青岩バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道4号標識

青岩バイパス(せいがんバイパス)は、国道4号バイパス道路である。

概要[編集]

岩手・青森両県境を流れる馬淵川に架かる青岩橋(せいがんばし)の東側に「青岩大橋(せいがんおおはし)」を建設し、急カーブと狭小幅員を解消した。路線名及び橋名の「青岩(せいがん)」は青森と岩手から一字ずつ採り、両県の県境を表している。

以前は青岩橋(旧道)経由で南部バス三戸営業所路線バス(一戸線)が県境越えをしていたが、2006年平成18年)4月のダイヤ改定による三戸営業所 - 舌崎間の廃止によって、同区間は出入庫のみに用いられる回送用ルートとなり、一戸線の運行区間は舌崎バス停 - 一戸駅間に短縮され、その後2008年4月1日付けで路線自体が廃止された。

路線データ[編集]

青岩大橋[編集]

長さ140m、幅8m。1970年完成。

関連項目[編集]

座標: 北緯40度20分39秒 東経141度16分36秒 / 北緯40.344279度 東経141.276541度 / 40.344279; 141.276541 (青岩大橋)