伊藤道郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1951年

伊藤 道郎(いとう みちお、1893年4月13日 - 1961年11月3日) は、日本ダンサー振付師

人物・来歴[編集]

東京市生まれ。伊藤為吉の長男。1912年帝国劇場歌劇部に入団し『釈迦』で初舞台。同年11月にオペラ歌手を志し渡欧。1913年にドイツドレスデン郊外のリトミック考案者エミール・ジャック=ダルクローズの舞踊学校に入団。1914年第一次世界大戦の影響でイギリスロンドンに渡る。1916年にはアイルランドの詩人イェイツと共に日本のを研究し、イェイツの代表作である戯曲『鷹の井戸』の完成に貢献した。のちにニューヨークに渡り『武士道(寺子屋)』を演出、1918年にはニューヨークにスタジオを開いた。アメリカでは各地を公演で巡業し、1929年にはハリウッドでスタジオを開いた。英国ではホルストに作曲を依頼した『日本組曲』(Japanese Suite)の舞踊公演などを行った[1]

ニューヨークブロードウェイではミュージカル振り付けを担当している。戦後はGHQに接収されていたアーニー・パイル劇場(東京宝塚劇場)で、本国以上の演出を行なって見せ、柿の木坂にスタジオを持っていた。1964年東京オリンピックには開会式、閉会式の総合演出を担当したが、開催を待たずして死去した。

演劇人の伊藤熹朔千田是也俳優座主宰)は弟、俳優のジェリー伊藤は次男である。

墓所は豊島区駒込染井霊園

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホルストへの依頼、『日本組曲』の舞踏公演については異説あり。『日本組曲』の項参照。

外部リンク[編集]