奇跡の一本松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奇跡の一本松
Collapsed Rikuzentakata Youth Hostel and a Pine Tree of Hope.jpg
保存作業前、2011年5月21日
奇跡の一本松の位置(岩手県内)
奇跡の一本松
岩手県内の位置
座標 北緯39度0分12秒東経141度37分31秒
所在地 岩手県陸前高田市気仙町字砂盛176-6
種類 震災遺構
資材 マツ)、繊維強化プラスチックステンレス鋼合成樹脂など
約15 m
高さ 約27 m
建設開始 2012年9月12日[1]
完成 2013年6月30日[2]
開場 2013年7月3日
献納 東日本大震災

奇跡の一本松(きせきのいっぽんまつ)は、岩手県陸前高田市気仙町の高田松原跡地に立つの木のモニュメントである。

太平洋につながる広田湾に面した高田松原(以下「松原」と略記)は、350年にわたって植林されてきた約7万本の松の木が茂り[3]、陸中海岸国立公園(現三陸復興国立公園)や日本百景にも指定されていた景勝地であったが、2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波の直撃を受け、ほとんどの松の木がなぎ倒されて壊滅した。しかし、松原の西端近くに立っていた一本の木が津波に耐えて、立ったままの状態で残ったことから、この地震と津波(東日本大震災、以下「震災」と略記)が陸前高田市のみならず広く東日本の太平洋沿岸地域一帯に甚大な被害をもたらした中にあって、この木は震災からの復興への希望を象徴するものとしてとらえられるようになり[4]、「奇跡の一本松」や「希望の松」などと呼ばれるようになった。

震災後、この木を保護する活動が続けられたものの、根が腐り枯死と判断された。その後に震災からの復興を象徴するモニュメントとして残すことになり、幹を防腐処理し心棒を入れて補強したり枝葉を複製したものに付け替えたりするなどの保存作業を経て、元の場所に再び立てられている。この作業には多額の費用が投じられたこともあって、保存の是非を巡っては賛否両論が巻き起こった。

以下、本項目ではこの木を「一本松」と略記する。

一本松の概要[編集]

津波で全壊した陸前高田ユースホステルの建物

松原の西に位置する陸前高田ユースホステルの敷地内に立っており[5]日本ユースホステル協会が所有者である[6]

アカマツクロマツの交雑種(アイマツ[7]で、高さは約27.7メートル、胸高直径は87センチメートル[8]。1985年の調査によれば、松原の松のうち老齢の木がもっとも多い区画(樹齢200年程度)における樹高が約25メートル、平均胸高直径が約70 - 80センチメートル[9]であり、これらに比べても一本松はとりわけ大ぶりな個体である。

一本松の付近では江戸時代中期に松が植栽されていたこと、またその中でも一本松は特に背が高かったことから、地元では樹齢270年前後であると言われていた[10]が、木材組織学を専門とする京都大学名誉教授の伊東隆夫が鑑定したところ、1839年(天保10年)に芽吹き、2012年5月に枯死していたことが分かり、樹齢は173年と判明した[11]。地元での説と実際の鑑定結果との間に大きな差が出た理由について、伊東は「年輪を見ると成長が著しかった時期がある。大木であるため、200年以上だと思われていたのも無理はない」と話している[12]

東日本大震災による被災[編集]

2011年3月11日の14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震は大規模な津波を引き起こし、東日本の太平洋沿岸部を襲った。津波の第1波は松原付近に15時23分 - 24分頃に到達[13]し、最大17メートルの高さ[14]をもって松原の木をほぼ全てなぎ倒した。一本松から40メートルほどの場所[15]にあった陸前高田ユースホステルも全壊した[5]。一本松も10メートル程度の高さまで波をかぶった[16]が、倒れずに津波に耐え、枝も幹も無事な状態で残った[4]

津波は松原のみならず、陸前高田の市域に壊滅的な被害をもたらしたが、松原が津波に飲み込まれるのを目撃していた市職員のひとりは、その中で一本松が生き残ったことを「奇跡」だと表現した[17]。災害救援活動を行う陸上自衛隊が陸前高田市に到着し、市内の復興作戦にどんな名前を付けるかを市長の戸羽太に尋ねたところ、戸羽は「高田松原の希望」と答えた[18]。やがて一本松は、被災した住民たちの間で「奇跡の一本松」[19]あるいは「希望の松」[20]と呼ばれるようになっていった。

陸前高田市で津波の後も立ち続ける別の松(2012年8月)

松原の7万本の木の中で一本松だけがほぼ唯一生き残った理由は、一本松と海との間にユースホステルが建っていたため、建物が防波堤となって津波の直撃を防いだ形となった[5]こと、押し寄せた津波が引いていく際、一本松から見て陸側にある高架道路(国道45号高田バイパス)が堤防の役目を果たし引き潮の衝撃を弱めた[18]こと、一本松自体が他の松に比べて背が高く、さらに過去の津波でもぎ取られていて波の高さに枝がなかったため、流されてきた瓦礫が引っかかることなくすり抜けていった[15]こと、加えて幹も他の松より太かった[21]ことなどが作用したためと推測されている。なお、震災前から松原を見守ってきた地元市民団体「高田松原を守る会」によれば、松原では津波で倒れずに生き延びた木が一本松以外にも存在し、さらに倒れた松の中にも震災後しばらく生きていたものが数本あった[22]ため、厳密には一本松だけがたった1本生き残ったというわけではない。

震災を生き延びた一本松だったが、その後の生育は当初から厳しい状況にあった。震災の当日は10時間以上も水没していた[20]上、津波により海水や油、化学物質が根元の土壌に染み込んでおり[23]、幹にも漂流物による傷が付いていた。また地震のため周囲の地盤が80センチメートル程度沈下し、根が海水に浸るようになった[24]

この状況に対し、日本造園建設業協会(日造協)の岩手県支部を中心に造園業者など57名が集まり、プロジェクトチームを組織して一本松の保護に当たることになった。プロジェクトチームは、一本松の状態を調べて適切な処置方法を提案する「調査チーム」、実際の保護活動を行う「作業チーム」、後継樹の育成にあたる「後継樹育成チーム」の3チームが結成された[20]。日造協岩手支部は、4月15日に一本松保護対策作業の許可申請をし、4月18日付けで陸前高田市長から許可された[25]

2011年5月の時点で、一本松付近の土壌の塩分濃度は松が生存できる基準の3倍であった[18]。5月中旬より葉の変色が始まり、同年6月にはほとんどの葉が赤茶色になって、枯死の可能性が高まっていた[26]。これを防ぐため、6月10日に地元の造園業者ら有志が一本松の周囲に鉄板を深さ5メートルまで打ち込む工事を行った[26]。鉄板で根を囲って海水の流入を防いだうえで、真水を注入しつつポンプにより塩水を吸い上げて土壌の塩分濃度を下げる試みであった[18][26]。また、傷付いた幹は抗生物質入りのペーストを塗布の上、と緑色のプラスチックで保護された[18][27]。 これらの努力の結果、7月には新芽が伸び、緑葉の伸長と球果(松かさ)の形成も見られたが、完全な回復までには至らなかった。周囲の松の流失により孤立木となっていたため、夏期には高温や乾燥にさらされ、ゾウムシ類による食害も健康悪化にさらに追い打ちをかけた。10月にはあらゆる根が腐った状態であることが確認され、ポンプの使用も終了した。一本松の保護に関わってきた日本緑化センターは一本松の蘇生は絶望的と判断し、12月13日、維持に向けた活動を終了すると発表[24]、「高田松原を守る会」も保護を断念した[21]

