鈴木力衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 力衛(すずき りきえ、1911年5月1日 - 1973年6月14日)は、日本のフランス文学者、演劇評論家。

愛知県出身。第一高等学校東京帝国大学仏文科を卒業後、フランス政府招聘給費留学生としてパリ大学に学び、帰国後は旧制学習院教授等を経て学習院大学文学部教授となった。

モリエール研究の第一人者。晩年に完成した単独訳の「モリエール全集 全4巻」(全作品を網羅してはいないが、全集の刊行冊子に「日本語の芝居として楽しめるモリエールのすべてと称しうる仕事」紹介されている)で、読売文学賞受賞。そうしたフランス演劇研究の成果を元に、新しい流れのフランス演劇も積極的に紹介し、俳優座養成所講師や文学座顧問もつとめ、戦後日本の興隆期の新劇運動に大きな影響を与えた。なお岩波文庫版のモリエール作品集は近年改版されている。

演劇関係以外でも、アレクサンドル・デュマ・ペールの『ダルタニャン物語』、ジャン・コクトーの『恐るべき子供たち』、マルセル・パニョル『笑いについて』、アンリ・ベルクソン『笑い』をはじめ多数の訳書がある。

学習院仏文科の骨格をほぼ一人で築き上げてゆき、優秀な教授陣を育成するために腕を振るい、そうした中から篠沢秀夫豊崎光一佐伯隆幸末木利文(演出家)といった人達を育て上げていった。

著書[編集]

  • 時事佛蘭西語讀本 (編著 白水社 1943年)
  • フランス演劇雑筆 (新月社 1948年)
  • モリエール (世界評論社 (世界文学はんどぶっく) 1950年)
  • モーパッサンの文学 (実業之日本社 1952年)
  • 巴里~東京 入門フランス語会話 (ノエル・ヌエット共著 三笠書房 1953年)
  • フランス文学案内 (渡辺一夫共著 岩波文庫別冊 1961年)
  • やさしいフランス語会話文法5週間 (渡辺守章共著 開拓社 1964年)
  • フランスの文学 (明治書院 (世界の文学史)1966年)
  • フランス文学史(編著 明治書院 1971年)

翻訳[編集]