岩手川口バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道4号標識

岩手川口バイパス(いわてかわぐちバイパス)は、国道4号バイパス道路である。


概要[編集]

岩手町川口地区における混雑緩和を目的に建設され、1986年9月に開通した[1]IGRいわて銀河鉄道線をまたぐ川口跨線橋は列車の好撮影地であり、鉄道ファンが集まる場所である。

車道部分は全面コンクリート舗装、西側に3.5mの歩道がある。将来的に片側2車線化することを想定して建設されたが、現在のところは片側1車線で運用している。

かつては冬期(12月 - 3月)に限り、最高速度が50km/hに制限されていたが、現在は規制が解除され、1年を通じて法定の60km/h制限となっている。

路線データ[編集]

旧ルートは南半分が岩手県道157号岩手川口停車場線及び岩手県道158号藪川川口線に、北半分が町道にそれぞれ格下げされている。

出典[編集]

  1. ^ “強く美しい岩手 -事務所紹介(沿革)-”. 岩手河川国道事務所公式ページ (国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所). http://www.thr.mlit.go.jp/iwate/jimusho/torikumi/05_gaiyou/17.html 

関連項目[編集]