枯死の原因については、枝葉の成分を分析したところ、塩分による影響は少ないと推測されたため、塩分によってではなく長時間水没していたことで根が腐ったことが原因とする見解もある[20]

保存プロジェクト[編集]

枯死後の一本松(2012年5月)

一本松を生きた状態で保存することが断念された後も、一本松はそのままの状態で現地に立ち続け、見学に訪れる人も絶えることはなかった。一方で、枯死状態にある一本松は倒壊の恐れがあり、台風や雷の被害を受けることが懸念されていた[28]。日本緑化センターは、2012年2月に防腐剤を塗布するなどの方法で保存することを市に提案していたが、5月28日に一本松を再調査した結果、早急な防虫・防腐対策の必要があることを改めて報告した。市では防腐処理を行って一時的に保存することを同センターに伝える[29]一方、最終的な保存の方法について検討を重ねた。その結果、市の方針として、一本松をできるだけ現状に近い形で現場に自立させることになった[28]

市では具体的な保存方法について2つの業者からの提案を受けた。1社の案は幹を分割して防腐処理を行い、中心部に芯を入れて立て直すというもの、もう1社の案は基本的に防腐処理のみで[30]枯れたままの状態で残すという内容であった[31]。市はこの2案を検討し、作業やそれに伴う費用、完成後の姿などを総合的に比較した[28]結果、現状を残し希望を表現するのにふさわしく、費用も3,000万円ほど安いとの理由[31]で、乃村工藝社による前者の案を採用することを決定した。

市は採用することになった提案の内容を7月20日に公表した[28]。主な内容は以下の通り。

  • 幹を5分割し、中心部をくり抜いた上で内側と外側から防腐処理し、金属製の心棒を通して元の場所に再設置する
  • 枝葉部分は現物を保存することが難しいため複製を作る
  • 根の部分は切除して別に保存することを計画する
  • 雷対策として避雷針を設置する

幹と枝葉部分の処理については、専門的な作業であり、実施できる業者が岩手県内にないため、県外の業者に委託することになった。作業は多数の訪問者が見込まれるお盆の時期を避けて8月下旬から開始、震災から2年となる2013年3月11日までの完了を目指すものとした。作業完了後最低でも10年程度は保存に耐える[32]が、年1回、高所作業車で目視による確認を行い、劣化や損傷した箇所があれば工場で補強するなどのメンテナンスを実施する方針も示された。

一本松ほどの大きさの木を保存するのは世界でも例がなく、複雑な構造計算が必要になるなど困難な工事になるため、一般競争入札ではなく乃村工藝社との随意契約となった[33]。なお、これに対して地元市民団体の気仙オンブズマンは「随意契約としたことは違法の可能性がある」と指摘し、2014年11月20日と2015年1月9日の二度にわたり陸前高田市に対して住民監査請求を行った[34]が、陸前高田市は「違法な支出行為の事実はない」との理由でいずれの請求も却下した[35][36]。気仙オンブズマンはその後2015年1月29日、「理由なく競争入札に付さずに随意契約としたのは違法である」として、陸前高田市を相手取り作業委託費用1億5890万円の返還を求めて盛岡地方裁判所に提訴した[37]。気仙オンブズマンによれば、同団体が陸前高田市への情報公開請求で得た資料をもとに乃村工藝社とは別の企業に見積もりを依頼したところ、実際の事業費のおよそ半額の費用であったという[34]

作業の進捗[編集]

一本松保存作業の主要工程一覧
作業内容 作業者 作業場所
施工 株式会社乃村工藝社 岩手県陸前高田市ほか
構造設計 一般財団法人航空宇宙技術振興財団 仙台市青葉区ほか
幹部分 中心部くり抜き 株式会社ヤトミ製材 愛知県弥富市
防腐処理 株式会社吉田生物研究所 滋賀県大津市
心棒製作 株式会社信濃工業 長野県宮田村
心棒接合 株式会社カドコーポレーション 兵庫県たつの市
枝葉部分 型取り・複製 有限会社パウ 神奈川県相模原市南区
株式会社三協製作所 千葉県袖ケ浦市
保存作業完了後の一本松(2015年4月)
ライトアップの様子(2015年3月)

「奇跡の一本松保存プロジェクト」と題された保存作業は、施工が乃村工藝社に発注され[38]、個別の作業は11都府県の研究所・町工場が分担して作業を担当した[39]。また、構造設計は航空宇宙技術振興財団の検討結果による報告書をもとに行われた[40]。当初の工期は2012年9月12日から2013年2月末と発表されていた[1]が、枝葉部分の再現精度が低いことを指摘された(後述)ことを受け、2013年6月末まで延長されている[2]

9月12日・13日に一本松の伐採と搬出が行われた[38]。最初に枝が切り離され、次いで幹の部分が根元から3等分に切断された[41]。幹は9月15日に愛知県弥富市の製材所「ヤトミ製材」にトラックで運び込まれ、強度計算や専用の穴開け機械(ヤトミ製材が一本松のために新たに開発したチェーンソー式の機械で、実用新案登録されている[41])製作などの行程を経て、心棒を通すために中心部をくり抜かれた。この作業は11月8日まで実施され[42]、その後京都市の研究所「吉田生物研究所」が滋賀県大津市に持つ工場での防腐処理に回されて[43]アルコールに漬けて水分を抜き、腐食やカビに強い樹脂に置き換える作業が行われた[44]。また、くり抜かれた部分は約1,800キログラム分のチップとなって保管されることになった[45]

炭素繊維強化プラスチック製の心棒[46]長野県宮田村の「信濃工業」で製作され[47]兵庫県たつの市揖保町の先端複合材加工開発会社「カドコーポレーション」で幹本体と接合された[46]

枝葉の部分は神奈川県相模原市の造形制作会社「パウ」と炭素繊維加工会社「三協製作所」の千葉県袖ケ浦市にある事業所が型取りし、複製を製作した[44][48]。樹皮はガラス繊維強化プラスチック、葉は合成樹脂を使用して再現している[49]。枝の内側部分は強風や雪などを想定し、ステンレスと炭素繊維で製作しての6倍の強度を確保した[44]。なお、枝葉部分の製作にあたっては、2012年10月に東北大学流体科学研究所において、枝葉部の40分の1の模型を用いて行われた風洞実験により抗力係数 CD の価が 0.95 と算出され、このデータが耐風圧力の構造設計に活かされている[50]

現地に残った根も12月3日から引き抜き作業が開始された。根は深さ約1.6メートル、幅は約13メートルに達しており、70以上の箇所で枝根を切り取った上で縦2.5メートル・横5メートル・高さ1.8メートルのサイズに切断した主根を12月6日に掘り出した[51]。重さは約3トンに達する[52]

根を掘り出した跡には2013年2月12日にコンクリート製の基礎と根元部分が設置された。地表から5メートルの高さまでの根元部分を、深さ3メートルの基礎部分で支える構造である。この上に13.5メートルの幹部分を載せる作業が3月2日に[39]、さらにその上に高さ7.7メートル・直径約15メートルの枝葉部分[49]を設置する作業が3月6日に行われた[39]。本来であればこの後、3月10日までに足場の解体が完了し、3月22日に完成式典が開かれる予定であった[53]

