園太暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

園太暦』(えんたいりゃく)は、“中園太政大臣”と称された南北朝時代公卿洞院公賢日記。『中園相国記』とも。南北朝時代における基本史料。

著者の洞院公賢は、太政大臣という高官に就き、また有職故実に通じていたために、天皇や公卿からの相談も多く、この時期における朝廷の動きについて詳細に記している。記載時期は、延慶4年(1311年)2月から延文5年(1360年3月にわたり、123巻から成る。大半は散逸したものの、自筆原本も一部現存している(重要文化財)。また、甘露寺親長三条西実隆(親長の甥)による抄本も残されている。

公賢没後、子実夏より三代を経て公数に至り家門断絶となったが、公数在世中に家の記録を順次売却して家計を維持していた。『園太暦』も文明14年(1482年)元月に中院通秀へ1000余をもって譲渡された。その通秀の日記『十輪院入道内府記』によると、当時の現存状況は次の通りであった。

  • 延慶4年(1311年) 2、3月
  • 康永3年(1344年) 春、夏、秋
  • 貞和元年(1345年) 春、夏、秋、10月、11月
  • 貞和2年(1346年) 春、4月、5月、秋、冬
  • 貞和3年(1347年) 四季
  • 貞和4年(1348年) 四季
  • 貞和5年(1349年) 春、夏、秋、11月、12月
  • 観応元年(1350年) 四季
  • 観応2年(1351年) 四季
  • 文和元年(1352年) 四季
  • 文和2年(1353年) 春、夏、秋
  • 文和3年(1354年) 冬
  • 文和4年(1355年) 四季
  • 延文元年(1356年) 四季
  • 延文2年(1357年) 四季
  • 延文3年(1358年) 春、夏、秋
  • 延文4年(1359年) 四季
  • 延文5年(1360年) 春(内1巻は公賢弟公敏の『公敏卿記』)

刊本は、1930〜40年代に大洋社から第4巻まで出版され、その後、1970年代以降、史料纂集の一部として全8巻が刊行されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]