エミール・シオラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エミール・シオラン
ルーマニアでのシオラン(1947年以前)
別名 E・M・シオラン、シオラン
生誕 (1911-04-08) 1911年4月8日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国・セベン県レシナール
(現:  ルーマニアシビウ県ラシナリ
死没 (1995-06-20) 1995年6月20日(84歳没)
フランスの旗 フランスパリ
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学
悲観主義
実存主義
反出生主義
研究分野 自殺ニヒリズム倫理学文学
テンプレートを表示

エミール・ミハイ・シオラン(Emil Mihai Cioran、1911年4月8日 - 1995年6月20日)は、ルーマニア作家思想家。若年期のエクスタシー経験と、メランコリー不眠など、生涯にわたる精神的苦悩をもとに特異なニヒリズム的思索を展開した。姓のルーマニア語読みはチョラン

来歴[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国トランシルバニア地方、セベン県レシナール(のちのルーマニアシビウ県ラシナリ(シビウの南方))に、ルーマニア人家庭の息子として生まれる。父エミリアンはルーマニア正教司祭、母エルヴィラ(旧姓コマニチ)は男爵位を持つ地方貴族の出身[1]。姉ヴィルジニア、弟アウレルを持つ三人姉弟の長男だった[2]。姓の読みはルーマニア語ではチョラン。シオランは、シビウブカレストベルリンなどに住み、パリで歿した。

エミール少年は故郷で幸福な少年時代を過ごした。「私の少年時代よりも幸福な少年時代の事例にひとつとしてお目にかかったことがない」と後年自ら述べている[3]。彼は「義務も宿題もなく野山を自由に遊び回り」[4]ながら日々を送った。第一次世界大戦中は、両親がハンガリー当局によってハンガリーの他の街(父はショプロン、母はコロジュヴァール(クルジュ=ナポカ)に強制的に収容されていたので[5]、その間シオランは両親不在のまま祖母や姉弟とともに故郷で自由に過ごした[6]。「空と大地は文字どおり私のものだったし、心配事でさえ喜ばしいものだった。私は――万物の「主」として目を覚まし、床に就いたものだった。自分が幸せであることは知っていたが、それがやがて失われることも予感していた」[7]

1921年、10歳になったシオランは、リセギョルゲ・ラザル校)に通うためにすぐ近くの街シビウに転居する[8]。この故郷との離別を彼は「楽園は終わってしまった」と表現している[9]。第一次世界大戦の結果1918年以来ルーマニア領となっていたシビウでは、トランシルヴァニア・ザクセン人の住居に下宿し、ドイツ語を習得した[10]1924年、父エミリアンがシビウの長司祭に任命されると、家族とともにシビウに住んだ[11]。シビウのルーマニア語図書館とドイツ語図書館に通い、哲学や文学の読書に熱中した[12]

ブカレスト大学に学び、そこで1932年ウジェーヌ・イヨネスコミルチャ・エリアーデと出会い、終生の友人となる。また、彼はルーマニアの「著作を持たない」思想家ペトレ・ツツェアとも長きにわたり親交を深めた。1934年、処女作『絶望のきわみで』が出版される。イヨネスコの『否(Nu)』とともにカロル2世王立財団出版から出版されたこの著作は好意的に迎えられ、委員会から賞も授与され知識人としてのデビューを飾った。

彼はメンバーにこそならなかったが、ルーマニアファシズム運動である鉄衛団にも関わり、その機関誌に多くの政治論文を寄せている。シオランは鉄衛団の暴力的手法には賛同してはいなかったとされるものの第二次世界大戦の初期まで支持していた。彼は後に、この運動に対する共感と民族主義、反ユダヤ主義を捨て去り、それに傾倒した若年期の態度に対して、しばしば後悔、良心の呵責の念を表した。

批評家の中には、戦間期のルーマニアの民族主義運動への政治思想的参加に対する彼の自責の念が後の作品を特徴付ける悲観主義の源となったと見る者もいる。また、その悲観主義は彼の幼年期の出来事に遡っていると見る者もいる。1935年頃に、彼がそんなに不幸になるのだと「もし知っていたら、堕胎していたのに」と母親に言われたと伝えられている。

