木村正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村正義

木村 正義(きむら まさよし、1890年明治23年)1月1日[1] - 1952年昭和27年)9月28日)は、日本の文部官僚政治家衆議院議員(4期)。

略歴[編集]

東京出身。1915年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。官界に入り、京都府久世郡長、文部書記官文部大臣秘書官文部省学生部長、同省実業学務局長などを歴任。

1932年2月、第18回衆議院議員総選挙熊本県第1区で立憲政友会から出馬し当選。以後、第19回第20回1942年第21回総選挙翼賛政治体制協議会候補)まで連続4回の当選を果した。この間、立憲政友会総務、第1次近衛内閣内務参与官米内内閣大蔵政務次官を歴任した。

1945年4月に香川県知事に就任。1945年6月10日より同年10月31日まで四国地方総監を兼任した。戦後、公職追放となる[2]1951年追放解除[3]。翌1952年死去。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、30頁。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛支部長、武徳会香川支部長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、249頁。NDLJP:1276156 
  3. ^ 『毎日新聞』1951年8月7日二面。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056