チャールズ・ボーモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

チャールズ・ボーモント英語: Charles Beaumont1929年1月2日 - 1967年2月21日)は、アメリカ合衆国小説家である。

人物・経歴[編集]

イリノイ州シカゴ生まれ。本名、チャールズ・ラロイ・ナット。少年時代から書物を愛し、17歳のときにレイ・ブラッドベリを訪問。その出会いを機に本格的に作家を志した。18歳の時、ハリウッドへ飛び込む。その後、22歳の1951年に「悪魔が来たりて―?」が『アメージング・ストーリーズ』誌に掲載され、プロ小説家デビュー。その後は短編小説SF誌や『PLAYBOY』誌などで発表、1950年代後半からはテレビ脚本家となり、後にロジャー・コーマン作品や『ラオ博士の7つの顔』などの映画作品の脚本等も手掛けた。

レイ・ブラッドベリに師事し、独特で「奇妙な味」を持つ作品を執筆した。それら小説は「エンターテイメントと文学の両分野にまたがっている」と言われている[1]。しかし、若年性アルツハイマー病に罹り、1967年に38歳の若さで、この世を去った。

小説以外の主な活躍[編集]

日本語訳作品[編集]

作品集(単著)[編集]

アンソロジー収録作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 仁賀克雄・編/訳『新・幻想と怪奇』(早川書房・2009)著者紹介

外部リンク[編集]