反出生主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

反出生主義(はんしゅっしょうしゅぎ、はんしゅっせいしゅぎ)またはアンチナタリズム[1]: antinatalism、アンティネイタリズム[2])とは、人々子供を持つことは不道徳だという信念[3][注 1]哲学事典では「反出生主義は極端に挑発的な観点であり、生殖を常時または通常許されないこととする」との記載がある[4][注 2]出産行為は生まれてくる子供への暴力・親のエゴであるとし、この世に生まれることおよび子を持つことを否定的に価値づける倫理的見解。誰も産まないことが良いという価値観を普及させることで人類を段階的に絶滅させていき、それによって生きるという苦痛を味わうことも無くなり、全てが解決するという考え方である[5][6][7][信頼性要検証]

この種の考え方は、古今東西の哲学宗教文学において綿々と説かれてきた[8]。とりわけ、アルトゥル・ショーペンハウアー[9]エミール・シオラン[9]デイヴィッド・ベネター[9][7]が反出生主義の擁護者として知られる。

概要[編集]

種類・名称[編集]

ひとくちに「反出生主義」と言っても複数の種類があり[10]、1.「誕生否定」すなわち「人間が生まれてきたことを否定する思想」と、2.「出産否定」すなわち「人間を新たに生み出すことを否定する思想」の2種類に大別できる[11]。1の「誕生否定」は更に、1-1.「自分が生まれてきたことを否定する思想」と、1-2.「人間が生まれてきたこと一般を否定する思想」の二種類に細分化できる[12]。2の「出産否定」は、「生殖否定[13]反生殖主義」「無生殖主義[14][15] (: anti-procreationism) とも呼ばれる。

反出生主義(特に誕生否定)は、古今東西の哲学宗教文学において綿々と説かれてきた[8]。ただし、それらをまとめて「反出生主義」と呼ぶようになったのは21世紀の哲学においてである[16]。なお、日本語の「反出生主義」という訳語の初出は、2011年のウィキペディア日本語版である[17][18][19]

反出生主義は様々な観点から説かれるが、なかでも21世紀の哲学者デイヴィッド・ベネターは、倫理学上の「より善い」(better) と「より悪い」(worse) や「快苦の非対称性」の観点から、出産否定は倫理的な思想であるという結論を導き出し、全人類は出産をやめて段階的に絶滅するべきだと主張した[20]。このベネターの主張は「誕生害悪論[21][22]出生害悪論」とも呼ばれる。

哲学・倫理学[編集]

ショーペンハウアー[編集]

アルトゥル・ショーペンハウアーは、人生は苦しみの方が多いと主張し、最も合理的な立場は子供を地球に生みださないことだと主張する。ショーペンハウアーの哲学では、世界は生きる意志によって支配されている。盲目的で不合理な力、常に現れる本能的欲望が、それ自身によって懸命に生み出される。しかし、その性質ゆえに決して満たされないことが苦しみの原因である。存在は苦しみで満たされている。世界には喜びより苦しみの方が多い。数千人の幸福と喜びは、一人の人間の苦痛を補うことまではできない。そして全体的に考えると生命は生まれない方がより良いだろう。倫理的な行動の本質は、同情と禁欲によって自分の欲望を克服することからなる生きる意志の否定である。一度我々が生きる意志を否定したなら、この地球上に人間を生み出すのは、余計で、無意味で、道徳的に非常に疑問のある行為である[23]

ザプフェ[編集]

ザプフェ(1899年 - 1990年)

ノルウェーの哲学者ピーター・ウェッセル・ザプフェ英語版は、子供は親・出生地・時代を選ぶ術がない点から、子供が同意なしに世界に生み出されることにも留意している。

ザブフェの哲学では、人間は生物学的な逆理である。意識が過剰に発達してしまったため他の動物のように正常に機能しなくなっている。知覚は我々が抱えられる以上に与えられている。我々はもっと生きたいと望むように進化したが、人間は死が運命づけられていることを認識できる唯一の種である。我々は幅広く過去から未来を予測することが可能だ。我々は正義と、世界の出来事に意味があることを期待する。これが意識を持った個体の人生が悲劇であることを保証している。我々は満足させることができない欲望と精神的な要求を持っている。人類がまだ存続しているのはこの現実の前に思考停止しているからに他ならないとしている。ザブフェは、人間はこの自己欺瞞をやめ、その帰結として出産を止めることによって存続を終わらせる必要があるとした[24][25][26][27]

ベネター[編集]

デイヴィッド・ベネターは「快楽」と「苦痛」は非対称の関係にあると定義した。

  • 「苦痛」の現前は「悪い」
  • 「快楽」の現前は「良い」
  • たとえ苦痛を受ける主体がいないとしても「苦痛の欠如」は「良い」。
    • 苦痛を受ける主体が存在する場合、その苦痛が欠如したとすれば「良い」。これはまた苦痛の主体が存在しなくなることによってのみ苦痛が欠如するのであれば、やはりそれは「良い」
    • 苦痛を受ける主体が存在しない場合、苦痛は欠如している。存在したかもしれなかった人間への潜在的な利害において、苦痛の欠如は「良い」。
  • 「快楽の欠如」は剥奪される主体が存在しないならば快楽の欠如は「悪くない」。
    • 快楽を剥奪される主体が存在する場合、その快楽の欠如は「悪い」。
    • 快楽を剥奪される主体が存在しない場合、その快楽の欠如は「悪くない」。
主体が存在する 主体が存在しない
苦痛の現前(悪い) 苦痛の欠如(良い)
快楽の現前(より良い) 快楽の欠如(悪くない)

