素焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

素焼きあるいは素焼(すやき、: terra cocta: terra cotta: terracotta[1] テラコッタ)とは、

  • 粘土を、釉薬をかけないまま、(焼き物としては)比較的低い温度で軽く焼き固める(焼成する)方法、およびそうしてできた焼き物のこと。釉を施さずに焼いた陶器。
  • 最終的には釉薬をほどこした陶磁器を作る場合に、「本焼き」に入る前の段階として、成形した粘土を、一旦釉薬をかけずに焼き固めることや、そうしてできたもののこと。

概要[編集]

「素の」(=釉薬で覆っていない)やきもの、という意味の用語である。 素焼きは、まず粘土を整形し、乾燥させ、釉薬をかけないまま、焼き固めることであり、そうして出来た焼き物のことである。 日本語の「素焼き」と欧米の「テラコッタ」は、ほとんどの場合、まったく同種のものを指している。[2]

焼く間に、粘土に含まれる分が酸素と反応するので(酸化鉄ができるので)、赤みがかった色になることが一般的である[3]が、(粘土の質や様々な条件により)黄色オレンジ色・赤っぽい色・(いわゆる)「テラコッタ色」・茶色・やや灰色がかった色など、様々な色がありうる。 素焼きのものは、高温で焼かれた焼き物に比べると、概して軟質であり壊れやすい。

歴史

古代から世界各地で素焼きのものが作られてきた。 メソポタミア古代ギリシアエトルリアにおいても焼かれた。古代ギリシアのタナグラ人形、中国の (よう)、日本の土偶埴輪は素焼き(テラコッタ)の例である[4]。 日本の古代の縄文土器弥生土器もまた、素焼きの一種である(他の素焼き同様に、軟質であり、壊れやすい)。

(ヨーロッパでは)15世紀に復興し、現在もさかんに作られている。

焼成温度

歴史的なもの、考古学的なもの(遺跡から考古学的に発掘したもの)の素焼きでは、600 °Cという低温で焼かれていたものもある[3]。(近年の西欧の素焼きとしては)典型的な温度は1,000 °C 前後である[3]

なお「本焼き」の前に行う「素焼き」の温度は、現代では、地域や国ごとに違いがある。日本では素焼きが800°C前後で行われることがある。それに対して、例えばベルギーの美術学校の陶芸コースでは、もっと高い温度に設定しており、950 °Cで行われていることが多く、さらに理想的には1060°Cが良いと考えられているという。どうやら、土地ごとの粘土の性質の違いが原因であり、ベルギーで使っている粘土内部に含む何らかの成分をガスとしてしっかり出しておくためには(少なくとも)950 °Cにする必要があり、そうでないと失敗の原因となると言い、「900°C以下は考えられない」と現地の専門家は言ったという[5]

(「本焼き」の前段階ではなく、完成品と見なされる素焼きの)用途

素焼きは古くから様々な用途に用いられてきた。

植木鉢として世界各地で使用されている。素焼きの多くは多孔質であり保水性や透過性などに富むので、向いているのである。また、孔によって表面積が広く、染み込んだものがよく蒸発するので、アロマテラピー精油を含ませる円盤としても使われている。水を含ませた素焼きの小片を密閉容器内に置く事で一種の「保湿剤」のようにも使われる。また素焼きの乾いた小片は適度に湿度の吸収と放出を行うので、湿度調整具としても用いられる(素焼き製の手巻きタバコの湿度調整用品などもある。)。 他にも日本ではかつて「かわらけ」などとも呼ばれ、かつては酒を飲む皿(浅いうつわ)として用いて、儀式などで用いられたり、また宴会では「使い捨てのうつわ」として(一杯飲んでは、景気良く投げて捨て、あえて割るなど)気軽に用いられた。[6] 現代でも、かわらけ投げと言って、投げる(壊れるのを承知の上で、縁起をかつぐなどして投げる)ためにも使われている。

脚注[編集]

  1. ^ https://en.oxforddictionaries.com/definition/terracotta
  2. ^ 日本人が「素焼き」のものをさし出せば、欧米人はそれを「テラコッタだ」、「テラコッタ以外のなにものでもない」と判断する。欧米人が「テラコッタ」と言って差し出すものは、ほぼ全部、日本人が見れば「素焼き」以外のなにものでもない。(ただし細かいことを言えば)、「テラコッタ」は、日本人が言う「素焼き」した後に、塗料などで軽く彩色を加えたものや、焼く前に絵などを(かなり部分的に)描いて焼いたもの(「彩色テラコッタ」と呼ばれるもの、呼び分けられることも多いもの)も、含めて指している場合が稀にある。「テラコッタ」という語が指している範囲の中心部分、および大部分は、同じであり、両者は基本的に同義語である。そのような理由で、「素焼き」の記事でもしばしば縄文土器や兵馬俑が具体例として挙げられ、「テラコッタ」の記事でも縄文土器や兵馬俑が具体例として挙げられる。)日本の園芸店では、イタリアから輸入した素焼きのオシャレなデザインの植木鉢を、日本風に「素焼き」と表示せず、あえて「テラコッタ」と(オシャレな雰囲気の)表記にすることで、購入意欲を高めようとすることもある。だがそれは「素焼き」と「テラコッタ」が意味の上で異なるからではない。日本の素焼きの植木鉢と、イタリアの素焼きの植木鉢は、若干質感が異なることもあるが、それは、粘土の質や、焼成温度が違う傾向があるからである。作られている工房や温度設定次第では、イタリア製でも日本製でも、ほぼほぼ同じものもある。
  3. ^ a b c Grove Art Online, "Terracotta".
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典小項目
  5. ^ [1]
  6. ^ 鎌倉時代以降の、かつて男たちが頻繁に集って酒を飲んでいたであろう場所などを発掘すると、使用済みの「かわらけ」が大量に発見されることがある。

関連項目[編集]