亀倉雄策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀倉 雄策
Kamekura Yusaku.JPG
1952年当時
生誕 1915年4月6日
新潟県西蒲原郡吉田町(現・燕市
死没 (1997-05-11) 1997年5月11日(満82歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 グラフィックデザイナー
著名な実績 ニッポン放送社章1954年 - 1986年
グッドデザイン賞ロゴマーク(1957年
フジテレビジョン旧社章「8マーク」(1959年 - 1986年)
東京オリンピック1964年ポスター
日本電信電話(NTT)シンボルマーク「ダイナミックループ」(1985年 - ) 他

亀倉 雄策(かめくら ゆうさく、1915年4月6日 - 1997年5月11日)は、日本グラフィックデザイナー。代表作にフジテレビジョンの旧シンボルマーク(8マーク)や日本電信電話(NTT)のマーク(ダイナミックループ)、1964年東京オリンピックポスターサンケイアトムズおよびヤクルトスワローズのユニフォームなどがある。

略歴[編集]

主な作品[編集]

1964年東京オリンピックロゴ(代表作の一つ、文字は原弘[9]
フジテレビ(8マーク)

亀倉雄策賞[編集]

没後、亀倉雄策の遺族の寄付により、亀倉の業績を讃えるとともにグラフィックデザインのさらなる発展をめざして亀倉雄策賞が設けられている。[11]

主な作品収蔵先[編集]

著書[編集]

関連人物[編集]

関連番組[編集]

  • NHK-BS1「1964から2020へ オリンピックをデザインした男たち」(ドキュメンタリードラマ、脚本・監督:坂田能成)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界的なグラフィックデザイナー亀倉雄策さんは燕市の生まれです その1 佐藤久弥さん 広報つばめ 2010.02.01
  2. ^ 世界的なグラフィックデザイナー亀倉雄策さんは燕市の生まれです その2 佐藤久弥さん 広報つばめ 2010.02.01
  3. ^ 三浦朱門『朱に交われば…』p.146。
  4. ^ 今月の1点 Monthly Pickup 11月 - 茅ヶ崎市美術館
  5. ^ 亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。 2013年11月号 宣伝会議
  6. ^ オリンピック・パラリンピックとビジュアルデザイン 東京デザイン2020フォーラム
  7. ^ 雑誌「デザインの現場」1998年No.100
  8. ^ 2020年東京五輪のエンブレムは亀倉デザインの正統進化 - デザイン情報サイト[JDN]、2015年7月29日
  9. ^ オリンピック・メモリアル vol.2 1964年東京オリンピックポスター - JOC
  10. ^ EXPO’70パビリオン「ニッポンの万国博~大阪万博から愛・地球博まで~」
  11. ^ Japan Graphic Designers Association Inc
  12. ^ 第11回亀倉雄策賞:選考経緯および展覧会
  13. ^ 第12回亀倉雄策賞
  14. ^ 第14回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報
  15. ^ 第15回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報
  16. ^ 第16回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報(更新)
  17. ^ 第17回亀倉雄策賞 Japan Graphic Designers Association Inc
  18. ^ 第17回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報(更新)
  19. ^ 第18回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報(更新)