苦痛について、主体が存在する場合と存在しない場合を比較すると、存在しない場合のほうが「良い」。快楽について、主体が存在する場合と存在しない場合を比較すると、「より良い」と「悪くない」の比較となり、存在する場合のほうが「良い」ように見えるが、快楽の欠如が「悪い」のは快楽を剥奪される場合であり、これはつまり快楽の現前「より悪い」という状態を指す。つまり快楽の現前が「より良い」というのは、剥奪された場合の「より悪い」との比較であって、快楽を剥奪される主体が存在しないのであれば「より良い」とは言えない。ベネターは苦痛と快楽の両者を合わせて比較し「存在しないほうが良い」という結論を導いた[28]。ベネターの誕生否定はこの「苦痛の主体」に沿って語られる。

ベネターは、生まれてくることはその本人にとって常に災難であり、それゆえに子供を生むことは反道徳的な行為であり、子供は生むべきではない、と主張する。子供を生むことは、多くの動物がそうしているように単に何も考えずに性的欲求を満たすための行動である性行為の結果として引き起こされている現象であるか、または生む側の欲求を満たすために引き起こされている現象であるか(例えば子育てしてみたいといった欲求を満たすため、自分の老後の世話をしてもらおうという計算のため)、または判断するさいに生の質(QOL)を不当に高く誤評価していること(ポリアンナ効果)から起きている現象である、とする。チャイルド・フリーのような立場と自身の立場を明確に区別しており、チャイルド・フリーのような考え方は、自分のライフスタイルを維持することを考えて子供を持たないという立場を取るが、ベネターは親の都合ではなく、生まれてくる人間の観点に立って、その上で生むべきではない、と主張する。つまり生まないことは、多くの人に取ってはある種の我慢が必要なことではあるが、生まれてくる人間のことを少しでも真剣に考えるのならば、子供は生まずに我慢すべきだ、とする。また、地球上の理想の人口ゼロであるとし、人間は絶滅した方がよいと主張する。とはいえ即座に人類絶滅を目指すのは生まれてきてしまった人たちにとって大きい苦痛を伴うものとなるであろうから、少しずつ段階的に人口を減らしていき、最終的に絶滅する、つまりゆるやかに絶滅していくのが良いだろう、としている。また、ヒトに限らず、他の感覚を持った生物も、まったく生まれてこない方が良かった、つまり絶滅してしまった方が良い、としている。

ベネター、ジェラルド・ハリソンとジュリア・タナーらは、人間が動物に危害を加えていることを懸念し「我々の種によって毎年数十億の動物が動物製品の生産や動物実験、環境破壊の結果や残酷で嗜虐的な喜びの為に虐殺されている。彼らは我々が動物を苦しめるのは非倫理的であるとする動物の権利の思想家に賛同する傾向がある。彼らは地球上で最も破壊的な種は人類だと考える。そして新たに人間が生まれなければ人間によって新たに動物が苦しめられることはなくなる」と主張する[29][30]

ベネターの著書『Better Never to Have Been』(『生まれてこないほうが良かった』)は両親と兄弟に捧げられており「両親に捧ぐ(私を生んでしまったけれども)」、「兄弟に捧ぐ(生まれてきてしまったけれども)」、という形で献辞されている[31]

ヴェターとナーベソン[編集]

ナーベソン(1936年 - )

現代倫理学の負の功利主義英語版 では、幸福を最大限までに高めるよりも苦痛を最小限に抑えることの方がより倫理的に重要であるとされる。

ヘルマン・ヴェター英語版が賛同したヤン・ナーベソン英語版非対称仮説英語版はこう主張する:[32]

  1. 仮に子が生涯にわたって著しく幸福であることが保証されていても、その子供を出生させるべき倫理的責任は存在しない
  2. もし子が不幸になりうることを予想できるのであればその子供を出生させるべきではない倫理的責任が存在する

しかし、ヴェターはナーベソンのこの結論に賛同しなかった:

  1. 一般的には、子が不幸を経験すること、また、他者に不利益をもたらすことが予想されないのであれば、子供を出生させる、もしくはさせない義務は生じない

代わりに、彼はこの決定理論的テーブルを提示した:

子が幸福になる 子が不幸になる
子を出生させる 倫理的責任は生じない 倫理的責任は不履行
子を出生させない 倫理的責任は生じない 倫理的責任は履行される

そして、子供は生むべきではないと結論付けた:[33][34]

”子を出生させない”ことが、同程度、もしくはより良い結果をもたらすため、”子を出生させる”ことよりも優位にあると考えられる。そのため子が不幸になる可能性を排除できない限り――これは不可能であるが――、前者はより好まれる。そのため、我々は(3)の代わりに、より踏み込んだ(3')――どのような場合でも、子供を産まないことが倫理的に好まれる――を結論とする。

その他[編集]

シオラン(1911年 - 1995年)
ジロー(1968年 - )
私が己を自負する唯一の理由は、20歳を迎える非常に早い段階で、人は子供を産むべきではないと悟ったからだ。結婚、家族、そしてすべての社会慣習に対する私の嫌悪感は、これに依る。自分の欠点を誰かに継承させること、自分が経験した同じ経験を誰かにさせること、自分よりも過酷かもしれない十字架の道に誰かを強制することは、犯罪だ。不幸と苦痛を継承する子に人生を与えることには同意できない。すべての親は無責任であり、殺人犯である。生殖は獣にのみ在るべきだ。 — エミール・シオラン 『カイエ』1957-1972, 1997

カリム・アケルマドイツ語版は、人生の中で起きうる最良のことは最悪なこと――激痛、怪我、病気、死による苦しみ――を相殺せず、出生を控えるべきであると主張している[35][36]

