宮城県道25号岩沼蔵王線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
宮城県道25号標識
宮城県道25号岩沼蔵王線
陸上区間 31.9 km
起点 宮城県岩沼市相の原
終点 宮城県蔵王町向山
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

宮城県道25号岩沼蔵王線(みやぎけんどう25ごう いわぬまざおうせん)は宮城県岩沼市と同刈田郡蔵王町とを結ぶ県道主要地方道)である。

蔵王町円田付近

概要[編集]

岩沼市相の原(国道4号交点)から柴田、村田両町を経由し、東北自動車道村田IC付近を経て、蔵王町向山(国道4号交点)とを結ぶ主要地方道である。岩沼市内の一部は2車線の整備された道であるが、岩沼市大師温泉(仙台平野側)から村田町姥ヶ懐(村田盆地側)までの区間は、丘陵を越える道幅の狭い峠道である。

村田町の宮城県道31号交点から宮城県道・山形県道12号交点までの区間は、仙台方面からみやぎ蔵王遠刈田温泉方面へ向かう観光路線の顔を見せる。また、姥ヶ懐までの区間は東北道からスポーツランドSUGOへのアクセス道路でもある。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の復興予算を用い[1]、岩沼市志賀字新深田から村田町大字小泉字北姥ケ懐までの延長3.7 kmが「県道岩沼蔵王線改築工事(大師姥ケ懐道路)」として、第3種第2級の2車線(片側1車線)の道路を整備することになった[2]。これは上述の峠道を改良し、途中に「志賀姥ヶ懐トンネル」(延長1,285 m)を新設する工事であり[3]2012年度(平成24年度)より順次事業化され、2016年(平成28年)6月4日に着工式を執り行った[1]。なお、宮城県企業局が運営する「仙南仙塩広域水道用水供給事業」が、東日本大震災で送水停止に陥った県南沿岸部のバックアップのため、「志賀姥ヶ懐トンネル」を通る上水道の連絡管をあわせて整備することになっている[4][5]

路線データ[編集]

  • 総延長:31.9 km
  • 実延長:25.65 km
  • 起点:岩沼市相の原
  • 終点:蔵王町向山
  • 本線(google マップ

重複区間[編集]

  • 村田町末広町 - 村田町小池:宮城県道14号亘理大河原川崎線
  • 蔵王町永野農協前 - 蔵王町宮:宮城県道・山形県道12号白石上山線

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]