松下和則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松下 和則(まつした かずのり、1919年3月3日 - 2007年11月9日)は、フランス文学者、東京大学名誉教授。

父の任地、現在の青森県弘前市に生まれ、翌年東京に移転。第一高等学校理科から、1941年東京帝国大学理学部物理学科を繰り上げ卒業、1942年同地震研究所助手、1943年同文学部仏文科に入学し、1946年卒業。大学院研究生を経て1951年中央大学助教授、1954年東京大学教養学部助教授、1967年教授、1979年定年退官、名誉教授。上智大学教授を務め1984年退職。1981年から1985年まで日本フランス語フランス文学会会長、1984年フランス政府より教育功労勲章を授与される。1992年勲三等旭日中綬章

ヴィクトル・ユゴーなどフランス・ロマン派を専門とした。『スタンダード仏和辞典』などの編纂にも携わった。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 信者の言葉 ラ・ムネー 創芸社(人生論叢書) 1948
  • 赤い封蝋 アルフレッド・ド・ヴィニー 筑摩書房 1949
  • ノートル・ダム・ド・パリ ユゴー 辻昶共訳 世界文学全集 河出書房 1950 のち岩波文庫、潮文庫
    • ノートル・ダムのせむし男 ヴィクトール・ユゴー 河出書房 1957
  • 軍隊の屈従と偉大 アルフレッド・ド・ヴィニー 世界文学大系第25 筑摩書房 1961
  • 黒いチューリップ デュマ 世界の文学 中央公論社 1964
  • サン=マール ヴィニー 世界文学全集第18 筑摩書房 1967
  • モンテ=クリスト伯 アレクサンドル・デュマ 松下彩子共訳 世界文学全集 集英社 1980
  • 聖書の世界 ガブリエル・メランベルジェ(編注)朝日出版社 1985-1986