ヴァーツラフ・ニジンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴァーツラフ・フォミッチ・ニジンスキー: Вацлав Фоми́ч Нижи́нский, : Wacław Niżyński, : Vaslav Fomich Nijinsky[1], 1890年3月12日 - 1950年4月8日) は、ロシアバレエダンサー振付師。バレエダンサー・振付家のブロニスラヴァ・ニジンスカは妹。

経歴[編集]

ニジンスキーは1890年3月12日ウクライナキエフポーランド人の両親の間に生まれた。1900年、10歳でサンクトペテルブルクマリインスキー劇場付属舞踊学校に入学し、エンリコ・チェケッティらにバレエメソッドを学ぶ。18歳でマリインスキー劇場の主役に抜擢された。

ニジンスキーにとっての転機は セルゲイ・ディアギレフとの出会いであった。二人は深い親交を結び(同性愛の関係だった)、ディアギレフはニジンスキーの活動に大きく関与するようになった。 1909年、ディアギレフはマリインスキー劇場を出たニジンスキーとアンナ・パヴロワ、振付師のミハイル・フォーキンらと共にパリバレエ・リュスを旗揚げした。公演は各地で大成功を収め、ヨーロッパ芸術界の中でディアギレフの名は揺るぎないものになった。

1907年、サンクトペテルブルク郊外、クラスノエ村にて。

その後、一度マリインスキー劇場に戻ったがトラブルを起こして解雇され、再びバレエ・リュスに戻った。そしてフォーキンの振り付けにより、『薔薇の精』(原曲はヴェーバー舞踏への勧誘)と、イーゴリ・ストラヴィンスキーの『ペトルーシュカ』に出演する。特に『薔薇の精』ではまるで空を飛ぶような高い跳躍を見せて人々を驚かせた。

その後もニジンスキーはディアギレフのサポートにより3つのバレエを振付けて上演した。ドビュッシー管弦楽曲「牧神の午後への前奏曲」による『牧神の午後』(1912年)、ドビュッシーが書き下ろした『遊戯』(1913年)、リヒャルト・シュトラウス交響詩による『ティル・オイレンシュピーゲル』(1916年)である。しかし、『牧神の午後』ではあまりにも性的な振り付けをしたために不評を買い、ディアギレフもニジンスキーの振り付けの才能を疑問視し始めた。

そんな中でニジンスキーが振り付けをしたのがストラヴィンスキーの『春の祭典』(1913年)である。ニジンスキーはこの曲で、19世紀のクラシック・バレエでは考えられなかった、を内股にし、を曲げるという振り付けを行った。初演時の騒乱は有名であるが、これは、まさに20世紀バレエの幕開けであった。

1913年、バレエ・リュスは南米公演を行うが、航海が嫌いだったディアギレフは参加しなかった。ツアーの途中で、ニジンスキーはハンガリー人のバレリーナでニジンスキーのファンだったロモラ・デ・プルスキと恋に落ち、ブエノスアイレス結婚式を挙げた。その知らせを聞いたディアギレフは激怒し、間もなく二人を解雇してしまう。ニジンスキーは新たにバレエ団を旗揚げするが、ニジンスキーには興行師としての才能が無かったのが災いして結局失敗に終わり、多くの心労を背負い込むことになる。

パリモンマルトル墓地にあるニジンスキーの墓。

第一次世界大戦が起こると、ロシア国籍であるニジンスキーはハンガリーに拘留された。この間に、ニジンスキーは独自の方法で『牧神の午後』の舞踏譜を作成。1916年、ディアギレフはバレエ・リュスの北米ツアーのために再びニジンスキーを呼び戻し、ニジンスキーは『ティル・オイレンシュピーゲル』を振付けて上演した。しかしこのころになると次第に統合失調症の兆候が現れ始め、仲間たちを恐れて部屋に閉じこもるようになった。これが二人の最後の出会いであった。

1919年1月19日、静養先のスイスサンモリッツのスヴレタ・ハウス・ホテルのホールで「神との結婚」と自ら呼んだ公演を最後に、ついにニジンスキーは神経衰弱に陥った。こうして、ニジンスキーのキャリアは終焉を迎えた。『ニジンスキーの手記』として知られている手記は、この公演の直後から精神病院に入院するまでの6週間の間に書かれたものである。内容は案の定錯乱しているものの、彼自身の貴重な回想録として一定の評価を得ている。入院後、オイゲン・ブロイラーによる診断を受ける。

ニジンスキーの後半生は、精神病院をたらい回しにされ、危険なため現在は行われないインスリン・ショック療法を受けるという悲劇的なものであった。ロモラの介護もむなしく、ニジンスキーはついにバレエの世界に戻ることはなかった。このあたりの事情については河合隼雄の『未来への記憶』『深層意識への道』に、妻のエピソードとして紹介されている(河合はスイス留学時代、宝塚女優明石照子に熱を上げた妻の日本語講師アルバイトとして引き受けていた)。

第二次世界大戦中はハンガリーに滞在したが、ナチスの侵攻によりあわや殺害されそうになったところを匿ってもらい辛くも脱出(その際情報が錯綜し、ナチスに殺害されたという誤報が世界に流された)、その後イギリスへ移った。

1950年4月8日イースターの日にニジンスキーはロンドンで生涯を閉じた。ニジンスキーの遺体はロンドンに埋葬されたが、1953年パリモンマルトル墓地に改葬された。

ニジンスキーは、驚異的な脚力による『まるで空中で静止したような』跳躍、中性的な身のこなしなどにより伝説となった。また、ニジンスキーの舞踏の映像が一つも残されていない(最晩年のプライベート映像があるだけである)ことも、ニジンスキーの伝説に一役買っていると言えよう。

なお、ニジンスキーの振付は多くが失われていたが振付師で舞踏歴史家ミリセント・ホドソンMillicent Hodson)とケネス・アーチャーKenneth Archer)の夫妻の努力により『春の祭典』、『遊戯』が復元されている。また、『牧神の午後』のコレオグラフィーは、ニジンスキーが彫刻において作成したコレオグラフィーを基にしてアン・ハッチンソン・ゲストAnn Hutchinson Guest)により1988年に復元がなされた。

関連著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Nizhinsky" と表記することもある。