道の駅高田松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高田松原
陸前高田シーサイドターミナル
Roadside Station Takata-Matsubara after tsunami001.JPG
登録路線 国道45号
登録 第1回 (03002)
登録年月日 1993年4月22日
開駅年月日 1991年7月
営業時間 9:00 - 18:00
所在地
029-2205
岩手県陸前高田市
高田町字古川28-5
座標
外部リンク 国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
テンプレート / プロジェクト道の駅
東北地方太平洋沖地震後の道の駅高田松原(2011年3月31日撮影)

道の駅高田松原(みちのえき たかたまつばら)は岩手県陸前高田市にある国道45号道の駅。愛称は陸前高田シーサイドターミナルおよびタピック45。2015年1月に重点道の駅に選定された[1]

2011年(平成23年)7月現在、同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により被災し、休館中である[2]。現在は駐車場に「東日本大震災追悼施設」「復興まちづくり情報館」という仮設の施設が設けられている。

以下、被災前の状況を記す。

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:407台
    • 大型車:30台
    • 身障者用:8台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 5器、小 14器
    • 女:9器
    • 身障者用:3器(※ うち1器のみ営業時間内利用可能)
  • 公衆電話:2台
  • 観光物産センター
  • 緑地施設
  • イベント広場
  • 野外ステージ
  • 七夕体験コーナー
  • 高田松原物産館
  • 体験学習室

休館日[編集]

  • 無休

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地域活性化の拠点を形成する重点「道の駅」を選定しました”. 国土交通省 (2015年1月30日). 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ 道の駅高田松原 2011年9月15日閲覧.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]