ニック・ランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nick Land
生誕 (1962-01-17) 1962年1月17日(58歳)
時代 大陸哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学
暗黒啓蒙
研究分野
テンプレートを表示

ニック・ランド(Nick Land, 1962年1月17日 - )は、イギリス出身の哲学者著述家

加速主義の父」と呼ばれ[1]、「セオリー・フィクション(theory-fiction)」と呼ばれるジャンルを開拓した著者として知られる[2]。1990年代に活動したグループ「サイバネティック文化研究ユニット(Cybernetic Culture Research Unit, CCRU)」の共同設立者であり、加速主義や思弁的実在論の発展に強い影響を与えた人物とされる[3][4][5]

最近では、平等主義に反対する新反動主義運動である「暗黒啓蒙」運動の命名者かつその理論的支柱としての活動で知られる[6]。暗黒啓蒙の思想は、オルタナ右翼に哲学的基盤を与えている[7]

略歴[編集]

ランドは1987年から1998年に辞職するまで、ウォーリック大学の講師として大陸哲学を教えていた[8]。ウォーリックでは、セイディー・プラントと共同でサイバネティック文化研究ユニットを設立した。1992年に単著『絶滅の渇望――ジョルジュ・バタイユと有毒性ニヒリズム(The Thirst for Annihilation: Georges Bataille and Virulent Nihilism)』を上梓したほか、CCRUとして活動していた1990年代には短い論考を多数発表した[9]。これらのテクストの多くは2011年に出版された論文集『有牙ヌーメナ――論文集1987-2007年(Fanged Noumena: Collected Writings 1987-2007)』に収められている。

中国上海にアーバナトミー出版の編集者として勤務し[10][11][12]上海万博に関するもの[13]など中国に関する著書が多数あり[14][15][16]西洋人権民主主義的な価値観から中国の国家資本主義に恐怖や憧憬を抱くオリエンタリズム的でテクノクラティックな未来を上海や香港といった中国の都市に投影する姿勢は中華未来主義[17]とも呼ばれている。2017年4月までニューセンター・フォー・リサーチ・アンド・プラクティスで教鞭もとっていた[5]。ランドの著作は哲学理論をフィクション、科学、詩、パフォーマンスアートと非正統的な仕方で交差させる点が特徴的である[5]。最近、心理的ホラー・フィクションを執筆し始めた。

ランドは電子出版社のアーバナトミー・エレクトロニックとタイム・スパイラル・プレスを設立した(後者はアンナ・グリーンスパンと共同設立)。

著作[編集]

単行本[編集]

日本語訳[編集]

  • 『現代思想』2019年6月号 特集「加速主義」暗黒啓蒙(抄) 五井健太郎訳 青土社

脚注[編集]

  1. ^ Beckett, Andy (11 May 2017). "Accelerationism: How a fringe philosophy predicted the future we live in". The Guardian.
  2. ^ Mackay, Robin. "Nick Land: An Experiment in Inhumanism." Divus. 27 February 2013.
  3. ^ Robin Mackay and Armen Avanessian, 'Introduction' to #Accelerate: The Accelerationist Reader, (Falmouth: Urbanomic, 2014) pp.1-46
  4. ^ Fisher, Mark. "Nick Land: Mind Games." Dazed and Confused.
  5. ^ a b c Fanged Noumena: Collected Writings 1987-2007',' Introduction by Ray Brassier and Robin Mackay (Falmouth, UK: Urbanomic, 2011)
  6. ^ Bryce Laliberte, It's Not Racist to seek an "Exit". The Daily Caller. 8 November 2013. Retrieved 2 October 2014
  7. ^ http://www.vox.com/2016/4/18/11434098/alt-right-explained
  8. ^ Mackay, Robin. "Nick Land: An Experiment in Inhumanism." Divus. 27 February 2013.
  9. ^ Fisher, Mark. "Nick Land: Mind Games." Dazed and Confused.
  10. ^ Nick Land, Urbanatomy: Shanghai 2009, Tianjin: Nan Kai University Press, 2009
  11. ^ Nick Land, Urbanatomy: Shanghai 2009, Tianjin: Nan Kai University Press, 2009
  12. ^ Land, N., Wang, X.L. and Greenspan, A. (eds) (2008) Urbanatomy Shanghai 2008. Beijing: China Intercontinental Press.
  13. ^ Total EXPOsure:World's Fairs and Other Futuristic Spectacles” (英語). Expo2010china (2010年6月22日). 2019年4月3日閲覧。
  14. ^ Nick Land, Shanghai Times (Urbanatomy Electronic, 2014) ASIN B00IGKZPBA.
  15. ^ Nick Land, Xinjiang Horizons (Urbanatomy Electronic, 2014) ASIN B00JNDHDVY.
  16. ^ Nick Land, Dragon Tales: Glimpses of Chinese Culture (Urbanatomy Electronic, 2014) ASIN B00JNDHBGQ.
  17. ^ 中国の「爆速成長」に憧れる〈中華未来主義〉という奇怪な思想”. 現代ビジネス (2019年3月8日). 2019年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]