宮城県道28号丸森柴田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
宮城県道28号標識
宮城県道28号 丸森柴田線
主要地方道 丸森柴田線
路線延長 23.1 km
起点 伊具郡丸森町金山地図
主な
経由都市
角田市
終点 柴田郡柴田町四日市場【地図
接続する
主な道路
記法
国道113号標識 国道113号
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道44号標識
宮城県道44号角田山元線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道14号標識
宮城県道14号亘理大河原川崎線
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道52号標識
宮城県道52号亘理村田線
国道4号標識 国道4号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

宮城県道28号丸森柴田線(みやぎけんどう28ごう まるもりしばたせん)は、宮城県伊具郡丸森町から宮城県柴田郡柴田町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

宮城県最南端である伊具郡丸森町の国道113号から分岐し、角田市東部を通過、槻木大橋宮城県道52号亘理村田線と共用)を渡って柴田町の国道4号へ至る。宮城県道52号亘理村田線と分岐する交点から終点までは、旧国道4号の区間である。

路線データ[編集]

  • 実延長:23.1316 km[1]
  • 起点:宮城県伊具郡丸森町金山
  • 終点:宮城県柴田郡柴田町四日市場(終点を示す宮城県設置の道標は、柴田郡柴田町槻木下町二丁目にある)

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 宮城県道44号角田山元線(角田市島田 - 角田市尾山)
  • 宮城県道14号亘理大河原川崎線(角田市坂津田 - 角田市平貫字中丸)
  • 宮城県道52号亘理村田線(角田市鳩原字瀬ノ木橋 - 柴田郡柴田町槻木下町)

道路施設[編集]

  • 槻木大橋
    角田市 - 柴田町間の阿武隈川に架かる橋梁。橋長777.777mは、宮城県内の道路橋では最長(2014年(平成26年)4月1日現在)[3]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮城県土木部 (2015年3月20日). “平成26年度みやぎの道 (PDF)”. 宮城県管理道路現況調書(みやぎの道路). 宮城県. pp. 33-34. 2015年6月23日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ 宮城県土木部 (2015年3月20日). “平成26年度みやぎの道 (PDF)”. 宮城県管理道路現況調書(みやぎの道路). 宮城県. p. 67. 2015年6月23日閲覧。

関連項目[編集]