橘秋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橘 秋子(たちばな あきこ、1907年6月17日 - 1971年5月14日)は、バレエダンサー、振付家、バレエ指導者である。栃木県宇都宮市生まれ。本名・福田サク。夫の牧幹夫もバレエダンサーで、一女の牧阿佐美も両親と同じくバレエの道に進んだ。

経歴[編集]

栃木師範学校(現・宇都宮大学)卒。1930年白系ロシア人エリアナ・パヴロワに学び、1933年独立して舞踊活動を始める。戦後、橘バレヱ学校を設立し娘の牧阿佐美などを育て、1956年娘と共に牧阿佐美バレヱ団を結成。

彼女はバレエの振付家としても活動し、『飛鳥物語』『戦国時代』などの作品を残している。

1971年死去。死後、勲四等宝冠章が授与された。

受賞[編集]

外部リンク[編集]