ところが、3月7日の午後、枝葉が取り付けられた姿を見た地元住民から「以前の形と違うのではないか」という指摘が市に出された。3月8日に市職員が現地を確認し、作業前の写真と見比べた結果、枝葉の中心部分が傾いていることが判明し、作業をやり直すことになった[53]。乃村工藝社によれば、枝葉部分は320のパーツでできており、これらをつなぎ合わせる段階で誤差が発生したことが原因である[54]。作業やり直しに伴う費用は乃村工藝社の負担となった[55]

枝葉と幹の接合部の継ぎ手を作り直した後、5月27日に枝葉の根元を切断して取り外す作業が行われた。地上で枝葉部分を組み直した上で6月3日に幹に再設置し、測量して設計図とずれがないことを確認した[56]。6月8日に工事用の足場が撤去され[57]、保存工事が完了した。

7月3日に保存事業完成式が現地で開かれた。また同日より、日没から21時までのライトアップも開始された[58]。ライトアップは岩手県電気工事業工業組合青年部とパナソニックの支援により実施される[59]もので、LEDなどを使用した9灯の照明が使われており、幹の下部は追悼の意を示す電球色、枝葉の部分は希望を表す白色で照らされる[60]。一本松の傍らには献花台も用意されている[61]

掘り出されていた根の部分は、岩手県内の材木会社で一時保管された後、9月14日に岩手県滝沢村(現滝沢市)で開催されたイベントで初めて公開された。それ以降は再び陸前高田市外で保管されていたが、長期的な保存のために882万円の費用をかけて防腐などの作業が2014年1月より行われることになった。作業完了後は市内で保存される予定[62]。陸前高田市では、切り分けられている根をつなぎ合わせ、今後建設予定の震災の記念館で展示することを検討している[52]

また、枝葉の複製を作る際に伐採された枝からは、全日本印章業協会青年部連絡協議会の発案によって陸前高田市の市長印が作られた。松材は木目が粗く軟らかいため本来は印章には不向きだが、木の組織にプラスチックを注入して硬化させる技術(WPC加工技術)を用いて大建工業が製作[63] 。審査で選ばれた印章彫刻技能士によって篆書体で「岩手県陸前高田市長之印」と刻まれた印が市に贈呈された[64]

保存募金[編集]

プロジェクトの実施に当たっては、保存作業に1億5000万円、完成後の維持管理に年間20万円の費用がかかると試算された[31]。多額の税金を投じることができないと判断した市は、募金によってこれを賄うことを決めた[33]。募金は保存方法の発表に先立つ2012年7月5日から「奇跡の一本松保存募金」として始まっており、銀行振込のほか、陸前高田市のFacebookページ経由でのクレジットカード決済や現金書留による方法で受け付けられた[65]。寄せられた募金は基金として積み立てられ、その運用益も基金に編入されると定められた[66]

募金が集まるまでの当面の費用については、震災からの復旧・復興のため陸前高田市に寄せられた義捐金などにより設立され、4億円余りが積み立てられている[33]「東日本大震災絆基金」[67]から借り入れ[28][68]、最終的に集まった募金から返済することとなった。

募金の総額は2013年3月までに1億円を超え[69]、同年6月27日には目標の1億5000万円を突破した[59]。陸前高田市は2014年3月末をもって募金の呼びかけを終了し、残金は一本松の維持管理や周辺の整備に充てることを発表したが、一本松関連商品の売り上げや、企業・団体からの寄付については引き続き受け付けを行っている[65]

保存の功罪[編集]

一本松の保存を決めたことについて、市長の戸羽は、震災遺構を残すべきという声が市に寄せられた一方で、逆に犠牲者の遺族からは旧市役所などの被災した建物を撤去するよう要望されたことを挙げ「建物を残しても希望は持てないが、一本松は復興や希望の象徴となる。世界中から応援をもらっているので残す責任がある」とその意義を述べた[31]

これに対し、地元の陸前高田市では、市民はおおむね保存を歓迎した[32]一方、保存が決まった当時は市内の瓦礫処理すら進んでいない状況だったにもかかわらず、被災者への支援や復興事業の推進よりも一本松の保存が優先されることに不満を持つ住民もいた[68][70]。またインターネット上でも、町興しのために観光のシンボルは必要であると賛同する声はあったものの、1億5000万円という保存費用が「高すぎる」という感想が出たり、一本松の後継樹を育てる試み(後述)で十分であるとか、保存ではなく石碑やレリーフで代用すればよいなどといった意見も見られた[33]ほか、枯死した木を大金をかけてまであえて復元すること自体に反対したり[71]、単なる木として立っていたに過ぎない一本松を枯死した後も利用し続けることを批判する発言もあった[72]。また、募金が集まるまでの間の費用を市の基金から借り入れたことについて、本来復興のために寄せられた寄付金を(一時的な借り入れとはいえ)流用することへの疑問も上がった[73]

これら一本松保存への反対意見に対し、副市長の久保田崇は、市内随一の観光地であった松原が消滅するなど震災によって人的・経済的資源の多くが失われた中、抜群の知名度を持つ一本松を活用しない手はないとした上で、一本松への集客によって10年間で5億円の経済効果があると試算し、これは保存費用の1億5000万円をはるかに上回ると説明した[74]。久保田はまた、地権者との交渉が難航していて高台への移転が進んでいないため、住宅再建に予算を使わないというわけではなく予算を使うことができる段階に至っていない状況であることや、1億5000万円を被災者の支援に使うとしても、市内の全壊戸数3,159で単純に分配すれば1戸あたり4万7000円程度にしかならず、住宅再建に充てるには不十分であることなどを挙げ、津波の脅威を後世に伝えるモニュメントへの投資と生活再建に向けた取り組みを同時並行で進めていくことが必要であるとも述べた[75]

岩手大学准教授の五味壮平は、一本松によって一定の集客・経済効果が見込まれることは認めつつも、一本松が震災に立ち向かう象徴となってしまったがために、市外から訪れる人は一本松だけを見て陸前高田の街には関心を持たないと指摘し、復興に向かう街を訪問者に見てほしいと望む被災者との間にギャップが生まれていると論じた[76]

保存作業完了後の一本松を訪れた人に対して国土交通省が2013年10月10日から同13日にかけて行ったアンケートによれば、有効票629票のうち、一本松を見た際の印象として挙げられたのは「大きな津波に流されず、よく残ったものだと感心した」が34パーセント、「追悼・鎮魂の気持ちになった」が23パーセント、「被災状況を思い出した」が22パーセントなどとなっている一方で、陸前高田市を訪れた目的として「一本松を見ること」を挙げた割合は25パーセントにとどまるという結果になっている[77]

一方、共同通信社が2017年1月に配信した記事では、震災で自宅を失い5年間仮設住宅で暮らした市民の話として、「一本松を復元する話を聞いた当時は生活が苦しく、大金をかけて保存することには反対だったが、一本松は人を呼び込めるし津波の恐ろしさも伝えられる。今では残してよかったと思っている」と伝えている[78]

後継樹の育成[編集]

