福島南バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
油井高架橋から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道4号標識
国道115号標識

福島南バイパス(ふくしまみなみバイパス)は、福島県二本松市から福島市までの国道4号バイパス道路である。バイパスと名がついているが、旧道(奥州街道)は狭い上に県道や市道に格下げされ並行する国道4号がないので、現在は本線となっている。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1972年昭和47年)12月 - 大仏橋が暫定2車線で開通
  • 1983年(昭和58年)11月 - 全線開通(一部区間はすでに開通していた)。
  • 1995年平成7年)8月 - 油井高架橋下り線の開通により全線4車線供用開始
  • 1997年(平成9年)3月 - 道の駅安達上り線開業
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災により、伏拝交差点 - 黒岩交差点間の法面が崩落し、崖の上にあったあさひ台団地の家屋が崩れてくるなどし路線が埋まり、また下り線が崖下へ崩落した。応急処置の後対面通行で暫定開通し、同年4月27日に4車線で供用が開始された[1]
  • 2013年(平成25年)4月5日 - 道の駅安達下り線開業

交差する道路など[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
  • 交差する道路の特記がないものは市道
交差する道路など 交差する場所 東京から
(km)
国道4号二本松バイパス) 白河郡山方面
- 県道114号福島安達線(旧国道4号) 二本松市 油井 252
東北本線 油井高架橋
県道39号川俣安達線 県道129号二本松安達線 256
道の駅安達
水原川 福島市 松陵橋
県道51号霊山松川線 県道52号土湯温泉線
県道307号福島飯野線
旧国道4号 県道114号福島安達線(旧国道4号) 264
福島市道南町浅川線(奥州街道・旧国道4号) 伏拝交差点
国道115号福島西バイパス 鳥谷野交差点 268
阿武隈川 弁天橋
国道114号 県道309号岡部渡利線 渡利弁天山交差点
阿武隈川 大仏橋 270
県道308号山口渡利線松齢橋 270
国道13号平和通り 舟場町交差点 270
国道4号(北町バイパス) 仙台白石方面

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 二本松市油井字藤兵内:40,083
  • 福島市鳥谷野字岩田:51,640

特徴[編集]

二本松市の起点から福島市伏拝までの13.2kmは信号機が一つもなく立体交差が基本。さながら高速道路のような高規格のバイパスとなっている。そのため、速度超過の自動車が多く、取り締まりが頻繁に行われている区間でもある。

道の駅安達は、上り線側と下り線側にそれぞれあり、高速道路のサービスエリアのような施設が整備されている。

主要地点[編集]

油井高架橋
福島県二本松市油井に架かる高架橋。油井川とJR東北本線を跨ぐ。橋の南詰の交差点が当バイパスの起点である。全長801.3mの片側2車線両側4車線。福島県内の一般道では針生高架橋についで2番目に長い橋である。1971年に現在の上り車線が開通し、当初は暫定2車線で供用されていた。1995年に下り線が開通し、完全4車線供用が始まった。
伏拝交差点
起点から下り線はじめての信号付交差点。福島県内の一般道で最も一日あたりの自動車通行量が多い。福島市道南町浅川線(旧国道4号)と交差しており、東側は蓬莱団地へのアクセス道路として、西側は南福島駅周辺の市街地へと分岐する。
当交差点から北側、黒岩交差点までの間は地元では「伏拝の坂」と呼ばれる交通難所である。福島盆地外縁部の山間部に向かって上り線は比較的急な上り坂が続くために冬季は車両のスリップが多発するためである。2014年2月15日に発生した南岸低気圧による豪雪の際には、大型トラックがスリップにより立ち往生したことで、多数の車両が巻き込まれる大規模な長時間立ち往生事故が発生した。そのため同年12月からは早い段階での通行止めによる集中除雪等の実施のため「通行止め予定区間」に設定されている[2]
黒岩交差点
伏拝交差点から北上しロードサイド店舗が連なり始める箇所で都市計画道路小倉寺大森線と交差する。西側は拡幅・延伸工事の結果、2010年3月27日に全線4車線で開通し、JR東北本線の立体交差化が行われ、国道13号福島西道路へつながり、新たなバイパスの暫定的起点となった。東側は住宅地である南向台を経由し国道114号に至る。
鳥谷野交差点
国道115号福島西バイパスの終点でここから重複区間となる。正式には鳥谷野南交差点[3]。県内での自動車通行量は3番目に多い。
渡利弁天山交差点
鳥谷野交差点から阿武隈川を挟んで対岸にある、弁天山の麓に位置する交差点。弁天橋の北詰に当たる。かつては東側に伸びる国道114号の起点であったが、渡利バイパス開通により市道となった。この交差点の混雑を緩和するためバイパスが建設されたが、現在も渋滞を起こす程の混雑が起きる。
舟場町交差点
終点。福島市中心市街地の入口。国道13号の起点だが、キロポストは-0.5kmと表示されている(これは旧起点の福島市本町から0.5km東に延長されたことによるもの)。

脚注[編集]

  1. ^ “国道4号伏拝地区の復旧工事が全て完了しました” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所, (2014年3月20日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/50388_1.pdf 2015年9月9日閲覧。 
  2. ^ “年末年始からの円滑な道路交通確保に向けて” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 東北地方整備局, (2014年12月26日), http://www.thr.mlit.go.jp/road/ooyukitaiou/PDF/kisya.pdf 2015年9月9日閲覧。 
  3. ^ 「駐車監視員活動ガイドライン」の変更について”. 福島県警察本部. 2015年9月9日閲覧。

関連項目[編集]