郡山西環状道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あさか野バイパスから転送)
Jump to navigation Jump to search
一般国道
国道4号標識
郡山西環状道路
国道4号バイパス
あさか野バイパス
路線延長 14.1 km
開通年 1981年 - 1995年
起点 福島県須賀川市大字仁井田字大谷地
終点 福島県郡山市日和田町
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

郡山西環状道路(こおりやまにしかんじょうどうろ)は、福島県須賀川市から同県郡山市(日和田町)に至る国道4号バイパス道路である。地域高規格道路として計画路線に指定されており、終点より先の本宮市大字荒井(日本橋(ひもとばし))までの現道拡幅区間を含めてあさか野バイパスの愛称が与えられている。工事の初期は郡山バイパスの愛称が使われた[1]。郡山西環状道路の整備後も郡山市街地を通る現道は国道指定から外されていなかったが、2016年4月1日に複数の県道と国道288号へ降格し、バイパスの名がつく本線となった[2]

概要[編集]

  • 起点:福島県須賀川市大字仁井田字大谷地
  • 終点:福島県郡山市日和田町
  • 事業主体: 国土交通省
  • 全体計画: 延長14.1km 
  • 車線数: 4車線
  • 規格:3種1級(設計速度80km/h
  • 幅員
    • 一般部:30.0m
    • 立体部:40.0m

歴史[編集]

  • 1971年度:都市計画決定
  • 1974年度:事業着手
  • 1975年度:工事着手
  • 1981年 - 1990年度:暫定2車線で部分供用
  • 1995年4月:郡山西環状道路が整備区間に指定
  • 1995年7月全線供用(バイパス部14.1km、暫定2車線
  • 1997年12月:針生地区1.8kmが4車線供用
  • 1998年度:日本橋、うねめ高架橋供用(上り車線側 暫定2車線)
  • 1999年:郡山西環状道路を含む本宮市大字荒井までの区間17.2kmの愛称があさか野バイパスに決定
  • 2000年11月:荒井地区1.1kmが4車線供用
  • 2001年3月:亀田地区2.2kmが4車線供用
  • 2001年4月:現道部3.4kmが4車線供用
  • 2002年4月:八山田地区3.7kmが4車線供用
  • 2002年8月:笹川地区1.0kmが4車線供用
  • 2003年3月24日:十貫内交差点立体化。(上り線のみ)起点部2.0km区間が4車線供用、全線4車線供用
  • 2003年度:針生地区の立体化工事着手
  • 2007年3月25日:針生高架橋下り線暫定2車線開通
  • 2009年8月6日:針生高架橋が暫定的に4車線通行可能となる[3]
  • 2016年4月1日 : 市街地を通る国道4号本線が国土交通省管理から福島県管理への移管に伴い、県道および国道288号[4]へ移管[2]

愛称[編集]

この道路は、行政側(郡山国道事務所)も1995年に供用した範囲を郡山バイパスの名称で呼んでいた[5]。工事範囲が広がった後の1999年1〜2月に愛称を公募し、同年3月にあさか野バイパスと決定した[6]。2010年3月現在も、本バイパス沿線で「郡山バイパス店」を名乗る店舗がある。

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 郡山市安積町笹川字北向:38,708
  • 郡山市亀田二丁目:51,632
  • 郡山市富田町西原:48,949
  • 郡山市富田町音路後:51,741
  • 郡山市富久山町八山田:41,838
  • 郡山市日和田町字竹ノ内:49,190
  • 郡山市日和田町高倉字大口原:49,641

交差する道路など[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
  • 交差する道路は、県道以上の道路および立体交差をするもしくは立体交差をする計画の道路。特記がないものは市道
交差する道路など 交差する場所 東京
から
(km)
国道4号 宇都宮方面
福島県道17号郡山停車場線 郡山市街方面 - 須賀川市 十貫内高架橋 十貫内 219
郡山市
福島県道109号安積長沼線 笹川南向
笹川方面 牛庭方面 アンダーパス -
長久保方面 牛庭方面 長久保橋 長久保橋ランプ
郡山南インター線 福島県道47号郡山長沼線・郡山南インター線 荒井大橋
福島県道143号仁井田郡山線 仁池向
静御前通り(旧郡女通り) 針生高架橋

[7]

針生西
大槻
福島県道6号郡山湖南線 台新
新さくら通り アンダーパス
福島県道142号河内郡山線うねめ通り うねめ高架橋
国道49号郡山市街・いわき方面 国道49号新潟方面 亀田大橋 下亀田ランプ 228
逢瀬川 若戸橋
郡山インター線 日吉橋 天神林ランプ
JR磐越西線 富田跨線橋
福島県道296号荒井郡山線 オーバーパス
八山田方面 喜久田方面 オーバーパス
日和田方面 ショッピングモールフェスタ方面 オーバーパス
国道288号 郡山市街・三春・喜久田方面 - 山の井橋 - 234
国道4号 仙台方面

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ 2014年現在でもうねめ通りや新さくら通りなどでは「郡山バイパス」の名称で案内をする看板がある。
  2. ^ a b 国道4号郡山バイパスに並行する現道区間の移行について (PDF) - 2015年10月7日掲載 福島県。
  3. ^ 平成21年7月29日 郡山国道事務所 記者発表資料 [1]
  4. ^ 十貫内交差点〜郡山駅入口交差点間は福島県道17号郡山停車場線、郡山駅入口交差点〜若葉町交差点間は福島県道57号郡山大越線、若葉町交差点〜三春街道入口交差点間は福島県道296号荒井郡山線にそれぞれ降格。三春街道入口交差点〜日和田町間は国道288号に名称変更。
  5. ^ 事業名・福島4号 郡山バイパス
  6. ^ 郡山バイパスネーミング募集結果について
  7. ^ 針生高架橋
    • 全長-886m(福島県内の一般道路では最も長い)
    • 幅員-19.5m(両側4車線開通)
    • 上部工形式-6+6+5径間連続工箱桁橋
    • 下部工形式-橋台:逆T字橋台、橋脚:ラーメン式・壁式
    • 基礎工形式-場所打ち工

外部リンク[編集]