出口裕弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

出口 裕弘(でぐち ゆうこう、1928年8月15日 - 2015年8月2日)は、昭和平成期の日本作家フランス文学者

来歴・人物[編集]

東京府北豊島郡日暮里町(現在の東京都荒川区東日暮里)の生まれ。本名の訓みはヤスヒロといい、葛飾区立堀切小学校から東京府立第十一中学校(東京都立江北高等学校)を経て1945年4月、旧制浦和高等学校理科1組入学、1945年7月1日、武原寮(ぶげんりょう)に入寮しここで敗戦を迎えた。寮で1級下の野沢協と相識る。

1945年10月、文科甲類に転科する。在学中は文芸部に所属し、短歌俳句小説などの創作活動に熱中した。童話戯曲にも手を染め、もともとはドストエフスキーなどのロシア文学に傾倒していたが、文芸部長井上芳夫(のち映画監督となる)から第一書房刊のフランス現代小説シリーズを借りて読み、フランス文学に目覚める。当時から一貫して作家志望だった。1946年4月、理科から文科甲類に転科した同学年の澁澤龍雄(後の龍彦)と相識る。その後40年間以上にわたる澁澤龍彦との交遊の始まりとなった。

1948年、旧制浦和高等学校卒業、東京大学文学部フランス文学科入学。1952年、東京大学文学部フランス文学科を卒業、ジャーナリズム関係の就職試験に全敗したため、複数の大学でフランス語の臨時講師となった。

1954年6月、北海道大学文学部専任講師となり札幌市に赴任した。1955年、澁澤や小笠原豊樹(岩田宏)たちと共に同人誌「ジャンル」を創刊、尊敬する太宰治の本名にあやかって津島裕名義で短篇小説「白日」を発表する。

1956年3月に結婚、1958年、澁澤に誘われて同人誌「未定」に長篇小説「重い鞄」を発表するも第1回のみで中絶。1959年、北海道大学の学内綜合誌「北大季刊」に長篇小説「八月始末記」を発表するも第1回のみで中絶した。1959年8月、長男が誕生した。

1960年、澁澤の世話により、モーリス・ブランショ『文学空間』を粟津則雄と共訳した。1962年9月、東京経由でパリ大学文学部に私費留学した(当時の月給は3万円、ヨーロッパへの往復航空券は45万円ほど)。

1963年3月、パリ留学を切り上げてローマ経由で帰国、1963年4月、フランス語専任講師として一橋大学に赴任した。

1965年調布市若葉町に平屋建て四間の新居を落成。1966年10月、北鎌倉の澁澤邸にて、尊敬する三島由紀夫と初対面を果たし、ユイスマンス『大伽藍』(1966年3月)の訳業を褒められる。1967年11月、ジョルジュ・バタイユ『有罪者』を翻訳出版し三島に献呈したところ、1967年12月21日、三島から「すばらしい本をお出しになりました。そして現下最も緊要なる本を」という返礼の葉書を受け取った。

1970年一橋大学経済学部の教授に就任した。1971年秋、「」に長篇小説「京子変幻」を発表、小説家として商業誌に初登場。1972年、「海」に「天使扼殺者」を発表する。1972年7月、『京子変幻』単行本刊行。1973年秋、「海」に連作小説第1回「カンブリアの影」を発表するも、2回で中絶した。

1977年から1978年まで、ソルボンヌ大学に国費留学、パリ第6区オデオン通りのシオラン宅をたびたび訪問する。1977年6月、澁澤夫妻の訪問を受け、堀内誠一夫妻と共に1ヶ月間、澁澤夫妻を観光案内した。

1978年1月、澁澤に刺激されてイタリアを旅行、アルベロベッロからシチリアまでを巡った。

1983年3月、長篇エッセイ「ロートレアモンのパリ」を発表する。

1992年、一橋大学を定年退官。1995年12月から1996年1月までイタリアへ旅行、トリノからシチリアまでを巡った。

2007年、『坂口安吾 百歳の異端児』で伊藤整文学賞蓮如賞を受賞した。

2015年8月2日、心不全のため86歳で死去した[1]