ブルーノ・コンテスタビーレ (Bruno Contestabile) は、アーシュラ・K・ル=グウィンのSF小説『オメラスから歩み去る人々』を例として挙げている。この短編では、隔離され、虐げられ、救うことができない一人の子供の苦しみにより、住民の繁栄と都市の存続がもたらされるユートピア都市オメラスが描かれている。大半の住民はこの状態を認めて暮らしているが、この状態を良しとしない者もおり、彼らはこの都市に住むことを嫌って"オメラスから歩み去る"。コンテスタビーレはこの短編と現実世界を対比する: オメラスの存続のためには、その子供は虐げられなければいけない。同様に、社会の存続にも、虐げられる者は常に存在するという事実が付随する。コンテスタビーレは、反出生主義者は、そのような社会を受け入れず、関与することを拒む"オメラスから歩み去る人々"と同一視できると述べた。また、「万人の幸福はただ一人の甚大な苦しみを相殺できうるのか」という疑問を投げかけた[37]

哲学者のフリオ・カブレラ英語版は、出産は人間を危険で痛みに満ちた場所に送り込む行為だと述べている。生まれた瞬間から死に至るプロセスが開始されるとし、カブレラは出産において我々は生まれてくる子供の同意を得ておらず、子供は痛みと死を避けるために生まれてくることを望んでいないかも知れないと主張している[38][39]。同意の欠如については、哲学者のジェラルド・ハリソン (Gerald Harrison)とジュリア・タナー (Julia Tanner) も同様のことを書いている。彼らは生まれてくる本人の同意なしに出産をつうじて他人の人生に影響を与える道徳的な権利を我々は持っていないと主張している[30]

哲学者のテオフィル・ド・ジロー英語版は、世界中に何百万人もの孤児がいることに触れ、道徳的な問題を抱えた出産を行うよりも、愛情と保護を必要としている子供らを養子にする方が良いだろうと述べた[40]

宗教[編集]

グノーシス主義[編集]

グノーシス主義の主張が反出生主義の文脈から参照される場合がある。マニ教[41]ボゴミル派[42]カタリ派[43]は生命とは魂(精神)が物質である肉体に「囚われた」状態であると解釈し、出生を否定的にとらえていた。

2世紀初期キリスト教神学者ユリウス・カッシアヌス (Julius Cassianus)と禁欲主義者たち(エンクラディス派英語版[44])は、誕生が死の原因であるとし、 死を克服するため、我々は出産をやめるべきとした[45][46][47]

仏教[編集]

日本の仏教は鎌倉仏教運動以降末法無戒・肉食妻帯が一般化したため認識されにくいが、仏教はもともと非常に禁欲的な思想を持っていた[48]

仏教の開祖ブッダ(ゴータマ・シッダールタ)は出家前に子供(ラーフラ)をもっていたが、原始仏典のスッタニパータでは「子を持つなかれ」等と説いた[49]

パーピマント悪魔が〔言った〕「子をもつ者は、子たちについて喜ぶ。まさしく、そのように、牛をもつ者は、牛たちについて喜ぶ。まさに、諸々の依存〔の対象〕は、人の喜びである。依存〔の対象〕なき者――彼は、まさに、喜ぶことがない」と。
世尊は〔答えた〕「子をもつ者は、子たちについて憂う。まさしく、そのように、牛をもつ者は、牛たちについて憂う。まさに、諸々の依存〔の対象〕は、人の憂いである。依存〔の対象〕なき者――彼は、まさに、憂うことがない」と。 — スッタニパータ正田大観訳)

20世紀インドの著述家ハリ・シン・グール英語版は著作『The Spirit of Buddhism』の中で、とりわけ四諦パーリ律の始まりを考慮し、以下のように述べた。

ブッダ曰く、人生が苦しみであることは忘れられがちである。人が子供を作る。従ってそれが老いと死の原因である。彼らが苦しみの原因がその行いにあると気付いたならば、彼らは子供を作るのを止めるだろう。そうして老いと死のプロセスを止めるべし。 — ハリ・シン・グール[50]

反出生主義が描写される作品[編集]

文学[編集]

以下の作品は、反出生主義と結び付けて語られることがある。

  • テオグニス[9]ソポクレス[9]、『コヘレトの言葉[51]など、「生まれて来ないのが最善である」と説く古代の格言
  • 芥川龍之介河童』(1927年) - 河童の世界に迷い込んだ男を描く。河童の世界では出産前に母親の胎内にいる子供に父親が産まれたいかどうかを尋ね、産まれたくないと回答があった場合はその場で胎内に液体を注ぎ消滅させてしまう。人間の行う産児制限は「両親の都合ばかり考へてゐる」「手前勝手」と笑われている。著者の芥川自身における晩年の厭世的な思想が現れた作品としても知られる。哲学者の永井均は、反出生主義において悪さを構成している「『生まれる/生まれない』を実際には自分で選べないこと」に対して、選べる場合を想定した作品として本作を挙げている[52]
  • 太宰治斜陽』(1947年) - 主人公が「生まれて来ないほうがよかった」と語る[53]

また、明示的に反出生主義を取り扱った文学作品としては、以下のようなものがある。

漫画・アニメ等の二次元作品[編集]

