ロングアイランドシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Long Island City
ロングアイランドシティの拡大するスカイライン(2015年撮影)
ロングアイランドシティの拡大するスカイライン(2015年撮影)
愛称: 
"LIC"
ニューヨーク市内の位置
座標:座標: 北緯40度45分03秒 西経73度56分28秒 / 北緯40.7509度 西経73.9411度 / 40.7509; -73.9411
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州
Flag of New York City.svg ニューヨーク市
/ Flag of Queens County, New York.png クイーンズ区
コミュニティ地区 Queens 1, Queens 2[1]
人口
 • 合計 20,030人
等時帯 UTC−5 (EST)
 • 夏時間 UTC−4 (EDT)
ZIPコード
11101–11106, 11109, 11120
市外局番 718, 347, 929, and 917

ロングアイランドシティ(英: Long Island City、LIC)は、ニューヨーク市クイーンズ区の最西端、ロングアイランド西端に位置する住宅・商業地区である。

概要[編集]

ロングアイランドシティは、北にはアストリア (en)、西にはイースト川 、東にはサニーサイド (en) のヘイゼン・ストリート、49番街、 ニューカルバリー墓地 (en) 、南には ニュータウン川 (クイーンズとブルックリンのグリーンポイント (en) を隔てる)が隣接している。

ロングアイランドシティは、1870年に独立市として設立され、1898年にニューヨーク市に併合された。20世紀にはニューヨークの産業地域として、多くの工場が置かれていた。21世紀初頭から、ロングアイランドシティは住宅街の急速な発展と高級化(ジェントリフィケーション)が継続しており、ウォーターフロントの公園や芸術コミュニティが栄えるようになった[2]。このエリアには、アートギャラリー、アート機関、スタジオスペースが集中している[3]

ロングアイランドシティは、クイーンズとマンハッタンを結ぶ唯一の有料の自動車ルートであるクイーンズボロ橋の東の終点である。橋の北西には、 ニューヨーク市住宅局の開発であり、 西半球最大の公共住宅団地であるクイーンズブリッジハウスがある。

ロングアイランドシティは、北部はクイーンズコミュニティ地区1に、南部はクイーンズコミュニティ地区2に属している。パトロールはニューヨーク市警察108管区の管轄である[4]。政治的には、ロングアイランドシティはニューヨーク市議会の第26地区に代表されている[5]

歴史[編集]

1900年代初頭のDutch Killsの地図、en:Greater Astoria Historical Society所蔵
ロングアイランドシティの地図、Greater Astoria Historical Society所蔵

1870年に、Astoria村とRavenswood, Hunters Point, Dutch Kills, Middletown, Sunnyside, Blissville, and Bowery Bayハムレットが合併して設立された[6]。当時の住人は12,000から15,000人だった[7]。市の政府は、選挙で選ばれた市長と10人の市会 (Board of Alderman、5つの区からそれぞれ2人の代表者) から構成された[7]。市の条例は、市会10人のうち過半数が可決すれば、市長の署名にて発効することができた[8]

1873年には、George H. Williamsデザインの市章が制定された[9]

1898年には、シティ・オブ・グレーター・ニューヨーク法案によってニューヨーク市に併合され、クイーンズ区の一部となった。

1930年代に、クイーンズボロ橋クイーンズ-ミッドタウントンネル、そして3本の地下鉄トンネルが建設され、クイーンズからマンハッタンへのアクセス元となった。

ロングアイランドシティには、産業エリアとして、たくさんの工場やベーカリーが所在していたが、1970年代までには多くの工場は閉鎖された。ペプシコーラの看板ニューヨーク市の歴史建造物に登録されている。

1980年代には、クイーンズ・ウェスト再開発計画により、マンハッタンの対岸にはコンドミニアムが建てられ始めた。

21世紀に入ると、高級化現象が進んだ。2006年には、ジャパンタウンを当地区に建設する計画も立ち上がったが、結局破棄された[10]コート・スクエア駅の周りには、高層ビルの建設ラッシュが続いており、スカイライン・タワー (en) やワン・コート・スクエアなどクイーンズで一番高いビルが密集している。

