福島県道36号小野富岡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
福島県道36号標識
福島県道36号 小野富岡線
主要地方道 小野富岡線
起点 田村郡小野町飯豊八幡【地図
主な
経由都市
田村市いわき市
双葉郡川内村
終点 双葉郡富岡町本岡【地図
接続する
主な道路
記法
国道349号標識 国道349号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道19号標識
福島県道19号船引大越小野線
国道399号標識 国道399号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道35号標識
福島県道35号いわき浪江線
国道6号標識 国道6号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

福島県道36号小野富岡線(ふくしまけんどう36ごう おのとみおかせん)は、福島県田村郡小野町から双葉郡富岡町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

田村郡小野町と双葉郡富岡町間を結ぶ主要地方道で、福島県東部の阿武隈高地を東西に横断する路線。福島県が策定した「ふくしま再生復興道路」のひとつである。

路線データ[編集]

歴史[編集]

福島第一原子力発電所事故に伴う通行止め[編集]

  • 2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故に伴う、原子力災害対策特別措置法の原子力災害対策本部長権限に基づく警戒区域設定により、4月1日より富岡町滝川トンネルから新夜ノ森まで、2011年4月22日からは川内村下川内から富岡町滝川トンネルの区間が通行止め。
  • 2012年4月1日 - 避難区域の再編により、川内村下川内から割山峠までの区間を通行止め解除。
  • 2013年3月25日 - 避難区域の再編により、割山峠から富岡町大菅までの区間を通行止め解除。
  • 2014年2月22日 - 富岡町大菅から国道6号交点までの区間を事前に申請を受けた許可車両のみ通行可能になる。
  • 2014年9月15日に残る区間の通行規制を解除し、全線で一般車両の通行が可能となる[4]。(歩行者、自転車、二輪車は通行禁止)

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

  • 割山トンネル(双葉郡川内村) - 1996年1月竣工。全長826m。[要出典]
    • 割山峠をバイパスするため、峠の手前で当時接続していた福島県道250号下川内竜田停車場線の山越え区間を線形改良し当県道に編入する形で割山峠の南側に開通した。以後、峠を抜けた後の地点で県道250号が分岐することになるが、木戸ダム建設に伴い県道250号のルートが変更され、当県道とは現在接続していない。
  • 鍋倉トンネル(双葉郡川内村) - 2016年6月24日開通。全長306.0m。[要出典]
    • 東日本大震災以降、復旧作業に当たる大型車の通行量の増加などにより、富岡川に沿う五枚沢地区の狭隘区間の安全性が問題となってきたことから五枚沢工区(第1工区…全長2,760m、第2工区…1,620m)の改良事業として建設され、当トンネルと新田吾沢橋(全長22.5m)、毛戸橋(全長41.5m)を含む540mが2016年6月24日に開通した。残る区間は平成30年代前半の事業完了を目指して作業が行われている。
  • 滝川トンネル - 2002年3月竣工。全長702m
  • くぬぎトンネル - 1995年3月竣工。全長97m。
  • けやきトンネル - 1991年2月竣工。全長114m。
  • 与市ヶ平トンネル - 1992年3月竣工。全長120m。
  • 大倉トンネル - 1998年2月竣工。全長359m。
  • 麗山トンネル - 1992年8月竣工。全長588m。
  • ちゅうかトンネル - 1996年7月竣工。全長131m。(以上双葉郡富岡町)[要出典]
    • 滝川ダム建設に伴う水没区間の道路付替工事として建設され、これら7つのトンネルや瀧海大橋、男滝橋、片倉大橋を含む滝川工区(全長4,865m)が2002年4月24日に開通した。
  • 吉間田大橋(小白井川、いわき市川前町下桶売) - 2015年3月24日開通。全長213.0m。[要出典]
    • 荻地区の急勾配急カーブの狭隘区間を解消するために吉間田工区(全長2km)が事業化され、当橋梁や上吉間田橋を含む全長1.2 kmの区間が2015年3月24日に開通した。またこれにより福島県道287号上川内川前線との交差点の線形も改良された。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

福島県道36号小野富岡線
いわき市川前町下桶売(2015年4月)
田村郡小野町
田村市
いわき市
双葉郡川内村
  • 国道399号(双葉郡川内村上川内)
  • 国道399号(双葉郡川内村下川内)
双葉郡富岡町

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ 県道小野富岡線「吉間田工区」の開通式を開催します。 (PDF)” (プレスリリース), 福島県土木部道路整備課, (2015年3月13日) 
  4. ^ “【6号国道一般通行可能へ】浜の動脈復活期待 物流、観光に効果 避難者、帰還へ希望の道。”. 福島民報. (2013年9月13日). http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/09/post_10676.html 2013年9月14日閲覧。 

関連項目[編集]