以下の作品は、反出生主義と関連づけて語られることがある。

  • ジョージ秋山アシュラ』(漫画、1970年 - 1971年) - 主人公が「生まれて来ないほうがよかった」と叫ぶ[53]
  • ミュウツーの逆襲』(映画、1998年) - 遺伝子操作で人工的に作られたポケモン「ミュウツー」が、自身の存在意義への疑問、承認欲求を抱いたことで、「誰が産めと頼んだ。誰が作ってくれと願った。私は私を産んだすべてを恨む」「だからこれは、攻撃でも、宣戦布告でもなく、わたしを生み出した者たちへの、逆襲だ」という反出生主義的な呪詛の言葉が知られている。ミュウツー自身も自分の存在意義に悩み、反出生主義思想を発露するが、自らもコピーポケモンを沢山産み出してしまう皮肉、オリジナル VS コピーの戦いを止めようとするサトシを見たミュウツーは人間という存在を見直した。更に、消されていたミュウ時代に「なぜいるのか(何故私は産まれたのか)」と問うた少女に「いるからいる」と言われた記憶も思い出し、自尊感情と存在肯定感を得たことで承認欲求が満たされ、自らを産み出し利用しようとした科学者やサカキら以外もいると知ったことで人間への価値観が変わり、逆襲を辞めると共に考えを変える流れが作品内で描写されている[7][54][55]。本作に関して、『「反出生主義の作品ではないか」とネット上で話題になった』とした香山リカに対し[54]、森岡正博は「反出生主義とは少し違うのではないか」「「誰が産めと頼んだ」というのは、反出生主義的な怒りというよりは、別の怒りをそういう言い方で表しているだけではないか」と返答している[54]
  • Seraphic Blue』(ゲーム、2004年) - フェジテ国全土を覆う怪物化の病「欠陥嬰児症候群」(ディスピス)により娘・アイシャを失ったクルスク一家が物語の黒幕。アイシャがディスピスにより史上最悪のイーヴル「イーヴル・ディザスティア」となりグラウンドを蹂躙した末、グラウンドの民に虐殺されるという結末を迎えたことで、父ジョシュア、母レオナ、兄ケインの3人は深い厭世観、生そのものへの憎しみを抱く。カオスを起こし惑星ガイアの生命を無に返すことで、生命を生まれなくすることが生まれ来る子供達への「愛」だと考え、ガイアを浸潤する存在「ガイアキャンサー」の実行者権限をエンデから強奪して世界の終焉を目論んだ。特に物語終盤のレオナ・クルスクとの戦いでは、子供の出産が「マイナスになるかもしれない人生というリスクを背負わせること」であり、自身の行為は「子供達に『ゼロ』という名のぬいぐるみをプレゼントする」ことだとレオナから語られている。[要出典]
  • 諫山創進撃の巨人』(漫画、2009年 - 2021年) - ジーク・イェーガーによる「エルディア人安楽死計画」。エルディア人のジークは、自分たちの先祖である「ユミルの民」がはるか昔に行った民族浄化に対する罰として、マーレ政府から収容区での隔離生活を強制された。ジークは、自身に流れる王家の血に加え、始祖の巨人の能力を発動することによってユミルの民の人体の構造を変えることが可能であることを知ると、「全てのユミルの民から子どもが出来なくすることができる」と考える。彼が唯一心を許していたトム・クサヴァーも、自身がエルディア人であることを隠して結婚・出産をしたためにマーレ人の妻と子どもが自殺した過去を打ち明け、「自分たちは生まれなければ苦しむことはなかった」とジークに賛同を示す。[5][7] 批評家の杉田俊介は、このような理路を「反出生主義の特殊なモード」「反出生主義を民族・人種的な特殊性を結びつけたもの」と指摘している[5]

反出生主義の主張[編集]

  • 悲観的な地球将来予測
    環境汚染や温暖化などが現在より深刻化するであろう将来の地球に子供を存在させたくないという理由で、反出生主義が語られることがある[56]
  • 環境保護目的による人類絶滅運動
    自主的な人類絶滅運動の支持者達は人間の活動が環境悪化の主な原因であるため、生殖を控えるのが「人災への人道的代替」であると論じている[57][58][59]
  • 苦痛の回避

イギリスの政党「ANP」 (The Anti Natalist Party) 反出生主義を公約に掲る。法学者ウィリアム・ブラックストンの「10人の罪人を逃しても1人の無辜を罰することなかれ」の言葉を引用し、正義の原則的に(不必要な)喜びが存在するより(不必要な)苦しみを経験しない方が良いと主張した[60]。また、公約として「子供を作る意欲を減らす為」に子供の税控除の廃止や裕福な家族への課税などを掲げた[61]

批判[編集]

一方、人間を生み出すことに対して肯定的な意見を持つ立場は出生主義と呼ばれる。医療科学、特に産婦人科学生殖補助医学では、より健康妊娠出産救命福祉などが増進されていて、反出生主義に対立的である[62][63][64][65]精神医学心理学では、反出生主義がうつ病などの精神障害と強く関連しているとする研究・考察がある[66][67][68][69]

比較哲学』におけるロバート・ザントベルヘンの論文によると、ベネターの理論のような反出生主義は、自らの根拠として親切心・倫理を挙げている[70]。一方で先行研究では、反出生主義がダークトライアドパーソナリティ特性と──つまり精神病質(サイコパシー)および権謀術数主義(マキャヴェリアニズム)と──繋がっていることが発見されており、これは反出生主義への反論の一つになっていると同論文は述べる[70]

倫理学者の野崎泰伸の学術論文によれば、ベネターの哲学における反出生主義は発達障害ひきこもり文脈においても語られており、「生まれてこないほうがよかった」という意味で多くの賛意を得ている[71]。同論文はこう述べている[72]

哲学的、あるいは倫理学的な問いかけについては、細心の注意を払わなければならないのではないか。「生まれてこないほうがよかった」と言うとき、誰かを傷つけたり不当に追い込んだりしていないか、考えてみるべきではないのか。