2018年11月13日にAmazon.comの第二本社の建設地に選ばれたが、2019年2月14日に住民の反対を理由に撤回された[11]

歴代市長[編集]

1870年に独立市として設立してから、1898年にニューヨーク市に併合されるまでの、歴代市長の一覧。

歴代市長
名前 人気 所属
A.D. Ditmars[12] 1870–1873 民主党共和党両党推薦
Henry S. De Bevoise[13] 1873–1874 民主党
George H. Hunter (acting)[14][15] 1873–1874 民主党
Henry S. De Bevoise[14][15] 1874–1875 民主党
A.D. Ditmars[16] 1875 民主党
John Quinn (acting)[17] 1875–1876 民主党
Henry S. De Bevoise[18][19] 1876–1883 民主党
George Petry[20] 1883–1887 民主党、共和党[21]
Patrick J. Gleason[22] 1887–1897 民主党[23]

見所[編集]

美術館
公園

教育[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NYC Planning | Community Profiles”. communityprofiles.planning.nyc.gov. New York City Department of City Planning. 2018年4月7日閲覧。; NYC Planning | Community Profiles”. communityprofiles.planning.nyc.gov. New York City Department of City Planning. 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ Silver, Nate (2010年4月11日). “The Most Livable Neighborhoods in New York”. New York. http://nymag.com/realestate/neighborhoods/2010/65374/index8.html 2010年7月3日閲覧。 
  3. ^ Roleke. “Long Island City Art Tour”. About.com. 2010年7月3日閲覧。
  4. ^ NYPD – 108th Precinct”. www.nyc.gov. New York City Police Department. 2016年10月3日閲覧。
  5. ^ Current City Council Districts for Queens County, New York City. Accessed May 5, 2017.
  6. ^ Greater Astoria Historical Society; Jackson, Thomas; Melnick, Richard (2004). Long Island City. Images of America. Charleston, SC: Arcadia Publishing. p. 10. ISBN 0-7385-3666-0 
  7. ^ a b The New Long Island City--Provisions of the Proposed Charter.”. The New York Times (1870年2月20日). 2018年12月18日閲覧。
  8. ^ Long Island City--Ordinances of the Common Council.”. The New York Times (1870年8月6日). 2018年12月18日閲覧。
  9. ^ History Topics: LIC Coat of Arms”. Greater Astoria Historical Society. 2010年7月3日閲覧。
  10. ^ Gill, John Freeman. "For a Big Dreamer, a Little Tokyo Archived December 22, 2014, at the Wayback Machine.." The New York Times. February 5, 2006. Retrieved September 5, 2013.
  11. ^ McCartney/O'Connell, Robert/Jonathan (2019年2月14日). “Amazon Drops Plan For New York City Headquarters”. The Washington Post. 2019年2月14日閲覧。
  12. ^ The Election in Long Island City.”. The New York Times (1870年7月5日). 2018年12月18日閲覧。
  13. ^ "Long Island City Mayorality Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. June 15, 1873. p. 5.
  14. ^ a b "City and Suburban News: Long Island Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. September 25, 1873. p. 8.
  15. ^ a b "Municipal Troubles in Long Island City Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. April 25, 1874. p. 7.
  16. ^ "Long Island City Government Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. July 14, 1875. p. 5.
  17. ^ "Resignation of a Mayor Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. November 12, 1875. p. 8.
  18. ^ "Too Much Government: The Affairs of Long Island City—A Demand for the Amendment of the Charter Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. February 4, 1879. p. 8.
  19. ^ "Alleged Ballot Box Stuffing Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. November 4, 1880. p. 8.
  20. ^ "Mayor De Bevoise Ousted Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. January 13, 1883. p. 5.
  21. ^ "Queens County Elections: The Majority of Mr. Otis—Gleason's Defeat in Long Island City Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. November 8, 1883. p. 2.
  22. ^ "Long Island Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. January 2, 1886. p. 2.
  23. ^ "The Election in Long Island Archived May 10, 2017, at the Wayback Machine.". The New York Times. November 3, 1886. p. 2

外部リンク[編集]