宮城県道218号大島浪板線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
宮城県道218号標識
宮城県道218号大島浪板線
実延長 5,125.3 m
起点 気仙沼市大島外浜
終点 気仙沼市浪板
接続する
主な道路
記法
宮城県道26号気仙沼唐桑線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

宮城県道218号大島浪板線(みやぎけんどう218ごう おおしまなみいたせん)は、気仙沼市を通る宮城県一般県道である。

概要[編集]

気仙沼市の離島大島と気仙沼市東部を結ぶ路線である。気仙沼大島大橋(愛称:鶴亀大橋)の架橋工事が進められ、2019年平成31年)4月7日に開通予定である[1]

路線データ[編集]

気仙沼大島大橋[編集]

気仙沼大島大橋
(鶴亀大橋)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 気仙沼市
交差物件 大島瀬戸
用途 道路橋、電気・水道
路線名 宮城県道218号大島浪板線
設計者 大日本コンサルタント[3]
施工者 JFE・橋本店・東日本建設工事共同体企業
着工 2013年9月5日
竣工 2017年3月21日
開通 2019年4月7日予定
座標 北緯38度52分43.2秒 東経141度36分22.3秒 / 北緯38.878667度 東経141.606194度 / 38.878667; 141.606194座標: 北緯38度52分43.2秒 東経141度36分22.3秒 / 北緯38.878667度 東経141.606194度 / 38.878667; 141.606194
構造諸元
形式 鋼中路橋アーチ橋
全長 356.000 m
9.5 m
桁下高 32 m以上
最大支間長 297 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

気仙沼大島大橋(けせんぬまおおしまおおはし)は、宮城県が「復興のシンボル」として整備を進めている、本土と大島とを結ぶ道路橋である[4]。2019年(平成31年)4月7日開通予定[1][4]。愛称は鶴亀大橋。大島架橋事業の全事業費は約270億円(気仙沼大島大橋単体では約60億円)である[5]。支間長は297 mで、東日本では最長となる[6]

2011年(平成23年)10月20日に宮城県庁で開催された第1回県道大島浪板線大島架橋設計検討委員会で橋梁形式が中路アーチ橋にすることが決定された[7]2012年(平成24年)4月に用地買収が始まり[8]2013年(平成25年)1月23日に大島架橋事業起工式が[9]2014年(平成26年)11月15日に大橋架橋本体工事の起工式が行われた[10]。また、本体工事起工式では施設の名称と愛称名が発表された[10]

  • 一般県道大島浪板線 - 愛称:気仙沼大島龍宮海道(けせんぬま おおしま りゅうぐうかいどう)
  • 大島架橋 - 気仙沼大島大橋(けせんぬま おおしま おおはし)、愛称:鶴亀大橋(つるかめ おおはし)
  • 二ノ浜1号トンネル - 浦島1号トンネル
  • 二ノ浜2号トンネル - 浦島2号トンネル
  • 磯草3号トンネル - 乙姫1号トンネル
  • 磯草4号トンネル - 乙姫2号トンネル
  • 磯草5号トンネル - 乙姫3号トンネル

2017年(平成29年)3月29日12時30分、気仙沼大島大橋の架設が完了[11]、10月17日に本体工事が終了した[12]。2019年(平成31年)1月4日、宮城県から2019年4月7日(日曜日)15時に供用開始することが発表された[5]

橋の開通に合わせ、大島汽船が気仙沼港と大島の間を運航する大島航路は廃止される[13][14]

沿革[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 気仙沼大島大橋の開通について”. 宮城県 (2019年1月4日). 2019年1月5日閲覧。
  2. ^ 平成28年 みやぎの道路 (PDF)”. 宮城県土木部. p. 41. 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ 気仙沼大島大橋”. 大日本コンサルタント. 2019年1月12日閲覧。
  4. ^ a b 大島かけはし 第43号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2019年1月7日). 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ a b 気仙沼大島大橋の供用開始について (PDF)”. 宮城県 (2019年1月4日). 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ “<回顧17みやぎ>(14完)気仙沼大島大橋/祝賀機運 行政水差す”. 河北新報. (2017年12月29日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171229_13021.html 2019年1月12日閲覧。 
  7. ^ 大島かけはし 第21号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2011年11月4日). 2019年1月12日閲覧。
  8. ^ 大島かけはし 第24号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2012年6月1日). 2019年1月12日閲覧。
  9. ^ 大島かけはし 第26号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2013年1月29日). 2019年1月12日閲覧。
  10. ^ a b 大島かけはし 第32号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2014年11月28日). 2019年1月12日閲覧。
  11. ^ 大島かけはし 第40号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2017年3月31日). 2019年1月12日閲覧。
  12. ^ 大島かけはし 第41号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2017年12月4日). 2019年1月12日閲覧。
  13. ^ “<気仙沼大島大橋>4月7日開通、島民に期待と寂しさと 船での帰省は今年で最後に”. 河北新報. (2019年1月1日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190101_13021.html 2019年1月12日閲覧。 
  14. ^ “離島復興支えた大島旅客航路18年度に廃止”. 河北新報. (2015年7月23日). オリジナル2015年7月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150729051930/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150723_13025.html 2016年11月28日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f “<気仙沼大島大橋>開通日発表に住民歓喜「夢が現実に」”. 河北新報. (2019年1月5日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190105_13024.html 2019年1月12日閲覧。 
  16. ^ 東日本大震災の被害状況” (日本語). 平成24年版 防災白書. 内閣府. 2017年9月14日閲覧。
  17. ^ 大島かけはし 第42号 (PDF)”. 宮城県、気仙沼市 (2018年8月31日). 2019年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]