路だった場所である。ブラック・スライド・マントラは9丁目に既にあった幅広い石の滑り台(クジラ山)を撤去して設置される予定だったが、現地を視察したノグチは、子どもたちに親しまれているクジラ山をそのまま残し、空間全体のバランスを考えた上で、大通公園8丁目と9丁目とをつなぎ、その間の道路にあたる場所に設置することを主張した。一見、無謀とも思える提案だったが、それでも札幌市は「子供らの遊び場に」(「ブラック・スライド・マントラ」は)「子どもに遊ばれて、完成する」というノグチの意思を尊重し、8丁目・9丁目間の道路をふさいで2丁にわたった公園とした。本作の所在地が大通公園西8丁目と9丁目にまたがっているのは、その名残である。また、本作の題名「ブラック・スライド・マントラ」は、古代インドの天文台「YANTRA MANTRA」にちなんで名付けられたものである。

作品[編集]

  • ベンジャミン・フランクリン メモリアル(フランクリン広場英語版、1933年)
  • マーサ・グレアム「フロンティア」の舞台装置英語版(1935年)
  • メキシコの歴史(壁画、アベラルド・L・ロドリゲス市場内、1936年)
  • 地形の遊び場(1941年)
  • シリンダーランプ(1944年)
  • フリーフォームソファとオットマン(1946年)
  • 火星から見られる彫刻(1947年)実現せず
  • タイム=ライフ・ビルの天井(1947年)現存せず
  • ノグチ・テーブル英語版(1947年)
  • ジョージ・バランシン「オルフェウス」の舞台装置(1948年)
  • コネチカットジェネラル生命保険会社中庭(コネチカット州ブルームフィールド、1953年)
  • ダイニング・テーブル(1954年)
  • ロッキング・スツール(1955年)
  • 666 フィフス・アヴェニューの水の彫刻と天井(1957年)
  • プリズマティック・テーブル(1957年)
  • ユネスコの日本庭園・平和の庭(パリ、1958年)
  • イェール大学ベイニッケ図書館の沈床園(SOMと協同、1960年-1964年)
  • チェース・マンハッタン銀行ビルの沈床園(1964年)
  • IBM本社庭園(1964年)
  • ビリーローズ彫刻庭園(1965年)
  • 赤い立方体(1968年)
  • ブラック・サン英語版(1969年)
  • Sinai英語版(1969年)
  • バイエリッシェ・フェライン銀行の彫刻(1972年)
  • Playscapes英語版(1976年)
  • 桃太郎(1978年)
  • ベイフロント・パーク英語版(1979年 - 1993年)
  • ボローニャ・フィエラ地区センターの広場(1979年)
ホーレス・E・ドッジ・ファウンテン

日本での主な作品

  • リーダーズダイジェスト東京支社の庭園(1951年)現存せず
  • 新萬來舎[※ 1](1951年)
  • 「あかり (Akari)」シリーズ(1951年-1986年)
    • 岐阜県の名産品である提灯とコラボレーションして制作された「光の彫刻」。現在も入手可。
  • 中央公論社ギャラリー(1952年)現存せず
  • 原爆慰霊碑(1952年)実現せず
平和大橋

その他[編集]

ドキュメンタリー[編集]

著作文献[編集]

評伝・作品文献[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 野口米次郎が臨終の5分前に作った詩。「かねがなる かねがなる これがけいしょうなんです けいしょうがなると みんながねるんですよ おまえたちもねるんですよ」
  2. ^ 兄を語る--野口ミチオインタヴュ- (特集 イサム・ノグチを歩く--宇宙的空間への旅〔含 年譜〕)『美術手帖 (727),』 51-54頁, 1996-07美術出版社. NCID AN10310657 
  3. ^ イサムノグチ :: 東文研アーカイブデータベース - 東京文化財研究所
  4. ^ ノグチ・ルーム アーカイブ”. 慶應義塾大学 アートセンター. 2018 08 27閲覧。
  5. ^ アナ・マリア・トーレス著 相馬正弘翻訳監修 『イサム・ノグチ空間の研究』2000年 マルモ出版ISBN 978-4944091157 デザイン収録
  6. ^ イサム・ノグチ日本財団理事長
  7. ^ 光嶋裕介『建築という対話 僕はこうして家をつくる』筑摩書房、2017年、121頁。ISBN 978-4-480-68980-1
  8. ^ わたしとイサム・ノグチ サカナクション 山口一郎”. NHK (2021年7月18日). 2021年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]