エルンスト・トラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルンスト・トラー
Ernst Toller - Schwadron.jpg
生誕 (1893-12-01) 1893年12月1日
 プロイセン王国ポーゼン県
死没 (1939-05-22) 1939年5月22日(45歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークマンハッタン
死因 首吊り
著名な実績 独逸男ヒンケマン
どつこいおいらは生きてゐる!
機械破壊者
群衆=人間

エルンスト・トラー(Ernst Toller、1893年12月1日 - 1939年5月22日)は、ドイツ劇作家

生涯[編集]

プロイセン王国ポーゼン県ザモチンで生まれた。穀物卸売業を営むユダヤ人一家であり、イディッシュ語で育つ。フランスのグルノーブル大学に通っていたが[1]、1914年に戦争が勃発、ドイツ軍に志願するため帰国した[2]。従軍中に西部戦線で負傷して退く。療養中にミュンヘン大学ハイデルベルク大学に通い始め、哲学や法を学ぶ。

従軍体験から平和主義へと転向し、戦時中にハイデルベルクで反戦運動を旗揚げした。独立社会民主党に入党。1919年に発表した革命をテーマとする戯曲『転変』はベルリンの劇場で初演され、賞賛を浴びた。同年、ドイツ革命に呼応してトラーはグスタフ・ランダウアーエーリッヒ・ミューザムらとともにバイエルン地域で革命を起こし、バイエルン・レーテ共和国の建国を宣言、内閣を発足させ、首班に就任したが、またたくまにトラー革命政権は瓦解した。トラーは雲隠れしていたが官憲に捕縛され、国家転覆の廉により起訴された。裁判でマックス・ヴェーバートーマス・マンロマン・ロランの嘆願もあって大幅に減刑されたうえで禁錮5年の判決を言い渡される[3][4]。その後、シュターデルハイム刑務所に収監された。獄中で『群衆=人間』 (1921年)、『機械破壊者』 (1922年)、『独逸男ヒンケマン』(1923年)といった様々な戯曲を書きおろす。トラーの傑作の多くはこの頃に書かれたものが多く、ドイツ表現主義戯曲の旗手と見なされた。時を同じくして『機械破壊者』や『独逸男ヒンケマン』はベルリンライプツィヒミュンヘンの劇場で多くの役者を集めて上演された。出獄後の1927年に戯曲『どつこいおいらは生きてゐる!』を発表して大いに反響を呼んだ。

早くからナチス批判の急先鋒だったが1933年にナチスが政権を獲得したことから英国を経て米国に亡命した。はじめハリウッドへ、それからニューヨークに赴き、様々な作品を発表してゆくが、世に失望し、1939年にマンハッタンのホテルの一室で首吊り自殺を遂げた[5]

著作[編集]

戯曲[編集]

  • 『機械破壊者』 藤井清士訳 新潮社 1924年
  • 『独逸男ヒンケマン』 北村喜八訳 新詩壇社 1924年
  • 『解放されたヲオタン』 久保栄訳 近代社 1927年
  • 『群衆=人間』 吉安光徳訳 河出書房新社 1930年
  • 『どつこいおいらは生きてゐる!』 瀬木達訳 改造文庫 1930年
  • 『盲目の女神』 小笠原豊樹訳 みすず書房 2011年
  • 『毒殺疑惑のリーデル=グアラ事件』 小笠原豊樹訳 みすず書房 2011年

その他[編集]

  • 『燕の書 詩集』 村山知義訳 長隆舎書店 1925年
  • 『獄中からの手紙・燕の書』 村山知義/島谷逸夫訳 東邦出版社 1978年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ernst Toller German writer”. 2017年9月28日閲覧。
  2. ^ LeMO biografie Ernst Toller 1893-1939 Dramatiker”. 2017年9月28日閲覧。
  3. ^ Ernst Toller, eine Chronologie 1919-1924: Festung”. 2017年9月28日閲覧。
  4. ^ Ernst Toller Find A Grave Memorial”. 2017年9月28日閲覧。
  5. ^ Oscar Fischer The Suicide of Ernst Toller”. 2017年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]