宮城県道・福島県道104号川前梁川線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
宮城県道104号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
福島県道104号標識

宮城県道・福島県道104号川前梁川線(みやぎけんどう・ふくしまけんどう104ごう かわまえやながわせん)は、伊具郡丸森町伊達市を結ぶ宮城県および福島県一般県道である。

兜橋の南(伊達市、2006年10月)

概要[編集]

宮城県側では阿武隈川の左岸に沿い、福島県に入ってすぐに兜橋を渡って右岸を通る。宮城県は県道路線認定しているが全区間で国道349号と重複するので[1]、104号の標識はない。かつては「兜の渡し」で阿武隈川を渡っていたが、1980年昭和55年)に兜橋ができると渡し場は廃止になった。兜橋から舟生交差点までが単独区間で、阿武隈急行線兜駅-富野駅間とほぼ並行している。

道路施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮城県土木部 (2015年3月20日). “平成26年度みやぎの道 (PDF)”. 宮城県管理道路現況調書(みやぎの道路). 宮城県. p. 66. 2015年6月23日閲覧。

関連項目[編集]