井上究一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上究一郎
誕生 1909年9月14日
大阪府
死没 1999年1月23日
職業 フランス文学者翻訳家エッセイスト
国籍 日本の旗 日本
代表作 『失われた時を求めて』翻訳
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

井上 究一郎(いのうえ きゅういちろう、1909年9月14日 - 1999年1月23日)は、日本フランス文学者翻訳家エッセイスト東京大学名誉教授。本名・九一郎。マルセル・プルースト研究の第一人者であり[1]、『失われた時を求めて』の個人全訳で知られる。

大阪府出身。東京帝国大学フランス文学科卒業。1949年、東京大学教養学部助教授。1953年、フランス渡航中の森有正が辞表を出したため、その代わりとして文学部仏文科助教授、61年教授。70年定年退官後は武蔵大学教授。 1999年1月23日に心肺不全のため、89歳で死去した[1]

娘の金沢公子もフランス文学者[1]。その息子(井上にとっては孫)は国文学者の金沢英之

主な著書[編集]

著作集[編集]

  • 『井上究一郎文集〈1〉フランス文学篇』(1999年)筑摩書房
  • 『井上究一郎文集〈2〉プルースト篇』(1999年)筑摩書房

主な訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 井上究一郎氏(本名・九一郎=東大名誉教授、金沢公子・成城大教授の父)死去 読売新聞 1999年1月25日 東京朝刊31ページ

関連項目[編集]