土門拳記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 土門拳記念館
Ken Domon Museum of Photography
Ken Domon Museum of Photography, 22 September 2009, 002.jpg
施設情報
正式名称 酒田市写真展示館[1]
専門分野 写真[2]
収蔵作品数 7万点
館長 池田真魚[3]
事業主体 酒田市[2]
管理運営 公益財団法人土門拳記念館(指定管理者[4]
建物設計 谷口建築設計研究所(谷口吉生[5]
延床面積 2,054.39m2[5]
開館 1983年(昭和58年)10月1日[2][5]
所在地 998-0055
山形県酒田市飯森山二丁目13
位置 北緯38度53分28.7秒 東経139度49分25.2秒 / 北緯38.891306度 東経139.823667度 / 38.891306; 139.823667座標: 北緯38度53分28.7秒 東経139度49分25.2秒 / 北緯38.891306度 東経139.823667度 / 38.891306; 139.823667
公式サイト http://www.domonken-kinenkan.jp/
プロジェクト:GLAM

土門拳記念館(どもんけんきねんかん、Ken Domon Museum of Photography)とは、土門拳(1909年 - 1990年)の写真作品を所蔵・研究・展示するための酒田市立の美術館。日本最初の写真専門の美術館として、7万点におよぶ土門作品のすべてを所蔵している。

概要[編集]

1974年に酒田市初の名誉市民称号を授与された土門拳は、顕彰式において「僕の全作品を酒田市に寄贈したい」と述べ、さらに、当時の相馬大作市長に対し、「入れ物(収蔵庫)は、そんなに立派なものでなくてもいいよ」とも語りかけた。相馬は土門の故郷愛に深く感じ入り、記念館建設のため奔走を始める[6]

関係当局等との協議の結果、記念館は最上川に架かる出羽大橋を渡った対岸に新たに計画されつつあった飯森山文化公園内の一角に建設することが決定された。またその際には建設省によるカルチャーパーク(文化公園制度)第1号の適用を受け、公園と建物には一部起債を受けたほか、記念館建設委員会の会長に就任した前田巌(土門拳記念館初代理事長)、三木淳(同初代館長)らが旗振り役を務め、全国に寄付を募り、集まった浄財は総額1億円余りにも達した[6]

建物の設計は土門と親交が深かった谷口吉郎の子息である吉生が手掛けた。吉生は設計にあたって土門の人格や生き様を建物に反映させようと、土門の写真作品のほぼ全てや数多い著作に目を通し、さらには土門の人となりを探るべく、土門と旧知の人々を訪ね、意見を聞いて回った[7]。また吉生は設計が進捗した段階で、土門の親しい人々にも建物の建設に参画するよう求め、中庭にはイサム・ノグチによる彫刻が、入口正面の銘板とポスター・チケットは最も親しかった亀倉雄策が、さらに同様に親交が深かった勅使河原蒼風の子息であるが庭園を手掛け[7]、記念館に彩を添えている。なお吉生は同館の設計によって、1984年(昭和59年)(第9回)吉田五十八賞を受賞している[2]。施工は間組平尾工務店共同企業体が担った[8]。 25年以上にわたって「長く地域の環境に貢献し、風雪に耐えて美しく維持され、社会に対して建築の意義を語りかけてきた建築物」として第9回日本建築家協会25年賞(2009年度)を受賞[9]。また「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」(2009年)に二つ星で紹介されている。

開催している展覧会など[編集]

土門拳の写真作品をテーマ別等で展示する企画がほとんどであるが、

  • 土門拳賞受賞作品の展覧会
  • 酒田市土門拳文化賞(酒田市主催アマチュア対象)受賞作品の展覧会
  • 土門拳の写真作品以外の、書や絵の展覧会

などの企画がなされることもある。

また、展覧会以外にも、ミュージアムコンサートや写真家を招いてのギャラリートークなども行われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 酒田市写真展示館設置管理条例
  2. ^ a b c d 高橋不二彦(2014年8月2日). “みちのく建物探訪:山形・酒田市 土門拳記念館 美しい自然環境と調和”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ 池田真魚さん(土門拳長女・土門拳記念館館長)”. SPOON net. 2015年7月25日閲覧。
  4. ^ 指定管理者の選定結果について
  5. ^ a b c 建築について”. 土門拳記念館. 2015年7月25日閲覧。
  6. ^ a b 「土門拳記念館開館30周年記念に寄せて 公益財団法人土門拳記念館顧問 相馬大作」『土門拳記念館開館30周年記念誌 The 30th anniversary of Ken Domon Museum of Photography 』
  7. ^ a b 「土門拳氏へ 谷口吉生」『新建築』 1983年12月号
  8. ^ 「土門拳記念館 山形県酒田市」『新建築』1983年12月号
  9. ^ 第9回 日本建築家協会25年賞 (2009年度)”. 公益財団法人日本建築家協会. 2016年5月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 土門拳記念館編 『土門拳記念館開館30周年記念誌 The 30th anniversary of Ken Domon Museum of Photography 』 土門拳記念館、2013年。
  • 『新建築』1983年12月号

外部リンク[編集]