丸山熊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

丸山 熊雄(まるやま くまお、1907年6月2日 - 1984年1月4日)は、日本のフランス文学者翻訳家学習院大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

旧制福岡高等学校を経て東京帝国大学文学部仏蘭西文学科卒業後、フランスに留学。留学中の友人に岡本太郎がおり、横光利一の通訳などもつとめている。妻の山崎明子もパリ時代に一緒であった。国民精神文化研究所の「思想対策に関する調査」の嘱託員も務めた。

帰国後、ヴォルテールの邦訳紹介を行うかたわら、白秋ゆかりのアルスから悪名高い『戦争文学論』を公刊。これはホメーロスや『ロランの歌』、タッソーの『解放されたエルサレム』などといった戦争をテーマとする叙事詩の中に文学の本質を見ようとするものであるが、一般読者には戦争礼賛、ナチス支持の文脈の中で受け取られたので、戦後しばらくは隠棲に近い生活を余儀なくされることとなった。そこで「翻訳の職人に徹する」ことをこころざし、モーパッサンや「ダルタニャン物語」の翻訳などをおこなう。

その後、鈴木力衛の誘いで学習院大学に迎えられ、東京大学教養学部でも教鞭を取るようになるが、赴任当初は上述の政治的な理由から、反発を感じた学生も多かった。

著書[編集]

  • 『文学戦争』(映画文化研究所、戦争文化叢書 ; 第6輯) 1939
  • 『戦争文学論』(アルス) 1940
  • 『一九三〇年代のパリと私』(鎌倉書房) 1986.12

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『英雄交響曲 チャールス十二世』(ヴォルテール、白水社) 1942
  • 『頸飾り』(モーパッサン、太虚堂書房) 1948
  • 『モーパッサン選集 第3巻』(モーパッサン、太虚堂書房) 1948
  • 『モーパッサン選集 第4巻』(モーパッサン、太虚堂書房) 1948
  • 『ロンドリ姉妹 / 従卒』(モオパッサン、三笠文庫) 1952、のち角川文庫
  • 『森の中 / 秘伝』(モーパッサン、三笠文庫) 1952
  • ダルタニヤン物語 三銃士・三部作全集』第1 - 第6(アレクサンドル・デューマ鈴木力衛,笹森猛正共訳、大日本雄弁会講談社) 1952
  • 脂肪の塊り』(モーパッサン、角川文庫) 1954
  • 『初雪』(モーパッサン、角川書店) 1957
  • ルイ十四世の世紀』第1 - 第4(ヴォルテール、岩波文庫) 1958 - 1983


一般