伊藤道郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 道郎
いとう みちお
Ito Michio.jpg
基本情報
生誕 (1893-04-04) 1893年4月4日
出身地 日本の旗 日本東京府東京市神田区
死没 (1961-11-06) 1961年11月6日(68歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 舞踊家振付師

伊藤 道郎(いとう みちお、1893年4月14日 - 1961年11月6日) は、日本ダンサー振付師

1919年

東京府東京市神田区生まれ。伊藤為吉の長男。慶應義塾普通部卒業[1]1911年帝国劇場歌劇部に入団し、三浦環との共演でドイツ語のオペラ『釈迦』で初舞台。同年11月1日に声楽家を志し19歳でパリに留学、ロダンや、ドビッシー等と交流をもつ。1912年にドイツドレスデン郊外ヘレラウのエミール・ジャック=ダルクローズ舞踊学校に入団。1914年第一次世界大戦の影響で英国に渡る。1915年ホルストに 舞踊曲『日本組曲』の作曲依頼をした。1916年にはアイルランドの詩人イェイツと共にを研究し、戯曲『鷹の井戸』の完成に貢献した。のちニューヨークに渡り『武士道(寺子屋)』を演出、1918年にはニューヨークにスタジオを開いた。アメリカでは各地を公演で巡業し、1929年にはハリウッドでスタジオを開いた。

ニューヨークブロードウェイではミュージカル振り付けを担当している。ニューヨーク時代にアメリカ人女性と結婚、2人の息子をもうけたが日米開戦とともに抑留。1943年(昭和18年)にアメリカ国籍の家族を残し、第二次日米交換船で日本に帰国した[2]。戦後はGHQに接収されていたアーニー・パイル劇場(東京宝塚劇場)でオペレッタ「ミカド」を上演。本国以上の演出を行なって見せ、柿の木坂にスタジオを持っていた。アメリカでの活動も再開した[3]1964年東京オリンピックには開会式、閉会式の総合演出を担当したが、開催を待たずして死去した。

墓所は豊島区駒込染井霊園

親族[編集]

伊藤道郎

演劇人の伊藤熹朔千田是也俳優座主宰)、作曲家の伊藤翁介は弟。俳優のジェリー伊藤は次男である。ニューヨーク時代に結婚した妻のヘラルド・ライトもダンサーで、長男のドナルド(40代で死去)とジェリーをもうけた[3]真珠湾攻撃勃発によりスパイ容疑で2年間収監されたことから妻と離婚し家族とは音信不通となったが、戦後ジェリーが海兵として来日し再会した[3]。孫(ジェリーの子)は、兄妹デュオ「デビッド&ミシェル」として「菩提樹の丘」(1975年)で日本で歌手デビューした。ミシェルはその後ロサンゼルスでテレビ制作者となった[3]。姪(姉と古荘幹郎の娘)の古荘妙子はダンスの弟子で、道郎没後もダンススタジオを支え、伊藤道郎財団を設立した[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 片岡康子 著『日本の現代舞踊のパイオニア: 創造の自由がもたらした革新性を照射する』新国立劇場運営財団情報センター2015年(平成27年)ISBN 978-4907223076

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 鶴見俊輔・加藤典洋・黒川創『日米交換船』(新潮社、2006年3月)p385。
  3. ^ a b c d e New Legs for a LegendLos Angels Times, March 24, 1998

外部リンク[編集]