一本松自体の保存とは別に、一本松から採取した種子や枝の接ぎ木によって後継樹を育てる試みも進められている。

震災直後、日造協岩手県支部が中心となって結成されたプロジェクトチーム(前述)のうち、「後継樹育成チーム」に住友林業が参加し、一本松の後継となる木の育成と一本松樹体の化学分析を日造協から依頼された[20]。これを受け、住友林業は同社の筑波研究所において一本松の種子・接ぎ木をもとに後継樹の育成を開始した。住友林業は、育成している苗を将来は陸前高田市に戻すことを目標とし[79]、また育成した後継樹を最終的には松原の再生に活かすことを考えている[80]

種子[編集]

住友林業は2011年4月に一本松の枝を採取、集めた松かさから種25個を得た[80]。このうち3個を試験的に播いたものの発芽は見られず、冬眠状態から起きていないと考えられたことから、冬越しの状況を作るため4 の低温処理を6か月間施した[81]。9月に5粒をシャーレに播いて人工気象室で育成した結果、2週間後に発根と発芽が確認された。残った17個も播いたところ、うち13個が発芽し[20]、合計で18本の苗が育った[82]

しかし、18本のうち3本はしばらく順調に生育していた[83]が、その後、根の生長が急に止まり、数週間後に芽の生長も止まって枯死と判断された。原因は、震災直後の4月に松かさから取り出した種を6か月間低温で成熟させたのちに播いたことから、本来秋に種が飛散し春に播かれる自然のサイクルと正反対になったため、加えて長期間人工気象室で育成したために室内に移した際に周囲の環境に耐えられなかったためと分析されている[79]。また、そもそも種自体、松の種が飛散する時期である秋を過ぎても残っていた松かさから採取されたもので、未成熟な状態であったことから、当初から全ての苗が順調に育つのは困難と予想されていた[79]

一本松が保存のため2012年9月に一旦伐採された際には、枝に残っていた松かさ約1,000個を採取し、75個の種を取り出した[83]。 ただし、これらの種は震災直後に採取されたものと同様、本来の飛散時期を過ぎても一本松から落ちないままになっていたものであり、最も古いもので震災前の2010年秋から残っていた可能性や、発育不足、冬眠状態から起きていないことなどが想定された。また潮風に長期間晒されていたことから、状態が悪くなっている種も多く含まれていた[79]。冷蔵庫で低温保存したのち、2013年4月頃より約70個を播いた結果、9本が発芽し、2013年6月時点で約3センチメートルに生長した。そのうちさらに5本が、2017年3月時点で1メートルを超える大きさまで育っている[84]

接ぎ木[編集]

一本松の遺伝子そのものを残すため[20]クローニングによる増殖も試みられ、接ぎ木・挿し木組織培養の3手法が用いられた[85]結果、アカマツなどの幹に接ぎ木して育てた枝から3本の苗が得られた。挿し木と組織培養については、発芽には至ったものの、その後生育途中で枯れた[20]。もっとも当時、挿し木による松の増殖は老齢木では不安定であり、確実に成功する手法は開発されておらず、組織培養の場合は成功例そのものが存在していなかった[20]

接ぎ木から育てられた苗は、2012年12月の時点で高さ約50センチメートルほど[83]、2013年6月には同じく80センチメートルほど[79]、2017年3月には同じく3メートルほどに生長した[84]

また、住友林業による接ぎ木とは別に、震災から2か月後に一本松付近で見つかった2本の小枝から育った苗木も存在する。この小枝は高さ20メートルのあたりで一本松から折れたとみられ、「高田松原を守る会」の副理事長で造園業を営む男性がこの2本の小枝から芽を採取し、クロマツの台木に接ぎ木した。これにより2本の苗木が育ち、うち1本は2016年3月に出雲大社に奉納され、参道脇に植樹された[86]

関連メディア・商品など[編集]

一本松をテーマにした書籍・楽曲がいくつか発表されており、一本松のイラストや写真をあしらった土産物なども多数発売されている[87]。また、一本松ほか松原の倒木を材料とした商品も作られている[88]

書籍[編集]

岩手県出身のなかだが描いた絵本。売り上げの一部は松原の保全に使われる[89]
一本松の一人称視点で書かれた詩集。1冊につき100円が陸前高田市に送られる[90]
津波を生き延びた一本松を守ろうとする専門家や著名人・ボランティアなどの人々を取り上げたノンフィクション[91]
一本松を「松にゃん」という名で擬人化したアニメ絵本[92]

楽曲[編集]

陸前高田市出身の編集者から一本松の話を聞いて感動したやなせが作詞作曲し、歌詞を印刷したハンカチとともに自費でCDを制作した[93]著作権は陸前高田市に寄贈され[94]、売り上げも全額寄付される[19]
  • サスケ「生きてりゃいいこときっとある~高田の一本松~」2011年9月12日発売
震災時に岩手県一関市で公演中だったサスケが、震災の津波で肉親を亡くした作詞家藤公之介の詞に曲をつけた。7万本の中で1本だけ残った悲哀と、いつか元の松原に戻りたいという夢を歌った内容である[95]
陸前高田市出身である千が故郷への愛情や生きる希望を歌った曲[96]。当初は2012年1月11日発売の予定であったが、レコーディングの模様を公開したところ大きな反響が寄せられ、発売が繰り上げられた[97]。この曲の歌碑が2016年6月に茨城県石材業協同組合連合会から陸前高田市に寄贈され、道の駅高田松原跡に仮設置されている。今後、一本松周辺に整備される高田松原津波復興祈念公園内に本設される予定[98]
  • 白井貴子「陸前高田 松の花音頭」2012年7月15日発売
白井が2011年7月に陸前高田市を訪れた際、被災して仮設住宅に暮らす住民の「元気になれる歌がほしい」という声を聞き、一本松と春に咲く花のイメージをもとに作曲した盆踊りの歌[99]。盆踊りの歌にしたのは、震災犠牲者への鎮魂の意味と、住民同士の交流につなげてほしいという思いが込められている。CD発売前の2011年8月に陸前高田市内のイベントで初披露された。収益の一部は「奇跡の一本松保存基金」と「高田松原を守る会」に寄付される[100]

映画[編集]

上記の同名詩集を原作として製作・公開が予定されていたアニメーション映画。監督の山本は長らく原作者の新井のファンであったところ、新井が講演会で自ら原作を朗読するのを聞いて感銘を受け、映画化を申し入れた[101]。山本は美術監督を兼任、新井自身も脚本と音楽を担当し[102]、製作費についてはクラウドファンディングを活用して調達する予定であった[101]。2014年の公開を目指していたが、集まった製作費が目標の金額に届かず、中止となった[103]

記念貨幣・切手[編集]

元号が平成となって25年になるのを記念して造幣局が2013年11月7日に発行した貨幣セットでは、年銘板の裏面に一本松が描かれた[104]

また、財務省が2015年度(平成27年度)に第一次から第四次にわたって発行した東日本大震災復興事業記念貨幣の1万円金貨と1000円銀貨は、額面と発行時期によって片面(個別面)のデザインがそれぞれ異なるが、もう一方の面(共通面)にはいずれも「がんばろう日本」「平成○○年」の文字とともに一本松と鳩の意匠が施されている[105][106]

郵便事業東北支社は、一本松を題材にしたオリジナルフレーム切手セット「希望の一本松~奇跡から希望へ~」を2013年3月11日から発売した。一本松をメインに、震災前の松原の姿や陸前高田市内の祭りの様子などの写真を用いている[107]

