林屋晴三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林屋 晴三(はやしや せいぞう、1928年7月25日 - 2017年4月1日[1][2])は、日本陶磁器研究家。

京都生まれ。京都府立京都第五中学校[3]1948年国立博物館(現・東京国立博物館)に入る。工芸課長、資料部長、1988年次長。頴川美術館理事長、菊池寛実記念智美術館館長。2003年旭日小綬章受章、2007年織部賞受賞。

歴史学者の林屋辰三郎は従兄で、「おにいさま」と呼んでいた[4]

著書[編集]

共編著[編集]

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典 

脚注[編集]

  1. ^ 陶磁史研究の重鎮、林屋晴三さん死去…88歳 読売新聞 2017年4月3日付[リンク切れ]
  2. ^ 陶磁史家の林屋晴三さん死去 「茶の美術」展手がける”. 朝日新聞デジタル (2017年4月3日). 2021年1月26日閲覧。
  3. ^ 『現代日本人名録』
  4. ^ 中村昌生『数寄屋と五十年』