岩田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩田 宏(いわた ひろし、1932年3月3日 - 2014年12月2日)は、日本詩人作家翻訳家。 本名の小笠原 豊樹(おがさわら とよき)名義での著作もあり、翻訳家としては主に本名で活動した。

北海道虻田郡東倶知安村(現京極町)出身。娘に作家・翻訳家の目黒条

来歴[編集]

東京外国語大学ロシア語学科中退。

1955年、青木書店に入社。「詩学研究会」に投稿して詩人として出発し、様々な文芸誌に数々の詩篇を投稿する。詩誌「今日」「鰐」同人。

1956年、第一詩集『独裁』を上梓して以来、数々の詩集を出し、言葉遊びを駆使した独自の語法による作風を築く。また、詩作の傍らに、ラジオドラマ人形劇への脚本をいくつか書き下ろす。

1958年、イタリア賞を受賞[1]

1966年には、刊行時点での全詩集からの再録と未収録の詩篇をまとめた『岩田宏詩集』で、藤村記念歴程賞受賞。

1972年に、『岩田宏詩集』以降に発表した詩に加え、短編やショートショートを収録した『最前線』を上梓。 1975年の『社長の不在』以後は主に小説を書いた。

岩田名義による創作活動に加え、本名である小笠原名義におけるロシア語英語フランス語に堪能な翻訳家としても高い評価があり、ミステリーSF作品の翻訳を多数手掛ける他、ロシア文学ではマヤコフスキーソルジェニーツィンなど、英文学ではジョン・ファウルズメアリー・マッカーシーなど、様々な作家による重要な作品を訳している。

2006年、アンリ・トロワイヤの著書の翻訳により、第1回日仏翻訳文学賞を受賞[1]

2014年、小笠原豊樹名義で執筆した『マヤコフスキー事件』で、第65回読売文学賞(評論・伝記賞)受賞。同年より、マヤコフスキーの長篇詩・戯曲の新訳を断続的に出版する(マヤコフスキー叢書、土曜社)。

2014年12月2日、肺炎により死去[2]。82歳没。マヤコフスキー叢書の新訳は未完に終わったが、以前の版に掲載した岩田による訳稿を再録・復刊する形で叢書の続刊が決まっている。

著作[編集]

※特記のない限りは、いずれも岩田名義。

詩集[編集]

  • 『独裁 岩田宏第一詩集』(ユリイカ) 1956
  • 『詩集「いやな唄」』(ユリイカ) 1959
  • 『詩集「頭脳の戦争」』(思潮社、現代詩人双書) 1962
  • 『詩画集「グァンタナモ」』(思潮社) 1964
  • 『岩田宏詩集』(思潮社) 1966
  • 『岩田宏詩集』(思潮社、現代詩文庫3) 1968
  • 『最前線』(青土社) 1972
  • 『新選 岩田宏詩集』(思潮社、新選現代詩文庫) 1977
  • 『岩田宏詩集成』(書肆山田) 2014
  • 『続・岩田宏詩集』(思潮社、現代詩文庫211) 2015

小説[編集]

  • 『社長の不在』(草思社) 1975 - 短編集
  • 『いただきまする』(草思社) 1978
  • 『蛇と投石』(草思社) 1981 - 短編集
  • 『踊ろうぜ』(草思社) 1984
  • 『ぬるい風』(草思社) 1985
  • 『なりななむ』(草思社) 1987
  • 『息切れのゆくたて』(草思社) 1990
  • 『カヨとひろ子』(草思社) 1992
  • 『九(ここの)』(草思社) 1998

文芸評論、随筆、脚本集[編集]

  • 『現代国家と革命』(編著、現代評論社) 1971
  • 『マヤコフスキーの愛』(小笠原豊樹名義、河出書房新社) 1971
  • 『同志たち、ごはんですよ』(草思社) 1973 - エッセイ
  • 『雷雨をやりすごす』(草思社) 1994 - エッセイ
  • 『渡り歩き』(草思社) 2001、のち文庫 2019 - エッセイ
  • 『アネネクイルコ村へ 紀行文選集』(みすず書房、大人の本棚) 2011
  • 『マヤコフスキー事件』(小笠原豊樹名義、河出書房新社) 2013

翻訳[編集]

※いずれも小笠原名義。

ウラジーミル・マヤコフスキー[編集]

  • 『マヤコフスキー詩集』(マヤコフスキー、彰考書院) 1952、のち彌生書房、のち新潮社
  • 『マヤコフスキー選集』全3巻(マヤコフスキー、関根弘共訳、飯塚書店) 1958
  • 『マヤコフスキー研究』(編訳、飯塚書店) 1960
  • 『ズボンをはいた雲』(マヤコフスキー、土曜社、マヤコフスキー叢書) 2014
    • 『悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー』、『背骨のフルート』ほか多数[3]

イリヤ・エレンブルグ[編集]

  • 『第九の波』1・2(イリヤ・エレンブルク、彰考書院) 1952
  • 雪どけ』(エレンブルグ、彰考書院) 1956、のち河出書房新社『河出世界文学大系98』に収録
  • 『十三本のパイプ』(エレンブルグ、修道社) 1957、のちブロンズ新社 1985、のち未知谷 2014
  • 『現代の記録』(エレンブルグ、修道社) 1957
  • 『芸術家の運命』(イリヤ・エレンブルグ、美術出版社) 1964
  • 『トラストDE ヨーロッパ滅亡史』(エレンブルグ、三木卓共訳、河出書房新社) 1970、のち海苑社 1993

レイ・ブラッドベリ[編集]

ロス・マクドナルド[編集]

  • 『ファーガスン事件』(ロス・マクドナルド、早川書房) 1961、のち文庫 1980
  • 『トラブルはわが影法師』(ロス・マクドナルド、早川書房) 1962、のち文庫 1978
  • 『ウィチャリー家の女』(ロス・マクドナルド、早川書房) 1962
  • 縞模様の霊柩車英語: The Zebra-Striped Hearse』(ロス・マクドナルド、早川書房) 1964、のち文庫 1976
  • 『さむけ』(ロス・マクドナルド、早川書房) 1965、のち文庫 1976

アレクサンドル・ソルジェニーツィン[編集]

  • イワン・デニソビッチの一日』(ソルジェニツイン、河出書房新社) 1963
  • 『消された男』(ソルジェニツィン、河出書房新社) 1963
  • 『ガン病棟』第1・2部(ソルジェニツィン、新潮社) 1969、のち文庫 1971
  • 『マトリョーナの家』(ソルジェニツィン、河出書房新社) 1970
  • 『ソルジェニツィン小説集』(ソルジェニツィン、河出書房新社) 1971、1977
    「イワン・デニソビッチの一日」
    「クレチェトフカ駅の出来事」
    「マトリョーナの家」
    「胴巻のザハール」

アンリ・トロワイヤ[編集]

  • 『サトラップの息子』(アンリ・トロワイヤ、草思社) 2004
  • 『クレモニエール事件』(アンリ・トロワイヤ、草思社) 2004
  • 『石、紙、鋏』(アンリ・トロワイヤ、草思社) 2004
  • 『仮面の商人』(アンリ・トロワイヤ、小学館文庫) 2014

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 朝日新聞人物データベース
  2. ^ 翻訳家・小笠原豊樹さん死去…岩田宏の名で詩も 読売新聞 2014年12月4日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ マヤコフスキー叢書で刊行中(2017現在15冊)