現実的に、ロングフル・ライフ〔不正な生命〕訴訟が提訴されているということを踏まえれば、「生まれてこないほうがよかった」を現実的に言ってしまいやすい立場にあるのは、いま生きづらさを抱えている当人であるということは予期できることである。[73]

社会には「障害や生きづらさという、現にヒリヒリとその肉体や生存が焼き付くようなただなかを生きる者」を否定している面があり、反出生主義的な問いかけはそのような社会を無批判に反映している危険があるという[73]

「生まれてきてよかった/生まれてこないほうがよかった」という主張のどちらも、「生きてそのようなことが主張ができるという特権」ではないのか。実際のところ、生まれていなければそのような議論ができるはずもない。

また、死んだ後のことも、生きている人々にとってはわからない以上、「生と死との比較」も不可能である。

私たちは、現に社会を生きている当事者であるというバイアスを有したなかでしか議論することはできない、このことを深く自覚しながら、研究を進めていかねばならないと感じる。[74]

産科学・産婦人科学[編集]

「子供を持ち家庭を築く」ことを奨励する価値観がある[63]

哲学者高橋昌一郎は架空のディベートの形式を採った記事において、ベネターらの反出生主義や人類(と宇宙)の消滅推進論を参照しつつ、産科医夫律子の発言を取り上げている[62]。夫律子は慶應義塾大学法学部の卒業後、徳島大学医学部を卒業して臨床研究を進めており、こう述べた[62]

ゆくゆくは、精密な「出生前診断」に加えて、「出生前治療」ができるようになるかもしれません。私たちが追求すべきなのは、「生まれてこないほうがよかった」という子どもを1人でも減らし、「生まれてきてよかった」という子どもを1人でも増やすことだと思います[62]

また、ディベートに参加した理学部の人物「D」として「僕には、ハルトマンやベネターの議論は、幼稚な『机上の空論』に聞こえますね。というのは、彼らの哲学は、今現実に生きている人間には何の役にも立たないからです」と述べ[62]、それを受けての医学部の「E」の発言として以下のように述べた[62]

「反出生主義」のような考え方からすると、この新生児〔重度障害児〕は「生まれてこない方がよかった」のかもしれません。


しかし、その子は、すでに生まれてきたという事実があります。僕は、医療現場では何よりも救命が優先されるべきだと考えていますから、その医療意識を少しでも混乱させるような考え方は、承服できません[62]

一般社団法人 日本生殖医学会」は「英知良識を発揮して … 社会の先導者たらん医療人を育成し … 質の高い生殖医療を提供します」とし[64][注 3]、「公益社団法人 日本産科婦人科学会」は「女性と生まれてくる子どもたちの幸せのために … 人類・社会の福祉に貢献します」としている[65][注 4]

精神医学その他[編集]

精神医学・心理学的側面[編集]

心理学論文「ダークトライアドパーソナリティ特性と反出生主義的見解との関連についての解析研究」によると、データ解析により《反出生主義》が《うつ病精神病質(サイコパシー)・権謀術数主義(マキャヴェリズム)》等と強く関連していることが証明されている[66]

同論文いわく、「反出生主義とは生殖道徳的誤りとする見解である」(“anti-natalism is the view that procreation is morally wrong”)[75]。特に有名な「反出生主義的見解」(“anti-natalist view”)は、デイヴィッド・ベネターによって擁護されてきた[75]。データ解析の結果によると反出生主義は、ダークトライアド的パーソナリティ特性の中でも精神病質や権謀術数主義との関連度が高い[75]。うつ病はその関連度を高めている[66]

反出生主義との関係において精神病質は「r = .621」、権謀術数主義は「r = .490」と、有意に高い相関関係の数値を示した[76]。媒介分析(“mediation analysis”)を行ったところ、うつ病はその相関関係の数値を有意に高めていた[77]。同論文は次のように述べている[78]

うつ病は関係的に反出生主義的見解とは別物であること、および、《反出生主義的見解》と《権謀術数主義・精神病質》との関係において、うつ病が媒介役として機能していることが判明した。この定型〔パターン〕は、追跡調査でも再現された。

(Depression is found to be both standing independently in a relationship with anti-natalist views as well as functioning as a mediator in the relationships between Machiavellianism/psychopathy and anti-natalist views. This pattern was replicated in a follow-up study.[75]

我々は反出生主義と抑うつ気分に関して、抑うつ現実主義的な議論の系統を過信すべきでないと主張する。

(We claim that one ought not be overly confident in the line of depressive realist argumentation with regard to antinatalism and depressive mood.[79]


社会学・経済学的側面[編集]

精神科医の熊代亨は、反出生主義と類似している「親ガチャ」概念は先天的・遺伝的問題と後天的問題との両方を扱っていて、「毒親」よりも虚無主義的(ニヒリスティック)であるとしている[80]。反出生主義でも親ガチャでも、道徳的問題を自分の代で断ち切るなら子供を作らないという考え方になり、そのような方向性の社会に「未来があるとは思えない」という[80]

香山リカ (精神科医)は2020年に、ベネターの哲学書における反出生主義を論点とした上で

このところ反出生主義が注目されている理由のひとつには、社会や環境などの「外的要因の悪化」もある。だとするとなおのこと、それと夏以降の日本で起きている自殺者の増加とは連動しているとも考えられる。

と述べた[81]。そして同氏は、コロナ禍でうつ状態になったり「もう生きていたくない」と訴えたりする人々の苦痛を少しでも緩和し、生きる意欲を回復できるよう全力で知識と経験をもって対応していくと述べている[68]。もし反出生主義が「何かの本質」であるとしても、「『人生の中断もやむなし』などとは絶対に思わない」としている[68]。同時に、微視的(ミクロ)な見方と巨視的(マクロ)な見方を併せ持って反出生主義の行方を追っていくつもりだという[68]