著書[編集]

  • 『ボードレール』紀伊國屋新書, 1969/小沢書店, 1983
  • 『行為と夢』現代思潮社, 1970
  • 『京子変幻』中央公論社, 1972
  • 『楕円の眼』潮出版社, 1975
  • 『天使扼殺者』中央公論社, 1975
  • 『風の航跡』泰流社, 1978
  • 『越境者の祭り』河出書房新社, 1983
  • 『ロートレアモンのパリ』筑摩書房, 1983
  • 『街の果て 出口裕弘全短編集』深夜叢書社, 1985
  • 『私設・東京オペラ』筑摩書房 1988
  • 『ろまねすく』福武書店 1990
  • 『ペンギンが喧嘩した日』筑摩書房, 1990
  • 『古典の愛とエロス』朝日新聞社, 1992
  • 『夜の扉』日本文芸社, 1993
  • 『綺譚庭園 澁澤龍彦のいる風景』河出書房新社, 1995
  • 『東京譚』新潮社, 1996
  • 『澁澤龍彦の手紙』朝日新聞社, 1997
  • 辰野隆 日仏の円形広場』新潮社, 1999
  • 『帝政パリと詩人たち ボードレール・ロートレアモン・ランボー』河出書房新社, 1999
  • 『三島由紀夫 昭和の迷宮』新潮社, 2002
  • 太宰治 変身譚』飛鳥新社, 2004
  • 『坂口安吾 百歳の異端児』新潮社, 2006

翻訳[編集]

  • 『文学空間』モーリス・ブランショ 粟津則雄共訳 現代思潮社, 1962、改訂版1977
  • 『エロティシズムの歴史』ロー・デュカ 現代思潮社, 1964/北宋社, 1995
  • ユイスマン『大伽藍 神秘と崇厳の聖堂讃歌』桃源社, 1966/光風社出版(改訂版), 1985/平凡社ライブラリー(再訂版), 1995
  • 『有罪者 無神学大全』ジョルジュ・バタイユ 現代思潮社, 1967、新装版1975
  • 『歴史とユートピア』E.M.シオラン 紀伊国屋書店, 1967、新装版1977
  • 『内的体験 無神学大全』ジョルジュ・バタイユ 現代思潮社, 1970、新装版1989/平凡社ライブラリー, 1998
  • 『ラスコーの壁画 ジョルジュ・バタイユ著作集9』二見書房, 1975
  • 『自在の輪』P.アレシンスキー 新潮社〈創造の小径〉, 1976
  • 『生誕の災厄』E.M.シオラン 紀伊国屋書店, 1976、新装版2009
  • 『年をとったワニの話』レオポルド・ショヴォー ほか全5冊、福音館書店, 1986-87。福音館文庫, 2002-03
  • 『長ぐつをはいたねこ』シャルル・ペロー 三起商行, 1987
  • 『名医ポポタムの話 ショヴォー氏とルノー君のお話集』レオポルド・ショヴォー 国書刊行会, 1995
  • 『告白と呪詛』E.M.シオラン 紀伊国屋書店, 1994、新装版2012

共著・編著[編集]

  • 「迷宮の潭」 柄澤齊 シロタ画廊, 1981-「街の果て」に再録
  • 「都市とエロス」 吉本隆明 深夜叢書社, 1986
  • 「アンデルセン京都巡礼」 荒木経惟 メディアファクトリー, 1999
  • 清水徹共編「バタイユの世界」青土社, 第3版1995
  • 「澁澤龍彦文学館」 筑摩書房, 1990。第3・6巻を担当
  • 谷譲次「テキサス無宿/キキ」みすず書房〈大人の本棚〉, 2003。編・解説

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]