佐藤文樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 文樹(さとう ふみき、1912年8月10日 - 1987年6月27日[1])は、日本のフランス文学者翻訳家九州大学名誉教授。18世紀フランス文学が専門。

略歴[編集]

東京府東京市下谷区(現東京都台東区)生まれ。1937年東京帝国大学文学部仏文科卒。陸軍経理学校経理部嘱託。1938年東調布高等女学校教諭。1939年東大付属図書館嘱託、1944年陸軍通訳官。1948年東洋大学教授。1949年九州大学助教授。1955年教授。1962年「ペイザン・バルブニユとタンザイとネアダルネの初版刊行年」で東大文学博士。1963 - 1964年渡仏。1968年上智大学文学部教授。1983年退職。

1986年勲三等瑞宝章受章。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 『秩序』第1 - 3(マルセル・アルラン、弘文堂書房、世界文庫) 1940 - 1942
  • 『色好み / 成上り百姓』上(マリヴォー、八雲書店) 1948
  • 『父と私 彼と私』(ディドロ、八雲書店、ディドロ著作集4) 1948
  • 『悩める魂』(マルセル・アルラン、角川文庫) 1953
  • 『成上り百姓』(ディドロ、河出書房、世界文学全集) 1955
  • 『修道女物語』(ドゥニ・ディドロ、弥生書房) 1957
  • 『マリヤンヌの生涯』全4冊(マリヴォー、岩波文庫) 1957 - 1959

参考[編集]

  • 「佐藤文樹先生の御退職に寄せて」松下和則、上智大学仏語・仏文学論集 17, i-viii, 1983-03-20[1]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 1987年6月29日朝刊