宮城県道・岩手県道34号気仙沼陸前高田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
宮城県道34号標識
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
岩手県道34号標識
宮城県道34号 気仙沼陸前高田線
岩手県道34号 気仙沼陸前高田線
主要地方道 気仙沼陸前高田線
実延長 14,387.3 m
制定年 1959年
起点 宮城県気仙沼市新浜町一丁目
新浜1丁目交差点【地図
終点 岩手県陸前高田市矢作町梅木【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道26号標識
宮城県道26号気仙沼唐桑線
Japanese National Route Sign 0045.svg国道45号
Japanese National Route Sign 0343.svg国道343号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
気仙沼市東中才付近

宮城県道・岩手県道34号気仙沼陸前高田線(みやぎけんどう・いわてけんどう34ごう けせんぬまりくぜんたかたせん)は、宮城県気仙沼市から岩手県陸前高田市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

宮城県気仙沼市から岩手県陸前高田市まで大船渡線2011年東日本大震災により運休)に平行して通る。

路線データ[編集]

  • 実延長:14,387.3 m
    • 宮城県側:10,821.3 m
    • 岩手県側:3,566.0 m
  • 起点:宮城県気仙沼市新浜町一丁目(新浜1丁目交差点・県道26号交点)
  • 終点:岩手県陸前高田市矢作町梅木(国道343号交点)

歴史[編集]

  • 1920年大正9年)4月1日 - 旧道路法により、宮城県側が気仙沼高田線、岩手県側が高田氣仙沼線として県道に認定される[1]
  • 1958年昭和33年)3月31日 - 現行道路法により、気仙沼矢作線として宮城県側の区間が県道に認定される[2]
  • 1959年(昭和34年)3月31日 - 岩手県側の区間が県道に認定される[3]
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 気仙沼陸前高田線として建設省から主要地方道の指定を受ける[4]
  • 1983年(昭和58年)1月11日 - 路線名が現行の気仙沼陸前高田線に変更される。
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から主要地方道に再指定される[5]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮城縣告示第251號・岩手縣告示不明
  2. ^ 宮城県告示第144号
  3. ^ 岩手県告示第280号
  4. ^ 建設省告示第935号
  5. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]