マウントサイナイ医科大学の精神科助教授である松木隆志が言うには、反出生主義や親ガチャといった概念の中には若者の絶望感があり、それはうつ状態によくある「学習性無力感」だと考えられる[67]精神安定のためには、「自己主体感」(主体的に意思決定行動をしている感覚)が特に重要とされる[67]心理療法でも、自分の感情思考・行動を無意識的に支配している外的要因や過去の体験を意識化することで、自己主体感の回復が目指されている、と同氏は言う[67]

心理学博士ロバート・J・キングは、心理学誌『サイコロジー・トゥデイ』にて「生きるのは良いことだ:反出生主義を真に受けるべきか?」(Good to Be Alive: Is anti-natalism to be taken seriously?)という記事を発表した[69]。同氏はベネターの反出生主義の倫理を

この結果論的うぬぼれにおける最も浅はかなもの
(this shallowest of consequentialist conceits)

と呼び、

反出生主義者を自認している人々の中には、うつ病で苦しんでいる人々も居ると思う
(I think some of the people identifying as anti-natalists are suffering from depression)

と述べた[69]

19世紀時点で哲学者ショーペンハウアーが言及していたように、反出生主義的な思想は新しくない[82]。元臨床心理士の春井星乃は「反出生主義の登場には、人類共通の『親子関係と子供の意識発達』の問題と、世界的な時代の流れの2つが関係している」と言う[82]。まず子供の意識発達について春井はこう述べた[83]

さすがに「私は反出生主義です」と公言している方にお会いしたことはないけれど、「こんなに苦しいのなら生まれたくなかった」とずっと言っていた女性の患者さんはいましたね。 … 彼女の場合、母親との関係で作られた「生きている価値がない自分」という自己イメージや、母親の考え方で生きてしまっていることで、うつなどの症状が生じていました。 …


具体的な親の自分に対する態度や言葉を批判するよりも、産む産まないという議論の方が問題の本質に届かない表面的なものになるから、親も自分もそこまで傷つかずに済むということなのかもしれません。[83]

春井が言うには、「子供は親を客観的に見て、否定するべきところは否定して、自己を育てて行かなければならない」[84]。しかし親が神のように扱われているインドでは、子供の意識発達は「親不孝」であるため批判されてしまい、子供は打つ手がなくなる[84]。そのような「親絶対主義」に対する精一杯の抵抗がインドの反出生主義である可能性はある[84]。インドほどではないが、日本でも親絶対主義が無意識的圧力として存在し、先述のうつ病患者もそれに苦しんでいた[84]

次に春井は、脱近代主義(ポストモダニズム)と格差社会からの影響を挙げた[84]1970年代から思想界ではポストモダンな相対主義が主流になり、価値観は人それぞれでいい、人類共通の真実や価値など存在しないとされるようになった[84]。人間には主体性など無く、ただ無意識のシステムに動かされているだけなので、「成長」は幻想に過ぎないとされる[84]。また格差拡大によって生活苦の人が増加し、努力が以前よりも報われにくくなり、人生に希望を持てない人が増えた[84]

記者が「本当に人間には成長もないし、生きる意味もないんでしょうか?」と尋ねると、春井は「私はそうは思っていません」と答え、以下のように述べた[85]

やっぱり、人生を少しでも楽に幸せに生きるためには、まず父親母親はどういう人なのか、自分は親や家庭環境からどういう影響を受けて育ってきたのかをよく見極めて、それと自分とはまったく別物なんだとすることが大切なんです。
それができずに親の影響をそのまま生きてしまうと、様々な精神病理や生きにくさが生じてきます。 …


たとえば精神科医で自傷行為などの研究をされている松本俊彦さんは、信頼できる大人は10人中3人くらいしかいないから、少なくとも8人には助けを求めてほしいとおっしゃっているそうです。私も本当にそう思います。[85]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^
    原文:"antinatalism ... The belief that it is morally wrong or unjustifiable for people to have children."
    和訳:反出生主義 … 人々が子供を持つ〔産む〕ことは道徳的に間違っている、または正当化できないという信念。[3]
  2. ^
    原文:"Anti-natalism is the extremely provocative view that it is either always or usually impermissible to procreate."[4]
  3. ^
    「一般社団法人 日本生殖医学会」
    日本生殖医学会は、英知と良識を発揮して我が国の生殖医学を発展させ、
    社会の先導者たらん医療人を育成し国民に対して安全で安心な質の高い生殖医療を提供します。[64]
  4. ^
    「公益社団法人 日本産科婦人科学会」
    女性と生まれてくる子どもたちの幸せのために、
    産科学および婦人科学の進歩・発展を図るとともに、産婦人科専門医の育成に努め、
    人類・社会の福祉に貢献します。[65]

出典[編集]

