ピエール・ド・マリヴォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリヴォー
Pierre de Marivaux.jpeg
ルイ=ミシェル・ヴァン・ロー英語版によって描かれたマリヴォー
誕生 Pierre Carlet de Chamblain de Marivaux
(1688-02-04) 1688年2月4日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没 (1763-02-12) 1763年2月12日(75歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
職業 劇作家小説家
言語 フランス語
ジャンル 小説ロマンティック・コメディ
文学活動 啓蒙時代
代表作 愛と偶然との戯れfr:Le Jeu de l'amour et du hasard)』(1730年初演)
デビュー作 fr:Le Pere prudent et equitable』(1712年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ピエール・カルレ・ド・シャンブラン・ド・マリヴォーフランス語:Pierre Carlet de Chamblain de Marivaux1688年2月4日 - 1763年2月12日)は、フランス王国(現:フランスパリ出身の劇作家小説家。生涯に約40の戯曲を著した。

アカデミー・フランセーズの座席24番の会員で、これまで伝統的であった同国出身の劇作家モリエール流の喜劇を改革し、女性に於ける恋愛心理の分析を特色とする喜劇を創始した[1]

代表作は1730年パリ・イタリア座 Théâtre italien de Paris で初演された『愛と偶然との戯れfr:Le Jeu de l'amour et du hasard)』である[2]。同作は2011年宝塚歌劇団星組によって『めぐり会いは再び』として上演されている[3]

また、マリヴォーの作品は極めて特徴的で、戯曲の主人公は決まって女性であり[4]、作品にロマンティック・コメディを組み込み、繊細で気取りを表現した文体は「マリヴォダージュ」Marivaudage と呼ばれる[2][4]

マリヴォーは女性の恋愛心理を細かい描写で表現した。しかし、マリヴォーの存命中には観客から作品が充分に理解されず、収入的に失敗することも多かったが、20世紀に入ってから高く評価されるようになった[5]

生涯[編集]

1688年2月4日、フランス王国(現:フランス)のパリに、ノルマンディー出身の法服貴族資本家だった[4]ニコラ・カルレ Nicolas Carlet の元に生まれる。父の仕事の都合によりリヨンからリモージュ移住し、幼少期はパリを離れてオーヴェルニュ地域圏で過ごした。

最初は神愛オラトリオ会 Oratory of Saint Philip Neri で学び、1712年にパリに戻り、法律を学んだ。

なお、パリでは同国出身の著述家ベルナール・フォントネルと親しくなり、フォントネルと知り合った以降は同国出身のランベール女公爵こと作家アンヌ=テレーズ・ド・マルゲナ・ド・クルセル Anne-Thérèse de Marguenat de Courcelles哲学者ジャン・ル・ロン・ダランベールであるタンサン女公爵ことクロディーヌ・ゲラン・ド・タンサン Claudine Guérin de Tencinサロンに出入りしていた。

1706年にマリヴォーの処女作である『Le Père prudent et equitable』を著し、6年後の1712年に刊行した。

1710年代は戯曲よりも小説を多く著した(作品については当記事#作品を参照されたい)。なお、この頃より同国出身の作家アントワーヌ・ウダール・ド・ラ・モット Antoine Houdar de La Motte と知り合うようになった。

1720年にはマリヴォー唯一の悲劇『アンニバル』Annibalコメディ・フランセーズにて上演したが、失敗した[4]。しかし同年、イタリア人俳優ルイージ・リッコボーニ Luigi Riccoboni が率いるパリ・イタリア座[5]『恋に磨かれたアルルカン』Arlequin poli par l'amour を上演して人気を博し、劇作家としての地位を確立した[2]

その後、東インド会社西インド会社投資してしまい[6]スコットランド財政家ジョン・ロー財政政策であるミシシッピ計画により破産し、社会的な矛盾を感じるようになる。1711年からイギリスエッセイスト詩人ジョゼフ・アディソンとリチャード・スティール Richard Steele が刊行しているエッセイ新聞「ザ・スペクテーター」The Spectator (1711) を模倣し、マリヴォーは独自に1721年から1724年にかけて[7]新聞『スペクタトゥール・フランセ(Le Spectateur françois)』を刊行した。

