茂山千之丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茂山 千之丞(しげやま せんのじょう、1923年大正12年)10月14日 - 2010年平成22年)12月4日)は、狂言能楽師

経歴・人物[編集]

京都府出身。本名は政次。3代茂山千作の次男。4代茂山千作の弟。大阪高等商業学校(現大阪市立大学)中退。大蔵流

1926年、「以呂波」で初舞台を踏み、1946年に2世茂山千之丞を襲名した。1948年、能楽師として初めてラジオドラマに出演、50年代女優や歌舞伎役者と共演、武智鉄二演出の舞台など歌舞伎、新劇にも出演。

谷崎潤一郎とは父の代から親しく、1964年武智鉄二監督作品の映画『紅閨夢』で谷崎役を演じた。能楽協会から事実上の退会勧告を受けたが、狂言師がジャンルを問わず活躍できる時代を開いた。

木下順二作の舞台「夕鶴」での与ひょう役(1971年 - 1986年、514回)のほか、サミュエル・ベケットの演劇の上演、オペラの演出なども行い、晩年には古典「武悪」、新作「豆腐小僧」などの当たり役があった。1997年芸術選奨文部大臣賞。1998年松尾芸能賞優秀賞。梅原猛作「スーパー狂言」三部作など演出家としても活躍。

2010年、肝細胞癌のため87歳で死去[1]

長男に茂山あきら、弟子に丸石やすしがいる。

出演映画[編集]

著作[編集]

  • 狂言 荒木良雄共著 創元社 1956 (日本文学新書)
  • 「狂言役者―ひねくれ半代記」岩波新書、1987
  • 狂言ってどんな芝居 庶民が生んだ笑いの芸能 日本放送出版協会 1999.10 (NHK人間講座)
  • 狂言じゃ、狂言じゃ! 晶文社 2000.11 のち文春文庫

関連項目[編集]

脚注[編集]