コンテンツにスキップ

興膳宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こうぜん ひろし
興膳 宏
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1936-10-25) 1936年10月25日
日本の旗 福岡県福岡市
死没 (2023-10-16) 2023年10月16日(86歳没)
日本の旗 京都府宇治市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 文学
研究機関 愛知教育大学
名古屋大学
京都大学
京都国立博物館
出身校 京都大学文学部卒業
京都大学大学院文学研究科博士課程修了
主な業績 六朝文学研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

興膳 宏(こうぜん ひろし、1936年10月25日 - 2023年10月16日[1])は、日本文学者中国文学)。文学博士京都大学論文博士・1989年)。京都大学名誉教授日本学士院会員文化功労者

愛知教育大学教育学部助教授名古屋大学教養学部助教授、京都大学文学部教授、京都大学大学院文学研究科教授、京都大学文学部長、京都大学大学院文学研究科長、京都国立博物館館長などを歴任した。

人物

[編集]

古典中国文学者で福岡県出身。中国文学でも特に六朝期の文学研究で知られている。愛知教育大学名古屋大学京都大学で教鞭を執り、京都国立博物館では館長を務めた。2016年日本学士院会員に選任され、2019年には文化功労者として顕彰された[2]

生涯

[編集]

生い立ち

[編集]

福岡市に生まれる。福岡県立修猷館高等学校を経て、1961年、京都大学文学部を卒業し、1966年、同大学院文学研究科中国語学・中国文学専攻博士課程を修了。

研究者として

[編集]

愛知教育大学助教授名古屋大学教養学部助教授を経て、1974年、京都大学文学部助教授、1982年、同文学部教授、1996年、同大学院文学研究科教授、1998年、同文学部長・文学研究科長に就任。1989年、「中国の文学理論」で、文学博士(京都大学)の学位を取得。2000年京都大学を退官し、同名誉教授となる。

中国文学理論、六朝文学研究の第一人者として知られ、フランス語にも堪能で、欧米の学界との連携も強めた。1986年から1987年にかけて、フランス高等研究院客員教授を務め、中国文学理論についての包括的な連続講義を行い学術交流を続け、日仏東洋学会会長にもなった。

2001年、京都国立博物館長を経て、財団法人東方学会理事長(2009年9月~2015年6月)。「中国文学理論の研究」により2013年度日本学士院賞受賞。2016年12月12日、学士院第1104回総会において学士院会員に選出された[3]。2019年、文化功労者[2]

2023年10月16日、京都府宇治市の病院で死去[1][4]。86歳没[5]

著書

[編集]

編著ほか

[編集]
  • 『中国文学を学ぶ人のために』世界思想社 1991年
  • 『六朝詩人群像』大修館書店〈あじあブックス〉2001年
  • 隋書経籍志詳攷』川合康三と共著、汲古書院 1995年
  • 『六朝詩人傳』大修館書店 2000年 - 編者代表、詩人達の列伝、原文・書き下し・訳注
  • 『興膳教授退官記念 中國文學論集』 汲古書院 2000年
  • 吉川幸次郎『杜甫詩注』岩波書店 2012年〜2016年。第1期全10冊
  • 鈴木虎雄『駢文史序説』研文出版 2007年。校補

訳著

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b 六朝学術学会”. liuchao.gakkaisv.org. 2023年10月22日閲覧。
  2. ^ a b 令和元年度 文化功労者”. 文部科学省 (2019年11月3日). 2020年11月2日閲覧。
  3. ^ 日本学士院ホームページ 日本学士院会員の選定について 2016年12月13日閲覧
  4. ^ 興膳宏氏死去(京都大名誉教授・中国文学)」『時事ドットコムニュース』2023年10月24日。2023年10月25日閲覧。
  5. ^ 『興膳宏先生追悼録』-『東方學 147号』東方学会、2024年1月。小南一郎、川合康三、木津祐子の弔文を収録。

外部リンク

[編集]