1722年5月5日には戯曲『恋の不意打ち』La Surprise de l'amour を上演し、翌年1723年4月6日には『二重の不実』La Double Inconstance を上演した。

1742年から1763年にかけてアカデミー・フランセーズの座席24番の会員を務める。

1763年2月12日にパリで亡くなる。

作品[編集]

マリヴォーの作品に登場する主人公は決まって女性であり、繊細な言葉遣いや言い回しは「マリヴォダージュ」と呼ばれる。ロマンティック・コメディの作品も多いが、『理性の島』L'Île de la raison のように人間平等を主張する作品もある。

戯曲[編集]

日付は初演された日である。

小説[編集]

  • Pharsamon ou Les Folies
  • 1714年、『Les Aventures de *** ou les Effets surprenants de la sympathie
  • 1714年、『La Voiture embourbée
  • 1714年、『Le Bilboquet
  • 1717年、『Le Télémaque travesti
  • 1731年、『マリヤンヌの生涯』La Vie de Marianne - 未完の小説。
  • 1735年~1736年、『成り上がり百姓』Le Paysan parvenu - 未完の小説。

日本で刊行された作品[編集]

  • 『愛と偶然の戯れ』(1935年、岩波書店,、進藤誠一訳)
  • 『偽りの告白』(1955年、岩波書店、鈴木力衛訳)
  • 『愛と偶然との戯れ』改版 (1978年、岩波文庫、進藤誠一訳)
  • 『マリヤンヌの生涯』1, 2, 3, 4 (1988年、岩波文庫、佐藤文樹訳)
  • 『新マリヴォー戯曲集』(1989年、大修館書店
    • 収録作品:「いさかい」「愛の勝利」井村順一 訳、「二重の不実」鈴木康司訳、「贋の侍女」佐藤実枝 訳
  • 『贋の侍女:または、罰をうけたペテン師』(1994年、咲良舎、佐藤実枝 訳)
  • 『変装の王子:または、名高き遍歴の士』(1995年、咲良舎、井村順一 訳)
  • 『うまくいった策略』(1995年、咲良舎、鈴木康司 訳)
  • 『奴隷島』(1996年、咲良舎、佐藤実枝 訳)
  • 『愛と偶然の戯れ』(1996年、咲良舎、鈴木康司 訳)
  • 『ユートピア劇三部作(奴隷の島、理性の島、新天地)』(ユートピア旅行記叢書14 所収、1997年、岩波書店、佐藤実枝、鈴木康司、井村順一 訳)
  • 『マリヴォー戯曲選集』(2006年、早稲田大学出版部、佐藤実枝 訳)
    • 収録作品「恋の不意打ち」「恋の不意打ち その2」「遺贈」「率直な人々」「試練」「本気の役者たち」
  • 『贋の侍女・愛の勝利』(2009年、岩波書店、佐藤実枝、井村順一 訳)
  • 『マリヴォー 偽りの打ち明け話 翻訳と試論』(2013年、早稲田大学出版部、佐藤実枝 訳)

脚注[編集]

  1. ^ 万有百科大事典 文学 1973, p. 614.
  2. ^ a b c グランド現代百科事典 1983, p. 330.
  3. ^ 星組公演『めぐり会いは再び2nd~Star Bride~』 - 宝塚歌劇団ホームページ、2013年10月2日閲覧。
  4. ^ a b c d 世界大百科事典 1972, p. 202.
  5. ^ a b 万有百科大事典 音楽・演劇 1974, p. 535.
  6. ^ マリボーとは - コトバンク、2013年10月12日閲覧。
  7. ^ 『スペクタトゥール・フランセ』の刊行に関しては1722年から1723年に刊行したともされる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]