一本松を原料とした商品など[編集]

筆記具ブランドのモンブランは、2015年に一本松の枝を素材に使った万年筆を数量限定で発売した。震災の年から売上を寄付するなどの形で被災地を支援してきたモンブランに対し、一本松の保存作業で複製と付け替えた枝の有効活用を考えていた陸前高田市側が依頼したものであった。価格は1本48万1000円で、売上の20%にあたる額が震災からの復興のために寄付される[108]

その他[編集]

陸前高田市は被災地からの情報発信および市の地域活性化を目的とし、一本松をデザインした公認ロゴマークを制定して2013年8月3日に発表した[109]。ロゴは緑地に白色で一本松のシルエットと「1PPON MATSU」の文字が入っており、一本松がデフォルメされたデザインのサブロゴも用意されている。使用には市への申請が必要だが、使用対象の制限はなく、無料で使用できる[110]

陸前高田市のマスコットキャラクター「たかたのゆめちゃん」は、一本松の上に住んでいるという設定であり、2013年1月4日に交付された特別住民票では住所として「希望の一本松ノ上」と記載されている[111]

2017年3月19日にプロ野球球団の東北楽天ゴールデンイーグルスと陸前高田市がパートナー協定を結んだことに伴い、松原にある第一球場が「楽天イーグルス奇跡の一本松球場」と命名された[112]

所在地[編集]

地理院地図 Googleマップ 一本松の位置

  • 岩手県陸前高田市気仙町字砂盛176-6[113]

最寄り駅はJR東日本大船渡線陸前高田駅であったが、一本松の見学に訪れる乗客が増えたことから、その便宜を図るためさらに一本松に近い場所に大船渡線BRT奇跡の一本松駅が2013年7月13日に開業した。当初は臨時駅で営業期間は限定されていたが、2014年10月1日からは常設化され、毎日停車するようになった。奇跡の一本松駅から一本松までは500メートルほどである[114]。また自動車で訪れる見学者のために、国道45号を挟んだ反対側に駐車場が用意されている[113]

駐車場内には陸前高田市が1億円を投じ2014年8月にオープンした物産施設「一本松茶屋」があり、土産店や飲食店などが営業をしている[115]

近隣には道の駅高田松原(震災により休業中)があり、駐車場に震災犠牲者のための追悼施設が仮設されている。今後、道の駅と一本松を含む一体は高田松原津波復興祈念公園として整備され、2020年に一部が供用開始される予定である[116]

一本松の背後の気仙川河口には、山林部の宅地・公共施設造成地から土砂を搬出するベルトコンベア用の吊り橋が2013年12月に架けられ、2015年9月まで稼働していた[117]。この吊り橋は「希望のかけ橋」と名付けられており、夜には一本松と同様にライトアップされていた[118]。一本松とあわせて観光客の誘致に大きな役割を果たしていたが、土砂搬送作業が終了した後に撤去解体された[119]

関連施設[編集]

2014年8月に「復興まちづくり情報館」が道の駅敷地内に開設され、市内の復旧状況を知らせるパネルや一本松の根などが展示されている[115]。また、市内高田地区のかさ上げ地には、一本松の保存工程などを紹介する施設として「一本松記念館」(仮称)が整備される予定となっている[120]

南相馬市の一本松[編集]

かしまの一本松

福島県南相馬市鹿島区にも震災による津波を生き延びた松の木があり、「かしまの一本松」と呼ばれているほか、「奇跡の一本松」とも称されている[121][122]

南相馬市北部の南右田地区には数万本の松の木による保安林があったが、津波によってその大半が倒壊した。十数本ほどが生き残ったものの、その後ほとんどが樹木医により枯死と診断され、高さ約25メートル・根回り約2メートルの1本だけが生き残った。この木を地域の希望の象徴として残すため、地域住民の有志が主体となって「一本松を守る会」が結成され、木の周囲を整備したうえで看板を設置し、保存活動を続けている[123]。しかし、2014年9月頃から葉が赤くなったり樹皮が剥がれ落ちるなど樹勢が衰え始め、樹木医からも回復の可能性は低いと宣告された[124]。また、付近一帯は防災林用地となることが決まっており、工事範囲が木の周囲に及ぶ場合は伐採される可能性がある[125]

