時田則雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

時田 則雄(ときた のりお、1946年9月24日 - )は、歌人北海道帯広市生まれ。北海道帯広農業高等学校帯広畜産大学別科草地畜産専攻修了。歌誌『辛夷』主宰を長く務めた。野原水嶺に師事。十勝にて農業を経営しながら文芸活動を行っている農民歌人。佐佐木幸綱の男歌の影響のもとに北海道の風土を描いた、躍動的でスケールの大きな歌風が特徴。道新歌壇選者。特定非営利活動法人十勝文化会議理事。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 北方論 歌集 雁書館 1982
  • 緑野疾走 歌集 雁書館 1985
  • 凍土漂泊 歌集 雁書館 1986
  • 十勝劇場 歌集 雁書館 1991
  • 時田則雄歌集 砂子屋書房 1993(現代短歌文庫)
  • 夢のつづき 歌集 砂子屋書房 1997
  • ペルシュロン 歌集 ながらみ書房 1999
  • 北の家族 エッセイ 家の光協会 1999
  • 石の歳月 歌集 雁書館 2003
  • 野男の短歌流儀 エッセイ 本阿弥書店 2005
  • 歌の鬼・野原水嶺秀歌鑑賞 短歌研究社 2005
  • 野男伝 歌集 本阿弥書店 2006
  • ポロシリ 歌集 角川書店 2008(角川短歌叢書)
  • 続時田則雄歌集 砂子屋書房 2008(現代短歌文庫)
  • オペリペリケプ百姓譚 短歌研究社 2012
  • みどりの卵 ながらみ書房 2015
  • 陽を翔るトラクター 農文一体 角川書店 2016
  • 樹のように石のように ポロシリ庵雑記帖 十勝毎日新聞社 2017