横井清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

横井 清(よこい きよし、1935年10月31日 - 2019年4月7日)は、日本中世史学者。

略歴[編集]

京都市生まれ。1958年立命館大学文学部卒、1962年同大学院文学研究科博士課程中退、京都市史編纂補助、1970年代花園大学[1]文学部助教授、著述業の時代をへて、1980年代富山大学人文学部教授、1990年代桃山学院大学文学部教授。1989年『的と胞衣』で毎日出版文化賞受賞。中世民衆史を専攻し、差別、穢れなどの問題を実証的に論じた。

著書[編集]

  • 『下剋上の文化』東京大学出版会 1980
  • 『現代に生きる中世』西田書店 1981
  • 『中世を生きた人びと 歴史と日本人3』ミネルヴァ書房 1981、福武文庫 1991
  • 『的と胞衣 中世人の生と死』平凡社 1988、平凡社ライブラリー 1998
  • 『光あるうちに 中世文化と部落問題を追って』阿吽社 1990
  • 『花橘をうゑてこそ 京・隠喩息づく都』三省堂 1993
  • 『中世日本文化史論考』平凡社 2001
  • 『都忘れの京語り』編集工房ノア 2021- 遺著

共編著[編集]

現代語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 花園大学三十年史編集委員会 編 『花園大学三十年のあゆみ』花園大学、1979年5月25日、243頁。NCID BN06604787