  1. ^ 森岡 2021, p. 49.
  2. ^ antinatalismの意味・使い方・読み方” (日本語). eow.alc.co.jp. 英辞郎 on the WEB. 2021年6月2日閲覧。
  3. ^ a b ANTINATALISM English Definition and Meaning”. 2022年3月29日閲覧。
  4. ^ a b Anti-Natalism”. 2022年3月29日閲覧。
  5. ^ a b c 『進撃の巨人』は「時代の空気」をどう描いてきたか? その圧倒的な“現代性”の正体(杉田 俊介) @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス. 2021年11月20日閲覧。
  6. ^ 「苦しみが存在しない世界を作るのは、むしろ良いことではないか」人の誕生・出産を否定する“反出生主義”、あなたはどう考える?(ABEMA TIMES)” (日本語). 2022年3月24日閲覧。
  7. ^ a b c d 田村瞳. “子どもは産むべきでない?『進撃の巨人』で話題を呼んだ“反出生主義”の恐るべき魔力” (日本語). まいじつエンタ. 2022年2月15日閲覧。
  8. ^ a b 森岡 2020, p. 13-14.
  9. ^ a b c d e 森岡 2021, p. 54.
  10. ^ 森岡 2021, p. 55-66.
  11. ^ 森岡 2020, p. 14;17.
  12. ^ 森岡 2020, p. 17.
  13. ^ 中川優一 (2020年8月24日). “「何に対する同意が不在なのか──生殖の許容可能性と同意の不在問題について」第20回早稲田超域哲学研究会”. p. 2. 2021年5月2日閲覧。
  14. ^ 古野裕一・穂積浅葱・森岡正博「無生殖協会の目指すもの ― 本当に“善い”反出生主義に向けて」『現代生命哲学研究』第10巻、早稲田大学人間総合研究センター、2021年、 68頁。
  15. ^ 森岡 2021, p. 55.
  16. ^ 森岡 2020, p. 13.
  17. ^ 森岡 2021, p. 40;42.
  18. ^ 水島淳 (2021年4月11日). “近現代の反出生主義の歴史と批判の再検討――森岡正博 「反出生主義とは何か」の検討から――”. p. 5. 2021年5月2日閲覧。
  19. ^ 当該の記述(「デイヴィッド・ベネター」2011年10月22日の版)
  20. ^ 森岡 2020, p. 14;274-276.
  21. ^ 森岡 2020, 第7章.
  22. ^ 吉本陵「人類の絶滅は道徳に適うか? : デイヴィッド・ベネターの「誕生害悪論」とハンス・ヨーナスの倫理思想」『現代生命哲学研究』第3巻、2014年、 doi:10.24729/00007063
  23. ^ A. Schopenhauer, Selected Essays of Schopenhauer, Contributions to the Doctrine of the Affirmation and Nega-tion of the Will-to-live, G. Bell and Sons, London 1926, p. 269.
  24. ^ P.W. Zapffe, The Last Messiah,The Philosophy Now 2004, Number 45, pp. 35-39.
  25. ^ P.W. Zapffe, Om det tragiske, Pax Forlag, Oslo 1996.
  26. ^ P.W. Zapffe, H. Tønnessen, Jeg velger sannheten: En dialog mellom Peter Wessel Zapffe og Herman Tønnessen, Universitets forlaget, Oslo 1983.
  27. ^ T. Brede Andersen, Hva det betyr at være menneske, 1990.
  28. ^ 吉本 陵「人類の絶滅は道徳に適うか? : デイヴィッド・ベネターの「誕生害悪論」とハンス・ヨーナスの倫理思想」『現代生命哲学研究』第3巻、2014年3月、 50-68頁、 doi:10.24729/00007063
  29. ^ D. Benatar, Better..., op. cit., pp. 109.
  30. ^ a b G. Harrison, J. Tanner, Better Not To Have Children, Think 2011, Volume 10, Issue 27, pp. 113-121.
  31. ^ Benatar, David (2006). Better Never to Have Been. Oxford University Press, USA. doi:10.1093/acprof:oso/9780199296422.001.0001. ISBN 978-0-19-929642-2 
  32. ^ J. Narveson, Utilitarianism and New Generations, Mind 1967, LXXVI (301), pp. 62-67.
  33. ^ H. Vetter, The production of children as a problem for utilitarian ethics, Inquiry 12, 1969, pp. 445–447.
  34. ^ H. Vetter, Utilitarianism and New Generations, Mind, 1971, LXXX (318), pp. 301–302.
  35. ^ K. Akerma, Soll eine Menschheit sein? Eine fundamentalethische Frage, Cuxhaven-Dartford: Traude Junghans, 1995.
  36. ^ K. Akerma, Verebben der Menschheit?: Neganthropie und Anthropodizee, Freiburg im Breisgau: Verlag Karl Alber, 2000.
  37. ^ B. Contestabile, The Denial of the World from an Impartial View, Contemporary Buddhism: An Interdisciplinary Journal, volume 17, issue 1, Taylor and Francis, 2016.
  38. ^ [1] J. Cabrera, T. L. di Santis, Porque te amo, Não nascerás! Nascituri te salutant, LGE Editora, Brasilia 2009.
  39. ^ [2] J. Cabrera, A critique of affirmative morality - a reflection on death, birth and the value of life, Julio Cabrera Editions, Brasília 2014.
  40. ^ T. de Giraud, L'art... op. cit., p. 51.
  41. ^ H. Jonas, The Gnostic Religion: The Message of the Alien God and the Beginnings of Christianity, Boston: Beacon Press, 1958, pp. 228 and 231.
