福島県道308号山口渡利線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
福島県道308号標識

福島県道308号山口渡利線(ふくしまけんどう308ごう やまぐちわたりせん)は、福島県福島市を通る一般県道である。

概要[編集]

  • 起点 : 福島市山口字砥石
  • 終点 : 福島市舟場町
  • 総延長 : 6.074km[1]
    • 実延長:総延長に同じ
  • 路線認定年月日:1959年8月31日[2]

起点の市内山口から山間部を抜け、渡利地区の住宅地を抜け阿武隈川を渡り市内中心部の舟場町へ至る路線である。全体的に整備が行き届いている路線とは言いがたく、起点から渡利地区の茶屋沼付近までは山間部を曲がりくねる狭隘路線、渡利地区から終点にかけては住宅地を縫うように抜ける狭隘路線となっている。もともとは相馬市ヘ抜ける中村街道であり、松齢橋を鉄橋化するために大正時代に県道指定された路線が当路線の前身である。

通過する自治体[編集]

接続・交差する道路[編集]

主な橋梁[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 道路現況(一般県道) - 福島県土木部
  2. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部

関連項目[編集]