鈴木勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき ごん
鈴木 勤
プロフィール
愛称 ごんごん
生年月日 1992年4月25日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本
血液型 0型
公称サイズ(2016年7月時点)
身長 / 体重 176 cm / 63 kg
BMI 20.3
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
モデル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 勤(すずき ごん、1992年4月25日 - )は、日本の男性ファッションモデル歌手俳優作詞家

来歴[編集]

2009年の後半からファッション雑誌CHOKi CHOKi』や『Samurai ELO』、『キラリ』、『FINEBOYS』、『B-st.』、『smart』などで読者モデルとして活動をはじめる。当時アメーバブログのアクセス数が1日350万view 月間でも1億に達するなど 雑誌に出て人気になる 通常のルートではなく 個人が力を持って雑誌に出るという原宿の第2世代としてスタイルを確立した。

2010年、キラリ!、samurai ELOの専属モデルになる。蝶ネクタイを取り入れた ヨーロピアンスタイルやループタイを取り入れた オジカジ など 独自ファッションが読者に支持され 数年に渡り 連続で人気投票で1位を獲得など 圧倒的な支持を受ける。その反響はSNSを通してアジア圏にまで届いた。

2011年、「ズームインサタデー」や「世界一受けたい授業」、「ピラメキーノ」などに出演。原宿のカリスマと呼ばれる。

2012年、映画 Miss Boysで俳優デビューをする。

2013年、バンド活動を開始。4月に1st mini album「NO NAME」を発表。収録曲「パステルデート」はLUNA SEAINORANが作曲を手がけた。デビュー発表はラフォーレ原宿で行われ 当日までに3000を超える応募があった。

2014年2月に配信限定曲ハートのカタチを発表。8月には「クルクル☆ミラクル」を発表し、2nd album「NO NAME2」を発売。オリコンデイリー10位を記録する。この頃からティーン向け女性誌『Popteen』の正式なメンズモデルになる。読モJUNONが発売され、こんどうようぢ大倉士門藤田富と並んで読モ四天王と呼ばれる。

2015年、慢性扁桃腺炎の悪化により 喉の手術を行う。その1ヶ月後に バンド名を改名し「DARK HERO」[1] 発表。3rd album「RE:STORY」を発売。オリコンデイリー12位を獲得。喉の手術で感じた 苦悩や モデルとしての脱却を試みた メッセージ性の強いアルバムとなる。同アルバムには 作曲を手がけたハヤシケイ作詞 作曲のボカロ曲「ピエロ」[2] のカヴァーも収録されている。

2016年、松本零士原作『宇宙海賊キャプテンハーロック』を舞台化した『キャプテンハーロック 〜次元航海〜』が上演されるにあたりW主演のひとり、台羽正を演じた[3]

2017年、杉原杏璃主演 映画 『...and LOVE』にて700人のオーディションを勝ち抜き、恋人・ツバサ役として出演。 映画『インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙』で映画初主演が決定[4]

2018年、前年 7年間所属していた事務所を退社。個人として クラウドファンディングで新たな音楽活動開始を宣言。募集額を超え 本人作詞による新曲「nice」「breezin」が制作され SpotifyやAWAやLINE MUSICからストリーミング配信される。自身の音楽活動から 作詞の才能を認められ 女性アイドルグループや男性ボーカルグループに 作詞提供。

2019年、期間付きの活動休止を発表。

人物[編集]

  • 趣味はゲーム、アニメ、マンガ。幼少期にマンガ本を5000冊以上所持していたこともある。
  • 特技はランニングやバスケ、野球などのスポーツで、ランニングは毎日10キロ走るのが日課。
  • 太りやすい体質。幼少期はずっと太っていた。名前も珍しく ハーフという事もあり 虐められる事が多かったという。
  • 高校時代にファッションに興味を持ちはじめた。原宿でスカウトされたことをきっかけに読者モデルとしてモデル活動を始める。
  • 自身の曲をほぼ全て作詞しており 2000種類以上の曲を書き溜めている。

出演[編集]

MUSIC VIDEO[編集]

バラエティ番組[編集]

ドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

映画[編集]

  • Miss Boys!決戦は甲子園!?編(2011年12月公開、ダブ) - 田丸健 役
  • Miss Boys!友情のゆくえ編(2012年1月公開、ダブ) - 田丸健 役
  • インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙(2017年12月公開) - 主演・悟志 役[4]
  • ...and LOVE(2017年公開) - ツバサ役
  • ふたりの空(2019年公開) - 主演・隆之介 役
  • 地獄少女(2019年公開)


書籍[編集]

  • 恋のくすり。飲めば私を好きになる (宝島社) イメージカバー 2012年7月発売 著 千梨らく

雑誌[編集]

CM[編集]


広告[編集]

舞台[編集]

  • FREE(S)プロデュース公演「第二章 Dream-sunflower-」(2012年7月18日 - 22日、恵比寿・エコー劇場
  • Be With プロデュース VOL.23「Night on the Planet 〜Romantic memory」(2012年4月20日 - 22日、シアターグリーン BIG TREE THEATER)
  • IRONBANK Presents「返り咲きリビングデッド」(2013年1月18日 - 20日、恵比寿・エコー劇場)
  • キャプテンハーロック 〜次元航海〜(2016年6月8日 - 12日、新宿村LIVE/2017年1月9日 - 13日、大阪市中央公会堂) - 主演・台羽正 役
  • 舞台 ハイスクール!奇面組(2017年6月1日 - 4日 全労済ホール スペース・ゼロ) - 御曹 司 役[5][6]
  • 冬町ミステリーサークル(2018年2月13日 - 18日、上野ストアハウス) - EP3主演・丸尾恭一 役
  • メモリーダイヤル〜明日の君にさよなら〜(2019年5月1日 - 4日 東部フレンドホール) - 北岡俊介 役

ファッションショー [編集]

CD[編集]

  • NO NAME
  • NO NAME2 - オリコンデイリー10位
  • RE:STORY - オリコンデイリー12位

ラジオ[編集]

  • 「ケネゴンのワイルドピッチ」(2012年、ニッポン放送
  • 「ごんごんのおしゃべり@ぐるぐる」(2014年、FM FUJI
  • 「レコメン!」(文化放送

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]