宮城県道20号仙台空港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
宮城県道20号標識
宮城県道20号仙台空港線
陸上区間 5.2 km
起点 宮城県名取市(仙台空港)
主な
経由都市
岩沼市
終点 宮城県名取市植松
接続する
主な道路
記法
仙台東部道路
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

宮城県道20号仙台空港線(みやぎけんどう20ごう せんだいくうこうせん)は宮城県名取市仙台空港から国道4号に至る主要地方道である。

概要[編集]

仙台空港から途中宮城県道10号塩釜亘理線仙台東部道路仙台空港ICが接続し、国道4号の交差点の手前で仙台館腰線が分岐する。

1990年代から大規模な改良工事が行われ、全線片側2車線の道路に改良された。

以前は東北本線館腰駅前から塩釜亘理線との交差点まで片側一車線の旧道があり、現在も途中まで通行可能である。 仙台館腰線は立体交差で国道4号を越えるため、延長の際この旧道の一部を改良し接続する道路に転用されている。

路線データ[編集]

  • 起点:名取市(仙台空港)
  • 終点:名取市植松(国道4号交差点)
  • 路線延長:5.2km(実延長)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

関連項目[編集]