福島県道353号国見福島線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
福島県道353号標識

福島県道353号国見福島線(ふくしまけんどう353ごう くにみふくしません)は、福島県伊達郡国見町から福島市に至る一般県道である。

概要[編集]

起点の国見町小坂から桑折町谷地までは羽州街道、それ以南は奥州街道にほぼ合致しており、現在国道4号として供用されているルートが開通するまで桑折町以南のルートは国道に指定されていた。全線片側1車線で供用されており、小坂地区、伊達市(旧伊達町)、福島市瀬上町の市街地ではセンターラインのない狭隘な区間も存在する。

重用区間[編集]

沿革[編集]

接続路線[編集]

  • 国見町内
    • 宮城県道・福島県道46号白石国見線(小坂字カニ坂 小坂小学校前交差点 起点)
  • 桑折町内
    • 福島県道124号飯坂桑折線 国道4号方面(本町 旧伊達郡役所前)
    • 福島県道124号飯坂桑折線 飯坂温泉方面(新町 桑折寺前)
  • 伊達市内
  • 福島市内

道路施設[編集]

伊達市と福島市の境界をなしている。現在の橋が架かるまでは木橋が用いられていた。

その他[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道路現況(一般県道) - 福島県土木部
  2. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  3. ^ 幸橋1958-3-30 - 土木学会附属土木図書館
  4. ^ 文化遺産オンライン

関連項目[編集]