南相馬市内にはこれに加えて「泉の一葉マツ」と呼ばれる被災松もある。詳細は当該項目を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “「奇跡の一本松」保存業務の受注について” (日本語) (プレスリリース), 株式会社乃村工藝社, (2012年9月6日), http://www.nomurakougei.co.jp/news/topics/p1736/ 2013年11月24日閲覧。 
  2. ^ a b “「奇跡の一本松」保存事業に係る工期の延長につきまして” (日本語) (プレスリリース), 株式会社乃村工藝社, (2013年3月25日), http://www.nomurakougei.co.jp/news/topics/p2079/ 2013年11月24日閲覧。 
  3. ^ 高田松原と奇跡の一本松” (日本語). 陸前高田市. 2013年11月24日閲覧。
  4. ^ a b “名勝「高田松原」奇跡の1本、復興の象徴へ” (日本語). YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年3月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110324-OYT1T00907.htm 2013年11月24日閲覧。 
  5. ^ a b c 「奇跡の一本松」の保存募金にご協力を(お願い)” (日本語). 日本ユースホステル協会 (2013年3月1日). 2013年11月24日閲覧。
  6. ^ “岩手県陸前高田の「奇跡の一本松」デザインペン登場! - セーラー万年筆” (日本語). マイナビニュース. フォルサ (マイナビ). (2013年2月18日). http://news.mynavi.jp/news/2013/02/18/018/ 2013年11月24日閲覧。 
  7. ^ “住民ら「奇跡の一本松」に感謝” (日本語). 中日新聞 (中日新聞社). (2011年12月14日). http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20111214-3.html 2013年11月24日閲覧。 
  8. ^ 佐々木清和、2011、「3.11大震災で1本だけ残った「奇跡の一本松」の後継樹育成 (PDF) 」 、『東北の材木育種』(196)、森林総合研究所ISSN 1882-5893 p. 8
  9. ^ 首藤伸夫、1985、「防潮林の津波に対する効果と限界−過去の事例による判定−」、『東北大学工学部津波防災実験所研究報告』2号、東北大学工学部津波防災実験所、ISSN 0914-7853 pp. 1-38
  10. ^ “奇跡の一本松、実は173歳 樹齢100年若かった” (日本語). asahi.com (朝日新聞社). (2013年2月28日). http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201302270729.html 2013年11月24日閲覧。 
  11. ^ “「奇跡の一本松」は173歳…民間調査” (日本語). YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年2月28日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/information/20130228-OYT8T00724.htm 2013年11月24日閲覧。 
  12. ^ “奇跡の一本松、樹齢173年 さらに古い可能性も” (日本語). 47NEWS (共同通信社). (2013年2月27日). http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022701001494.html 2013年11月24日閲覧。 
  13. ^ 牛山素行、横幕早季「タイムスタンプデータによる津波到達直前の陸前高田市内の状況の推定 (PDF) 」 、『自然災害科学』第31巻第1号、日本自然災害学会2012年、 47-58頁、 ISSN 0286-6021
  14. ^ “焦点/堤防整備、訴え正反対/県計画に譲れぬ事情” (日本語). 河北新報 (河北新報社). (2011年10月12日). http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20111012_01.htm 2013年11月24日閲覧。 
  15. ^ a b “被災地の科学:東日本大震災 奇跡の一本松、生きる力伝え” (日本語). 毎日jp (毎日新聞社). (2012年5月8日). http://mainichi.jp/feature/news/20120508ddm016040168000c.html 2013年11月24日閲覧。 
  16. ^ “奇跡の一本松、回復困難に 陸前高田、海水影響” (日本語). 岩手日報 (岩手日報社). (2011年12月10日). http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/sh201112/sh1112103.html 2013年11月24日閲覧。 
  17. ^ Shingo Ito (2011年4月2日). “Lone pine tree symbol of hope in Japan tsunami city” (英語). Google News. AFP (Google). http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iyAKT7Bca11aL47GBkADAF-vNUcg?docId=CNG.4108f2c88cec9676e4c2e8f803029cac.611 2013年11月24日閲覧。 
  18. ^ a b c d e Ko Sasaki (2011年7月10日). “一本松に託す復活への希望―陸前高田市” (日本語). ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (ウォール・ストリート・ジャーナル). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-270383.html?mg=inert-wsj 2013年11月24日閲覧。 
  19. ^ a b “「奇跡の一本松」で応援歌 やなせたかしさんが作詞作曲” (日本語). asahi.com (朝日新聞社). (2011年6月14日). http://www.asahi.com/special/10005/OSK201106140038.html 2013年11月24日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f g h i “陸前高田市の“希望の松”後継樹育成に成功 ~ 苗木を未来へつなぐ ~” (日本語) (プレスリリース), 住友林業株式会社, (2011年12月14日), http://sfc.jp/information/news/2011/2011-12-14.html 2013年11月24日閲覧。 
  21. ^ a b “【from Editor】一本松は語った” (日本語). msn産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年3月24日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/130324/trd13032410160004-n1.htm 2013年11月24日閲覧。 
  22. ^ 高田松原を守る会 (2013年10月9日). “Cover photos” (日本語). 2013年11月24日閲覧。
  23. ^ Brian Walker (2011年4月16日). “Single pine tree a sign of hope amid devastation in Japanese city” (英語). CNN. http://edition.cnn.com/2011/WORLD/asiapcf/04/16/japan.tree.hope/ 2013年11月24日閲覧。 
  24. ^ a b “希望の一本松、維持を断念 緑化センターが正式発表 根腐れ発生し、枯死” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2011年11月14日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws7212 2013年11月24日閲覧。 
  25. ^ 陸前高田市『希望の松』保護対策報告 (PDF)日本緑化センター「マツ再生プロジェクト」)
  26. ^ a b c “復興のシンボル 「奇跡の一本松」 写真特集” (日本語). 時事通信 (時事通信社). (2011年6月10日). http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_topics&p=pin001-jlp10963243 2013年11月24日閲覧。 
  27. ^ “復興のシンボル 「奇跡の一本松」 写真特集” (日本語). 時事通信 (時事通信社). (2011年5月18日). http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_topics&p=pin001-jlp10869385 2013年11月24日閲覧。 
  28. ^ a b c d e “奇跡の一本松 陸前高田市が保存方法を決定 幹分割後に防腐処理” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2012年7月21日). http://www.shimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws7828 2013年11月24日閲覧。 
  29. ^ “「奇跡の一本松」保存へ 震災伝えるモニュメントに” (日本語). 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年5月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO41951140Z20C12A5CR8000/ 2013年11月24日閲覧。 
  30. ^ “心棒通す工法が有力 陸前高田の一本松保存” (日本語). 岩手日報 (岩手日報社). (2012年7月18日). http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/y2012/m07/sh1207181.html 2013年11月24日閲覧。 
  31. ^ a b c d 平成24年度第1回市長臨時記者会見 (PDF)” (日本語). 陸前高田市 (2012年7月20日). 2013年11月24日閲覧。
  32. ^ a b “陸前高田「奇跡の一本松」、枝葉取り付け復元完了-震災シンボルとして保存” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年3月6日). http://sanriku.keizai.biz/headline/662/ 2013年11月24日閲覧。 
  33. ^ a b c d “サイボーグ化される「奇跡の一本松」 1億5000万円もの費用に疑問の声” (日本語). J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年8月31日). http://www.j-cast.com/2012/08/31144830.html?p=all 2013年11月24日閲覧。 
  34. ^ a b “奇跡の一本松、随意契約は違法 陸前高田の市民ら監査請求” (日本語). 西日本新聞 (西日本新聞社). (2014年11月20日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/128359 2017年8月20日閲覧。 
  35. ^ 「奇跡の一本松保存業務」に係る監査請求 (PDF)” (日本語). 陸前高田市. 2017年8月20日閲覧。
  36. ^ 「奇跡の一本松保存業務」に係る監査請求 (PDF)” (日本語). 陸前高田市. 2017年8月20日閲覧。
