辰野隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955年(昭和30年)の肖像

辰野 隆(たつの ゆたか、1888年3月1日 - 1964年2月28日)は、フランス文学者随筆家東京帝国大学教授として多くの後進を育てた。

来歴・人物[ソースを編集]

建築家の父・辰野金吾と母・英子の長男として東京市に生まれる[1]赤坂中之町小学校卒業後、府立一中第一高等学校を経て1908年に東京帝国大学法科大学仏法科に入学し、1913年に卒業。文学研究を志し、帝大仏文科に再入学し、1916年卒業後は大学院へ進み、講師になった。

1921年に、東京帝大の助教授となり(東大仏文科初の日本人助教授)、2年間フランスに留学。1923年の帰国後教授に昇任し、1948年に定年退官するまでフランス文学の主任教授を務めた。この間、1932年より新設された明治大学文藝科でも講師(非常勤)で教えた。東大退官後は中央大学で、仏文学専攻を創設し教授を務めた。1948年日本芸術院会員、1962年に文化功労者となった。

東大での教え子からは、三好達治渡辺一夫飯島正伊吹武彦小林秀雄田辺貞之助今日出海中島健蔵井上究一郎中村光夫森有正鈴木力衛ら、文学研究・文芸評論で活躍した人物を輩出した。

家族[ソースを編集]

辰野金吾は、東京駅(丸の内)・日本銀行本店などの設計で知られる近代日本を代表する建築家で、その長男。兄弟の辰野保は陸上選手で、隆本人も学生時代は運動に打ち込み、体力には自信があった。

金吾は国技館(初代)の設計者でもあり、大の相撲好きで、中学時代に隆を相撲部屋に入門させた。隆も1950年から終生、横綱審議委員となった。

妻の久子は江川英龍の孫。息子の辰野高司薬学者、日本薬史学会副会長、理化学研究所名誉研究員。

その他[ソースを編集]

  • 谷崎潤一郎とは府立一中以来の友人である。
  • 1916年(大正5年)の辰野の結婚式に夏目漱石が出席した際、出されたピーナッツを漱石が食べて胃潰瘍を再発し、床に臥し没した。
  • 1922年(大正11年)に鈴木信太郎と共著の『信天翁の眼玉』は、日本初の本格的フランス文学紹介であり、数々の学生が仏文学に進むきっかけとなった。
  • 『さ・え・ら』、『あ・ら・か・る・と』など軽妙なエッセイでも知られた。漱石や谷崎らを取り上げた『忘れ得ぬ人々』は人物描写エッセイ(ポルトレ)の名著と評される。
  • 戦後の1949年2月、サトウハチロー徳川夢声と共に皇居へ参内。昭和天皇との会見録である「天皇陛下大いに笑う」が、文藝春秋に掲載され大いに反響を呼んだ。
  • 晩年の1960年4月に、「ボオドレエルの態度」で東京大学より文学博士を得た。
  • 退官後に勤務した中央大学は、敬愛した長谷川如是閑の母校で、父金吾が同校最初の新築校舎(1888年英吉利法律学校)及び同校の校長邸宅(1911年増島六一郎、1906年菊池武夫)を設計したという縁がある。
  • いち早くアイバンクに登録し死後、角膜献体をした。
1937年(昭和12年)

著作[ソースを編集]

  • 『信天翁の眼玉』白水社, 1922、三笠書房「三笠文庫」, 1951
  • 『佛蘭西文學の話』春陽堂, 1925
  • 『白葡萄』春陽堂, 1925
  • 『佛蘭西文藝閑談』聚芳閣, 1926
  • 『ボオドレエル研究序説』第一書房, 1929、白水社, 1935、全國書房, 1948、酣燈社, 1951
  • 『さ・え・ら』白水社, 1931
  • 『え・びやん』白水社, 1933
  • 『南の風』白水社, 1933
  • 『ドンク』中央公論社, 1934
  • 『りやん』白水社, 1935
  • 『あ・ら・かると 評論・随筆』白水社, 1936
  • 『スポオツ閑談』昭森社, 1936
  • 『南の窓 佛蘭西翻案戯曲集』創元社, 1937、白水社, 1952
  • 『書齋閑談』白水社, 1938
  • 『忘れ得ぬ人々』弘文堂書房, 1939、角川文庫, 1950
  • ルナアルを語る』白水社, 1939
  • 『印象と追憶』弘文堂, 1940
  • 『續 忘れ得ぬ人々』弘文堂書房, 1940、角川文庫, 1950
  • 『ふらんす人』青木書店, 1941/講談社文芸文庫(新編), 1991 
  • 佛蘭西文學』(上下) 白水社, 1943-度々重版。新装版1954・1975ほか。
  • 『谷崎潤一郎』イヴニング・スター社, 1947/日本図書センター(復刻版), 1992
  • 『河童随筆』酣燈社, 1947
  • 『青春回顧』酣燈社, 1947
  • 『酔眠巣雑記』生活社, 1947
  • 『佛蘭西演劇私観』酣燈社, 1948
  • フアブルの目』秀文館, 1948
  • 辰野隆選集』(全5巻) 改造社, 1948-50/日本図書センター(復刻版), 2004
    • 佛蘭西文學考(上下) / ボオドレエル研究序説・ルナアルの日記 / 忘れ得ぬ人々と谷崎潤一郎 / 信天翁の眼玉
  • 『忘れ得ぬことども』朝日新聞社, 1948
  • 『曳尾庵随筆』要書房, 1948
  • 『燈前茶後』日本出版協同, 1949
  • 『閑人独語』洛陽書院, 1949
  • 『男女問答』要書房, 1950
  • 『老若問答』要書房, 1950
  • 『ひとりごと』河出書房, 1950
  • 『老書生独語』河出書房, 1951
  • 『フランス文學入門』要書房, 1951
  • 『老年期』要書房, 1951
  • 『えとせとら』三笠書房, 1953
  • 『独語と対話 青春と老後』実業之日本社, 1956
  • 『凡愚問答』角川新書, 1956
  • 『凡愚春秋』角川新書, 1957
  • 『現代知性全集14 辰野隆集』日本書房, 1959/復刻版「日本人の知性19 辰野隆」 学術出版会, 2010 
  • フランス革命夜話』朝日新聞社, 1958/福武文庫, 1989/中公文庫, 2015
  • 『おかめはちもく』河出書房新社, 1961
  • ボーマルシェーとフランス革命』筑摩書房, 1962
  • 辰野隆随想全集』(全5巻・別巻)福武書店, 1983
    • 1.忘れ得ぬ人々、2.え・びやん、3.フランス文芸閑談
    • 4.ふらんすとふらんす人、5.忘れ得ぬことども
    • 別巻「天皇陛下大いに笑う」 対談・座談集

共著[ソースを編集]

  • 『スポオツ随筆』辰野保共著 大畑書店, 1932
  • 『佛蘭西自然主義』本田喜代治共著 三省堂, 1936
  • 『モリエール』本田喜代治共著 創元選書, 1939
  • 『現代随想全集5 辰野隆・内田百閒集』創元社, 1953

翻訳(現行)[ソースを編集]

編著[ソースを編集]

  • 酒談義(正続) 日本交通公社, 1949-50
  • 近代日本の教養人 実業之日本社, 1950-友人日夏耿之介の還暦記念論文集
  • 大学生活第二 光文社, 1950
  • 落第読本 鱒書房, 1955

評伝[ソースを編集]

  • 出口裕弘 『辰野隆 日仏の円形広場』(新潮社, 1999)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京駅・辰野金吾家の人々宮島醤油会長コラム