シオランの母親が堕胎の話をした際それは彼を妨げるものとはならなかったが、人間存在本性についての洞察を導く契機となる強烈な印象と喜びを彼にもたらした。「私の存在は偶然に過ぎない。なぜそんなに全てを深刻にとらえるのか?」と、全てのものに実体などないのだと警告しつつ彼はその事件を振り返って後に述べた。

1937年、ブカレストにあるフランス研究機関から奨学金を得てパリに行く。そこで彼はその後の人生を送った。彼は「私は知識人としての自分の位置付けを最もよく表現できる国籍というものを持たない」という名言を残した。彼の初期の仕事はルーマニアで、後半の仕事はフランスで行われ、そのほとんどはアフォリズムと短いエッセイの形式を取った。

ニーチェパスカルグノーシス主義仏教マイスター・エックハルト十字架のヨハネから大きな影響を受け、サミュエル・ベケットアンリ・ミショーエルンスト・ユンガーら特異な文人とは最後まで親交があった。

著作[編集]

  • ルーマニア語による著作(邦訳はフランス語からの訳)
    • 1934年 金井裕訳『絶望のきわみで』紀伊國屋書店、1991年、ISBN 9784314005593
    • 1936年 金井裕訳『欺瞞の書』法政大学出版局、1996年、ISBN 9784588004834
    • 1936年 金井裕訳『ルーマニアの変容』、法政大学出版局、2013年、ISBN 9784588009907
    • 1937年 金井裕訳『涙と聖者』紀伊國屋書店、1990年、ISBN 9784314005333
    • 1940年 金井裕訳『思想の黄昏』紀伊國屋書店、1993年、ISBN 9784314006002
    • 1940年-1944年 金井裕訳『敗者の祈祷書』法政大学出版局、1996年、ISBN 9784588005060
    • 1991年 Singurătate și destin, Humanitas. 『孤独と運命』、未訳。シオランが1931年から1943年までにルーマニアの雑誌に発表した論文を集めたもの。(仏訳Solitude et destin, Gallimard, 2004)
    • 2011年 Despre Franța, Humanitas. 『フランスについて』、未訳。1941年にルーマニア語で書かれた遺稿。(仏訳De la France, L’Herne, 2009)
    • 2011年 Îndreptar pătimaș II, Humanitas. 『敗者の祈祷書 2』、未訳。『敗者の祈祷書』の続きとして発見された遺稿。(仏訳Bréviaire des vaincus II, L’Herne, 2011)
  • 草稿
    • シオランの伴侶、シモーヌ・ブエSimone Boué1919年11月18日 - 1997年9月11日)の死後、シオランが書いた約30冊に上る草稿ノートが発見された。草稿には1972年以降に書かれた日記も含まれており、『カイエ』以降の思索を明らかにするものとして注目される。これらの草稿ノートは発見者によって2005年12月に競売にかけられたが、パリ控訴院の決定により売買を差し止められた。2011年3月11日、控訴院は発見者の所有権を認める判決を下し、再び競売にかけられ、40万5千ユーロでルーマニア人の実業家によって落札された。草稿はその後ルーマニアの科学アカデミー図書館に寄贈された。

脚注[編集]

  1. ^ Zarifopol-Johnston (2009), 28
  2. ^ Zarifopol-Johnston (2009), 28
  3. ^ シオラン(1998), 13
  4. ^ シオラン(1998), 13
  5. ^ シオラン(1998), 202
  6. ^ ボロン (2002)、 13
  7. ^ シオラン(2009)、 130
  8. ^ ボロン (2002)、 38
  9. ^ シオラン(1998), 283
  10. ^ Zarifopol-Johnston (2009), 44
  11. ^ ボロン (2002)、 39
  12. ^ ボロン (2002)、 40

参考文献[編集]

  • シオラン『シオラン対談集』金井裕(訳)、法政大学出版局、1998年。
  • シオラン『カイエ』金井裕(訳)、法政大学出版局、2009年。
  • パトリス・ボロン『異端者シオラン』金井裕(訳)、法政大学出版局、2002年。
  • Zarifopol-Johnston, Ilinca (2009). Searching for Cioran. Bloomington and Indianapolis: Indiana University Press 


関連項目[編集]

Cioran tombe.jpg