  37. ^ (日本語)河北新報 (河北新報社). (2014年11月20日). オリジナル2015年1月30日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/9eGCn+2017年8月20日閲覧。 
  38. ^ a b 奇跡の一本松保存プロジェクト” (日本語). 陸前高田市. 2013年11月24日閲覧。
  39. ^ a b c “一本松 復活の春” (日本語). YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年3月4日). http://www.yomiuri.co.jp/zoomup/zo_130304_01.htm 2013年11月24日閲覧。 
  40. ^ 調査研究報告実績” (日本語). 一般財団法人航空宇宙技術振興財団. 2017年8月6日閲覧。
  41. ^ a b 株式会社ヤトミ製材” (日本語). 株式会社ヤトミ製材. 2013年11月24日閲覧。
  42. ^ “「奇跡の一本松」帰郷に向け着々 幹のくりぬき作業終了” (日本語). asahi.com (朝日新聞社). (2012年11月8日). http://www.asahi.com/special/10005/NGY201211080059.html 2013年11月24日閲覧。 
  43. ^ “復興のシンボル 「奇跡の一本松」 写真特集” (日本語). 時事通信 (時事通信社). (2013年2月12日). http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_topics&p=pin001-jlp14043257 2013年11月24日閲覧。 
  44. ^ a b c “「奇跡の一本松」保存進む 各地でレプリカ作りや防腐処理” (日本語). 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年1月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0301B_T00C13A1CR8000/ 2013年11月24日閲覧。 
  45. ^ “<奇跡の一本松>布素材に再生 衣装やスカーフに” (日本語). 河北新報 (河北新報社). (2017年6月20日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170620_33034.html 2017年7月9日閲覧。 
  46. ^ a b “陸前高田「奇跡の一本松」“治療”順調 たつので最終工程” (日本語). 神戸新聞 (神戸新聞社). (2013年2月23日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201302/0005761673.shtml 2013年11月24日閲覧。 
  47. ^ “「奇跡の一本松」保存に宮田村の企業参加 カーボンパイプ提供” (日本語). 47NEWS. 信濃毎日新聞 (共同通信社). (2012年9月14日). http://www.47news.jp/smp/news/201209/SM0914_857637.html 2013年11月24日閲覧。 
  48. ^ “「奇跡の一本松」保存プロジェクトに参加しました!!” (日本語) (プレスリリース), 株式会社三共製作所, (2013年10月1日), http://www.sankyo-ss.co.jp/information/info.html 2013年11月24日閲覧。 
  49. ^ a b “東日本大震災:奇跡の一本松、パーツの復元着々 細部まで再現” (日本語). 毎日jp (毎日新聞社). (2013年2月26日). http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130226ddm041040183000c.html 2013年11月24日閲覧。 
  50. ^ 新野正之; 大島民夫 (2013年). 「奇跡の一本松保存計画」の松枝葉部の抗力実証試験 (技術レポート). 航空宇宙技術振興財団. http://kyoyonavi.mext.go.jp/facility/download_report_pdf_file/850. 
  51. ^ “陸前高田の「奇跡の一本松」根を掘り出し-防腐処理、保存へ” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2012年12月7日). http://sanriku.keizai.biz/headline/527/ 2013年11月24日閲覧。 
  52. ^ a b “「奇跡の一本松の巨大な根」初公開 重さ3トン「震災忘れないで」” (日本語). msn産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年9月14日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130914/dst13091418400006-n1.htm 2013年11月24日閲覧。 
  53. ^ a b “奇跡の一本松、復元「お預け」 枝葉部分をやり直し 現地来訪者思いさまざま” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2013年3月10日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws8474 2013年11月24日閲覧。 
  54. ^ “陸前高田「奇跡の一本松」、復元やり直し-枝葉部分に不具合” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年5月28日). http://sanriku.keizai.biz/headline/764/ 2013年11月24日閲覧。 
  55. ^ “一本松の復元やり直し 陸前高田、枝葉の角度にずれ” (日本語). 岩手日報 (岩手日報社). (2013年3月9日). http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/y2013/m03/sh1303092.html 2013年11月24日閲覧。 
  56. ^ “枝葉付け直し完全復元 岩手、奇跡の一本松” (日本語). 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年6月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG03014_T00C13A6CC0000/ 2013年11月24日閲覧。 
  57. ^ “東日本大震災:「奇跡の一本松」 足場撤去で立ち姿復活” (日本語). 毎日jp (毎日新聞社). (2013年6月8日). http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130609k0000m040036000c.html 2013年11月24日閲覧。 
  58. ^ “奇跡の一本松「復活」=陸前高田で完成式典-岩手” (日本語). 時事通信 (時事通信社). (2013年7月3日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070300070 2013年11月24日閲覧。 
  59. ^ a b “「一本松」善意輝く 陸前高田、募金1.5億円達成” (日本語). 岩手日報 (岩手日報社). (2013年6月29日). http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/y2013/m06/sh1306291.html 2013年11月24日閲覧。 
  60. ^ “復興のシンボル 「奇跡の一本松」 写真特集” (日本語). 時事通信 (時事通信社). (2013年6月28日). http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_topics&p=pin001-jlp14788344 2013年11月24日閲覧。 
  61. ^ 生まれ変わり、帰ってきた一本松(岩手県陸前高田市)[平成25年7月3日]” (日本語). 復興庁 (2013年7月3日). 2013年11月24日閲覧。
  62. ^ “高田松原松林跡地のマツ保存へ 「守る会」の選定から3本” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2013年12月28日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws9330 2014年1月5日閲覧。 
  63. ^ “【陸前高田「奇跡の一本松」公印化にWPC技術で協力】” (日本語) (プレスリリース), 大建工業株式会社, (2013年3月15日), http://www.daiken.jp/news/newsDetail/507/ 2013年11月24日閲覧。 
  64. ^ “「奇跡の一本松」で市の公印…陸前高田” (日本語). YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年3月6日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/information/20130306-OYT8T00408.htm 2013年11月24日閲覧。 
  65. ^ a b 奇跡の一本松保存募金について”. 陸前高田市. 2013年11月24日閲覧。
  66. ^ 陸前高田市奇跡の一本松保存基金条例” (日本語). 陸前高田市 (2012年7月24日). 2013年11月24日閲覧。
  67. ^ 陸前高田市東日本大震災絆基金条例”. 陸前高田市 (2012年3月26日). 2013年11月24日閲覧。
  68. ^ a b 、2013、「議論渦巻く「奇跡の一本松」 海外スターは興味なし?」、『AERA』(2013年2月11日号)、朝日新聞出版ISSN 0914-8833
  69. ^ “奇跡の一本松 募金1億円を突破 開始から8カ月、目標の7割に” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2013年3月23日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws8512 2013年11月24日閲覧。 
  70. ^ 筋野茜 (2013年3月11日). “一本松は必要か 被災地を2年取材して 共同通信盛岡支局・筋野茜” (日本語). 47NEWS (共同通信社). http://www.47news.jp/47gj/furusato/2013/03/post-948.html 2013年11月24日閲覧。 
  71. ^ “「奇跡の一本松」復元やり直しに疑問の声も” (日本語). ハフィントン・ポスト日本版 (ハフィントン・ポスト). (2013年5月28日). http://www.huffingtonpost.jp/2013/05/27/kiseki_ipponmatsu_n_3343721.html 2013年11月24日閲覧。 
  72. ^ 赤木智弘 (2012年9月15日). “【赤木智弘の眼光紙背】一本松の奇跡なんて無かった” (日本語). BLOGOS. 2013年11月24日閲覧。
  73. ^ 【境界線を見つめて】Vol.19「1億5000万円かけた“奇跡の一本松”保存計画に見る、震災以降のお金の使い方」” (日本語). TIME LINE. TOKYO FM (2012年9月10日). 2013年11月24日閲覧。
  74. ^ 久保田崇 (2013年3月18日). “槌音響き始めた住宅の高台移転 次の課題は産業活性化のための戦略的復興――岩手県陸前高田市 久保田崇副市長” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. 2013年11月24日閲覧。
  75. ^ 久保田崇 (2012年10月15日). “被災地から積極的に情報発信を 陸前高田市副市長 久保田崇” (日本語). 47NEWS (共同通信社). http://www.47news.jp/47gj/latestnews/2012/10/1348144.html 2013年11月24日閲覧。 
