レフ・シェストフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1927年のレフ・シェストフ

レフ・シェストフ(Lev Isaakovich Shestov,Лев Исаакович Шестов、1866年2月13日ユリウス暦1月31日)- 1938年11月19日)はロシア系ユダヤ人の哲学者。本名はレフ・イサコヴィッチ・シュワルツマン(Шварцман)。日本語ではドイツ語名Leo Schestowの影響から「レオ・シェストフ」とも表記される。

生涯[編集]

キエフのユダヤ系商人の家に生まれ、モスクワの州立大学で数学と法律を学ぶ。学監との衝突のためキエフにもどり学術論文を完成するが、その革命的な傾向のために受理されず、法律の学位を取ることができなくなった(のちにベルリンで法律学を修める)。1898年から、ニコライ・ベルジャーエフセルゲイ・ディアギレフディミートリ・メレジコフスキー、およびヴァシーリー・ローザノフなどの知識人のサークルに入り、その同人誌に寄稿しはじめた。

1908年にドイツのフライブルク、ついでコベットというスイスの小村に移住し、1910年までそこに滞在した。1915年にモスクワにもどるが、1919年ボルシェヴィキによる政権奪取の時期から、生活は困難となりフランスへと亡命することになった。1925年からソルボンヌ大学で哲学の講義を受け持ち、ブレーズ・パスカルプロティノスの研究に打ちこむ。1926年エトムント・フッサール1929年マルティン・ハイデッガーと知り合い、特にハイデッガーにはセーレン・キェルケゴールの重要性を教えられ、宗教と実存主義哲学へと目を開かせられる。1938年から重い病にかかりつつインド哲学の研究を進め、パリの診療所で亡くなる。

思想と影響[編集]

1898年に発表した『シェークスピアとその批評家ブランデス』は大胆な判断で注目を集め、1903年『ドストエフスキーとニーチェ(悲劇の哲学)』、1908年チェーホフ論『虚無よりの創造』などの作家論・哲学者論で、真理は理性を越えると主張し、あらゆる合理主義に対立した。このような傾向は、ベルジャーエフがロシア的精神の特長として指摘した「ニヒリズム」、文化や文明の賜物を重視しない態度の延長であり、シェストフは実存主義に通じる「絶望の哲学」を展開した。この哲学は1890年代以降ロシアで高まった反写実主義の思潮に合致し、そのレトリックを駆使した名文も相まって、象徴派作家に愛好された。亡命後の著作は第一次大戦後のヨーロッパに「不安の哲学」として迎えられ、D・H・ロレンスアルベール・カミュジョルジュ・バタイユアイザイア・バーリンバンジャマン・フォンダーヌなどにも大きな影響を与えた。

日本では1934年に刊行された『悲劇の哲学』が発端となり、満州事変以後の思想弾圧と社会不安にさらされた知識人の間に、一時的な激しい流行を見た。河上徹太郎が当時のシェストフの主な紹介者であり、文壇において「シェストフ的不安」という造語が生まれた。

その他の主著[編集]

邦訳は雄渾社「シェストフ選書」などにまとめられている。

  • 『トルストイとニーチェの教義における善』(1900年)
  • 『ドストエフスキーとトルストイ』(1923年)
  • 『ゲッセマネの夜』(1923年)
  • 『手かせをはめられたパルメニデス』(1930年)
  • 『キルケゴールと実存哲学』(1936年)
  • 『アテネとイェルサレム』(1937年)