クリフォード・オデッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリフォード・オデッツ

クリフォード・オデッツClifford Odets1906年7月18日 - 1963年8月14日)は、アメリカ合衆国ユダヤ人劇作家

来歴[編集]

1906年7月18日ペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれる。父はロシア系ユダヤ人実業家だった。ニューヨークで育ち、高校中退後俳優となる。

1931年グループ・シアター参加。リー・ストラスバーグハロルド・クラーマンチェリル・クロフォード達による新しいアメリカ戯曲を上演することを目標とする俳優集団で、演技においてスタニスラフスキー・システムを取り入れた進歩的集団だった。

1934年、アメリカの共産主義者党に参加。劇作家に転向すると、「レフティを待ちながら」などで社会主義的作風を示す。貧しい移民や労働者のストライキ、映画俳優の堕落などを通し、人間の生きるべき道を探し示す作品により評価を受ける。

1937年1月8日、女優のルイーゼ・ライナーと結婚するが、オデッツがフランシス・ファーマーと不倫関係にあったため、1940年5月14日に離婚。その後フェイ・レイや無名の女性たちと浮名を流し、1943年5月14日にベティ・グレイソンと2度目の結婚をし、2人の子供を授かるが1952年1月に離婚。

1963年8月14日、ロサンゼルスで癌により死去。

脚本[編集]

脚色[編集]

  • 『将軍暁に死す』(1936年)
  • 『ユーモレスク』(1946年)

原作戯曲[編集]

  • レフティを待ちつつ英語版」(1935年)倉橋健訳 『現代世界戯曲選集』6アメリカ篇 白水社、1954年
  • 「醒めて歌え」(1935年)- 2006年トニー賞 演劇リバイバル作品賞
  • 「ゴールデン・ボーイ」(1937年)清水光訳 弘文堂書房、1940年
  • 「月へのロケット」(1938年)
  • 映画「喝采」(1954年、ジョージ・シートン監督/1950年の戯曲「カントリー・ガール」The Country Girl を元に)
  • 映画化「悪徳」(1955年/ロバート・オルドリッチ監督/1948年の戯曲「ビッグ・ナイフ」The Big Knife を元に)*TV放映、DVD発売

関連項目[編集]

出典[編集]