福島県道312号折戸笹谷線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
福島県道312号標識

福島県道312号折戸笹谷線(ふくしまけんどう312ごう おりとささやせん)は、福島県福島市を通る一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点 : 福島市大笹生字折戸
  • 終点 : 福島市南沢又字下番匠田
  • 総延長:4.804km
    • 実延長:4.779km[1]
  • 路線認定年月日:1959年8月31日[2]

福島市大笹生の福島西部広域農道付近を起点とし、南沢又の福島県道3号福島飯坂線に合流し終点となる路線である。起点から市道笹谷中野線交点にかけては、果樹園や水田が広がる農業地域を西進する。市道笹谷中野線と東北自動車道ガード北側で合流すると、終点にかけて笹谷・北沢又地区の住宅密集地を南進する。この区間は市道笹谷中野線含め旧万世大路に該当し、現在は信陵通りと呼ばれている。全線片側1車線で整備されているが、笹谷・北沢又地区市街地区間は比較的幅員が狭い。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続路線[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 道路現況(一般県道) - 福島県土木部
  2. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部

関連項目[編集]