七戸バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道4号標識
国道45号標識

七戸バイパス(しちのへバイパス)は、青森県十和田市から同県上北郡七戸町へ至る国道4号国道45号バイパス道路である。

概要[編集]

起点側の4.895 km[1]は新道を建設し、終点側の東北新幹線立体交差部分は既存の道路改良による(十和田市寄りでは旧南部縦貫鉄道廃線跡と交差)。

路線データ[編集]

  • 起点 : 青森県十和田市大字大沢田字池ノ平[2]
  • 終点 : 青森県上北郡七戸町字荒熊内[2]
  • 延長 : 5.7 km[2]
  • 規格 : 第3種第1級[2]
  • 設計速度 : 80 km/h
  • 道路幅員 : 暫定14.5 m(完成28.0 m)[2]
  • 車線幅員 : 3.5m
  • 車線数 : 暫定2車線(完成4車線)

歴史[編集]

  • 1989年平成元年)度 : 事業化
  • 2004年(平成16年)度 : 着工
  • 2007年(平成19年)4月13日 : 東北新幹線との立体交差区間 (0.7 km) 供用開始
  • 2008年(平成20年)3月24日 : 上北郡七戸町字笊田川久保 - 同町字荒熊内 (2.9 km) が暫定2車線で供用開始[2]
  • 2010年(平成22年)11月24日 : 十和田市大字大沢田字池ノ平 - 上北郡七戸町字笊田川久保 (2.8 km) が暫定2車線で全線供用開始
  • 2015年(平成27年)4月1日 : 十和田市大字大沢田字池ノ平 - 上北郡七戸町字荒熊内の旧道を国道の道路区域解除(十和田市道・七戸町道・国道394号単独区間へ各々移管)[1]

地理[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「道路に関する件(平成27年東北地方整備局告示第86号)」『官報』号外第76号、国立印刷局、2015年4月1日、 27頁。
  2. ^ a b c d e f 国道4号 七戸バイパス”. 国土交通省東北地方整備局青森河川国道事務所. 2010年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]