  42. ^ D. Obolensky, The Bogomils: A Study in Balkan Neo-Manichaeism, Cambridge University Press, Cambridge 2004, p. 114.
  43. ^ M.J. Fromer, Ethical issues in sexuality and reproduction, The C. V. Mosby Company, St. Louis 1983, p. 110.
  44. ^ エンクラディス派』 - コトバンク
  45. ^ P. Brown, The Body and Society: Men, Women, and Sexual Renunciation in Early Christianity, Columbia University Press, Columbia 1988, p. 96.
  46. ^ Clement of Alexandria, Stromateis, op. cit., pp. 295-296.
  47. ^ G. Quispel, Gnostica, Judaica, Catholica: Collected Essays of Gilles Quispel, Brill, Danvers 2008, p. 228.
  48. ^ 桂紹隆 「日本仏教に未来はあるか」本願寺宗学院
  49. ^ 中村元訳『ブッダのことば―スッタニパータ』 p.17
  50. ^ H.S. Gour, The Spirit of Buddhism, Kessinger Publishing, Whitefish, Montana 2005, pp. 286-288.
  51. ^ 森岡 2021, p. 43.
  52. ^ a b 川上未映子永井均 (2020年5月22日). “生まれることは悪いことか? では産むことは? 【特別対談】川上未映子×永井均 反出生主義は可能か〜シオラン、べネター、善百合子|Web河出”. 河出書房. 2022年2月15日閲覧。
  53. ^ a b 反出生主義への応答:生まれること産むことにノーと言う思想をどう考えるか|森岡正博|note” (日本語). note(ノート). 2022年3月23日閲覧。
  54. ^ a b c 香山リカ×森岡正博「反出生主義」対談(前編)~私たちは「生まれてこないほうがよかった」のだろうか?” (日本語). 情報・知識&オピニオン imidas. 2022年1月31日閲覧。
  55. ^ 水島淳 (2021-03). “アニメ『ミュウツーの逆襲』と反出生主義 「いるからいる」という誕生肯定との狭間で”. 現代生命哲学研究 (早稲田大学現代死生学研究所) 10: 78-95. http://www.philosophyoflife.org/jp/seimei202104.pdf 2022年2月15日閲覧。. 
  56. ^ Tuhus-Dubrow, Rebecca (2019年11月14日). “I wish I'd never been born: the rise of the anti-natalists” (英語). the Guardian. 2021年4月3日閲覧。
  57. ^ V. Baird, "The No-nonsense Guide to World Population", New Internationalist, Oxford 2011, p. 119.
  58. ^ [3] An NBC interview with Les U. Knight.
  59. ^ [4] The official Voluntary Human Extinction Movement website.
  60. ^ What is ‘Antinatalism’?[リンク切れ] – The Anti-Natalist Party
  61. ^ Manifesto[リンク切れ] – The Anti-Natalist Party
  62. ^ a b c d e f g 高橋昌一郎・NHK出版(「本がひらく」). “連載「哲学ディベート――人生の論点」【第2回】生まれてこないほうがよかったのか?”. 2022年2月19日閲覧。
  63. ^ a b 医療法人社団 均禮会 府中の森土屋産婦人科. “午後8:13 · 2021年12月31日”. 2022年3月11日閲覧。
  64. ^ a b c 一般社団法人 日本生殖医学会. “一般社団法人 日本生殖医学会”. 2022年2月26日閲覧。
  65. ^ a b c 公益社団法人 日本産科婦人科学会. “公益社団法人 日本産科婦人科学会 ”. 2022年2月26日閲覧。
  66. ^ a b c Schönegger 2022, p. 66, 86.
  67. ^ a b c d 松木隆志・御田寺圭. “親ガチャ、反出生主義…若者たちは「人生のネタバレ」に絶望している”. 2022年2月19日閲覧。
  68. ^ a b c d 「生きづらさ」と「生まれてこなければ良かった」~「反出生主義」は何を伝えようとしているのか” (日本語). 情報・知識&オピニオン imidas. 2022年2月19日閲覧。
  69. ^ a b c Robert J. King. “Good to Be Alive: Is anti-natalism to be taken seriously?”. 2022年2月26日閲覧。
  70. ^ a b Zandbergen 2022, p. 123.
  71. ^ 野崎 2020, pp. 37–38.
  72. ^ 野崎 2020, pp. 38–39.
  73. ^ a b 野崎 2020, p. 38.
  74. ^ 野崎 2020, p. 39.
  75. ^ a b c d Schönegger 2022, p. 66.
  76. ^ Schönegger 2022, p. 81.
  77. ^ Schönegger 2022, pp. 78–79, 81.
  78. ^ Schönegger 2022, p. 66, 84.
  79. ^ Schönegger 2022, p. 84.
  80. ^ a b それにしても、親ガチャというスラングが響く社会の、なんと暗いことだろう!” (日本語). Books&Apps. 2022年2月19日閲覧。
  81. ^ 「生きづらさ」と「生まれてこなければ良かった」~「反出生主義」は何を伝えようとしているのか” (日本語). 情報・知識&オピニオン imidas. 2022年2月26日閲覧。
  82. ^ a b ナゾロジー編集部、春井星乃. “なぜ生んだ?反出生主義者の「深層心理」を心理学的に分析してみた 1”. 2022年2月26日閲覧。
  83. ^ a b ナゾロジー編集部、春井星乃. “なぜ生んだ?反出生主義者の「深層心理」を心理学的に分析してみた 2”. 2022年2月26日閲覧。
  84. ^ a b c d e f g h ナゾロジー編集部、春井星乃. “なぜ生んだ?反出生主義者の「深層心理」を心理学的に分析してみた 3”. 2022年2月26日閲覧。
  85. ^ a b ナゾロジー編集部、春井星乃. “なぜ生んだ?反出生主義者の「深層心理」を心理学的に分析してみた 4”. 2022年2月26日閲覧。

参考文献[編集]

倫理学・哲学[編集]

  • 野崎, 泰伸「非同一性問題と障害者」『現代生命哲学研究』第9巻、早稲田大学人間総合研究センター、2020年、 27-41頁、 NAID 120006994364
  • 森岡正博 『生まれてこないほうが良かったのか?―生命の哲学へ!』筑摩書房〈筑摩選書〉、2020年。ISBN 978-4480017154 

心理学[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]