レイモン・ラディゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイモン・ラディゲ
Raymond Radiguet
Radiguet.jpg
誕生 1903年6月18日
フランスの旗 フランス共和国サン=モール=デ=フォッセ
死没 (1923-12-12) 1923年12月12日(20歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
職業 詩人小説家
言語 フランス語
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1918年1923年
ジャンル 小説
主題 恋愛心理古典悲劇
文学活動 新心理主義、
代表作 肉体の悪魔』(1923年)
ドルジェル伯の舞踏会』(1923年)
デビュー作 肉体の悪魔(1923年)
テンプレートを表示

レイモン(レモン)・ラディゲ(Raymond Radiguet, 1903年6月18日 - 1923年12月12日)は、フランスで生まれた小説家詩人。代表作は、処女小説『肉体の悪魔』と、次作で遺作となった『ドルジェル伯の舞踏会』である。

生涯[編集]

フランスはパリの郊外、サン=モール=デ=フォッセで生まれる。幼少の頃は学業優秀でならすものの、思春期にさしかかる頃から文学にしか興味を示さなくなり、学業そっちのけで、風刺漫画家として活動していた父の蔵書を読み耽るようになる。そのときフランス文学の古典の魅力にとりつかれる。14歳の頃、『肉体の悪魔』のモデルとされる年上の女性と出会い、結果として不勉強と不登校のため学校を放校処分になる。その後、自宅で父親からギリシア語ラテン語を習いながら、徐々に詩作に手を染める。15歳の時に父親の知り合いの編集者のつてをたどって知り合った詩人のマックス・ジャコブに詩を評価され、同じ詩人のジャン・コクトーに紹介される。コクトーはラディゲの才覚を見抜き、自分の友人の芸術家や文学者仲間に紹介してまわる。数多くのコクトーの友人との交友を通して、ラディゲは創作の重心を徐々に詩作から小説に移しはじめ、自らの体験に取材した長編処女小説『肉体の悪魔』の執筆にとりかかる。

途中、詩集『燃ゆる頬』、『休暇中の宿題』の出版や、いくつかの評論の執筆を行ないつつ、『肉体の悪魔』の執筆を続行。数度のコクトーを介した出版社とのやりとりと改稿の末に、ベルナール・グラッセ書店から刊行される。このとき出版社は新人作家対象としては異例の一大プロモーションを敢行したため文壇から批判を浴びるが、作品は反道徳的ともとれる内容が逆に評判を呼んでベストセラーとなり、ラディゲは一躍サロンの寵児としてもてはやされることになる。

『肉体の悪魔』で得た印税を元手に、コクトーとともにヨーロッパ各地を転々としながらも、ラディゲはすでに取りかかっていた次の長編『ドルジェル伯の舞踏会』の執筆を続行。同時に自分がこれまで書いた評論などの原稿や詩作を整理しはじめる。1923年11月末頃に突如、体調を崩し腸チフスと診断されピッシニ街の病院に入院。病床で『ドルジェル伯の舞踏会』の校正をしながら治療に専念するが、快方には向かわずそのまま12月12日に20歳の短い生涯を閉じる。遺作の『ドルジェル伯の舞踏会』は、死後出版された。臨終を看取ったコクトーはラディゲの早すぎる死に深い衝撃を受け、その後およそ10年にわたって阿片に溺れ続けた。

フランス文学界での位置づけ[編集]

ラディゲのフランス文学史全体における位置づけは、作家としての活動期間が短く、作品の本数も少ないせいもあってか決して高くはない。しかし処女小説『肉体の悪魔』は、題材のセンセーショナルさに淫することなく、年上の既婚者との不倫に溺れる自らの心の推移を冷徹無比の観察眼でとらえ、虚飾を排した簡潔な表現で書きつづったことで、今日もなお批評に耐えうる完成度に達している。

ドルジェル伯の舞踏会』に至っては、ラディゲ自らが参考にしたとしているラファイエット夫人の『クレーヴの奥方』を、高度に文学的な手腕で換骨奪胎し、別の次元の「フランス心理小説の傑作」に仕立て上げていることから、「夭折天才」の名にふさわしい文学的実力の持ち主であったと評されている[1][2]

日本におけるラディゲ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生島遼一「解説」(文庫版『ドルジェル伯の舞踏会』)(新潮文庫、1953年。改版1970年)
  2. ^ 堀口大學「翻訳者のよろこび」(堀口大學訳『ドルヂェル伯の舞踏会』)(白水社、1931年)
  3. ^ 丸岡明「解説」(文庫版『燃ゆる頬・聖家族』(新潮文庫、1947年。改版1970年)
  4. ^ 伊藤整「解説」(『現代日本文学全集第36巻』)(筑摩書房、1954年)
  5. ^ a b 三島由紀夫「一冊の本――ラディゲ『ドルジェル伯の舞踏会』」(朝日新聞 1963年12月1日号に掲載)
  6. ^ 三島由紀夫「あとがき」(『三島由紀夫作品集1』)(新潮社、1953年)
  7. ^ 北原武夫「解説」(文庫版『美徳のよろめき』)(新潮文庫、1960年。改版1969年、1987年)
  8. ^ 大岡昇平武蔵野夫人の意図」(『大岡昇平集14』)(岩波書店、1982年)
  9. ^ 江口清『レイモン・ラディゲと日本の作家たち』(清水弘文堂、1973年)
  10. ^ 戦後角川文庫などで再刊
  11. ^ 三島由紀夫「ラディゲに憑かれて――私の読書遍歴」(日本読書新聞 1956年2月20日号より)

外部リンク[編集]