  76. ^ “奇跡の一本松、巨額費投入には賛否 「生活再建は?」行政と温度差 宮城” (日本語). msn産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年7月4日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/130704/myg13070402330001-n1.htm 2013年11月24日閲覧。 
  77. ^ “奇跡の一本松でアンケート調査 来訪時の「思い」明らかに” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2013年12月8日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws9273 2014年1月5日閲覧。 
  78. ^ “「奇跡の一本松」観光名所に バス駅や土産物屋開業” (日本語). 日本経済新聞 (共同通信社). (2017年1月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H1H_V00C17A1CR0000/ 2017年7月9日閲覧。 
  79. ^ a b c d e “陸前高田市「希望の松」後継樹育成の経過報告について” (日本語) (プレスリリース), 住友林業株式会社, (2013年6月18日), http://sfc.jp/information/news/2013/2013-06-18.html 2013年11月24日閲覧。 
  80. ^ a b “一本松の奇跡、受け継いで 子どもの苗が成長中” (日本語). asahi.com (朝日新聞社). (2011年12月14日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201112140586.html 2013年11月24日閲覧。 
  81. ^  陸前高田「奇跡の一本松」種子から苗18本育成 住友林業 47NEWS, 2011年12月15日。
  82. ^ “復興のシンボル 「奇跡の一本松」 写真特集” (日本語). 時事通信 (時事通信社). (2011年12月14日). http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_topics&p=pin001-jlp11875371 2013年11月24日閲覧。 
  83. ^ a b c “陸前高田市「希望の松」後継樹育成の経過報告について” (日本語) (プレスリリース), 住友林業株式会社, (2012年12月7日), http://sfc.jp/information/news/2012/2012-12-07.html 2013年11月24日閲覧。 
  84. ^ a b “【いばらきプレミア】陸前高田の奇跡の一本松に子孫を 10本の苗が育った” (日本語). 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年4月6日). http://www.sankei.com/premium/news/170406/prm1704060002-n1.html 2017年7月9日閲覧。 
  85. ^ “住友林業など、津波で残った「希望の一本松」の後継樹育成に成功” (日本語). 日刊工業新聞. (2011年12月15日). http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0920111215ceax.html 2013年11月24日閲覧。 
  86. ^ “「一本松」苗木、出雲大社へ…復興への祈り託し” (日本語). 読売新聞 (読売新聞社). (2016年3月13日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000305/20160312-OYT1T50101.html 2017年8月6日閲覧。 
  87. ^ 参考図書・リンク” (日本語). 陸前高田市. 2013年11月24日閲覧。
  88. ^ “高田松原の被災松で「希望の炭」 災害の風化防止へ加工” (日本語). 47NEWS (共同通信社). (2013年10月25日). http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102501002177.html 2013年11月24日閲覧。 
  89. ^ 「奇跡の一本松 大津波をのりこえて」なかだえり絵・文” (日本語). 汐文社. 2013年11月24日閲覧。
  90. ^ 希望の木 - 新井満 - 大和出版” (日本語). 大和出版. 2013年11月24日閲覧。
  91. ^ 出版物のご案内” (日本語). 創英社. 2013年11月24日閲覧。
  92. ^ きせきの一本松 :のはら あい|河出書房新社” (日本語). 河出書房新社. 2013年11月24日閲覧。
  93. ^  「高田松原の一本松」が歌になる やなせたかしさんが作詞・作曲 J-CASTニュース、2011年5月26日。
  94. ^ “奇跡の一本松に重ねた人生 やなせたかしさん死去” (日本語). 岩手日報 (岩手日報社). (2013年10月16日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20131016_2 2013年11月24日閲覧。 
  95. ^ “高田の一本松 希望込め歌に” (日本語). 東京新聞 (中日新聞東京本社). (2011年9月26日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2011092602100003.html 2013年11月24日閲覧。 
  96. ^ いっぽんの松|徳間ジャパン” (日本語). 徳間ジャパンコミュニケーションズ. 2013年11月24日閲覧。
  97. ^ “千昌夫新曲「いっぽんの松」発売繰り上げ” (日本語). 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2011年9月16日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1619169.html 2013年11月24日閲覧。 
  98. ^ 茨城県石材業協同組合連合会から石碑が寄贈されました” (日本語). 陸前高田市 (2016年6月16日). 2017年8月6日閲覧。
  99. ^ “白井貴子さんが陸前高田と神奈川を結ぶ盆踊りソング「松の花音頭」を知事に贈呈” (日本語). ヨコハマ経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2012年12月20日). http://www.hamakei.com/headline/7574/ 2013年11月24日閲覧。 
  100. ^ “陸前高田に新たな盆踊り曲「松の花音頭」-白井貴子さんがCD発売” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2012年7月19日). http://sanriku.keizai.biz/headline/233/ 2013年11月24日閲覧。 
  101. ^ a b “「奇跡の一本松」をアニメ映画化 美術監督・山本二三さんら、クラウドファンディング開始” (日本語). アニメ!アニメ! (アニメアニメジャパン). (2013年6月1日). http://animeanime.jp/article/2013/06/01/14257.html 2013年11月24日閲覧。 
  102. ^ 希望の木製作準備委員会” (日本語). 希望の木製作準備委員会. 2013年11月24日閲覧。
  103. ^ アニメーション映画「希望の木」製作準備委員会活動の経過と活動停止のお知らせ” (日本語). 希望の木製作準備委員会. 2014年10月26日閲覧。
  104. ^ “「平成」25周年記念貨幣発売 奇跡の一本松メダルも” (日本語). 岩手日報 (岩手日報社). (2013年11月7日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20131107_10 2013年11月24日閲覧。 
  105. ^ 東日本大震災復興事業記念貨幣(第一次発行分~第三次発行分)の図柄等を決定しました” (日本語). 財務省 (2012年8月28日). 2013年11月24日閲覧。
  106. ^ 東日本大震災復興事業記念貨幣(第四次発行分)の図柄等を決定しました” (日本語). 財務省 (2012年11月16日). 2013年11月24日閲覧。
  107. ^ “陸前高田の奇跡の一本松がオリジナルフレーム切手に-限定発売” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年3月11日). http://sanriku.keizai.biz/headline/670/ 2013年11月24日閲覧。 
  108. ^ “「奇跡の一本松」を万年筆に 陸前高田市とモンブランの思い” (日本語). 朝日深部デジタル (朝日新聞社). (2015年3月11日). http://www.asahi.com/and_M/fashion/SDI2015030990351.html 2017年7月9日閲覧。 
  109. ^ 市公認ロゴマークを作成しました (PDF)” (日本語). 『広報りくぜんたかた』平成25年8月25日号 No. 919. 陸前高田市. 2013年11月24日閲覧。
  110. ^ “陸前高田「奇跡の一本松」のロゴデザイン決まる-幅広い使用認め被災地PRに一役” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年8月5日). http://sanriku.keizai.biz/headline/824/ 2013年11月24日閲覧。 
  111. ^ “陸前高田のゆるキャラ「ゆめちゃん」、住所は「奇跡の一本松の上」” (日本語). 三陸経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年1月8日). http://sanriku.keizai.biz/headline/572 2014年3月20日閲覧。 
  112. ^ “Web東海新報|楽天とパートナー協定、球場の愛称は〝一本松〟に/陸前高田(動画、別写真あり)” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2017年3月21日). https://tohkaishimpo.com/2017/03/21/153239/ 2017年7月9日閲覧。 
  113. ^ a b アクセス” (日本語). 陸前高田市. 2013年11月24日閲覧。
  114. ^ “東日本大震災:「奇跡の一本松駅」が復活 陸前高田” (日本語). 毎日jp (毎日新聞社). (2013年9月6日). http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130907k0000m040019000c.html 2013年11月24日閲覧。 
  115. ^ a b “「一本松」に茶屋 周辺に観光施設続々…岩手・陸前高田” (日本語). YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年8月6日). http://www.yomiuri.co.jp/otona/travel/tnews/tohoku/20140806-OYT8T50056.html 2014年10月26日閲覧。 
  116. ^ 高田松原津波復興祈念公園 基本計画 (PDF)” (日本語). 復興庁・岩手県・陸前高田市 (2015年8月). 2017年8月6日閲覧。
  117. ^ “ベルトコンベヤー専用吊り橋 名称は「希望のかけ橋」” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2013年12月18日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws9301 2014年10月26日閲覧。 
  118. ^ “【ニュース】 「希望のかけ橋」ライトアップ” (日本語). IBCニュース (IBC岩手放送). (2014年4月15日). http://www.ibc.co.jp/fukko/index.php?itemid=17940 2014年10月26日閲覧。 
  119. ^ “Web東海新報|「希望のかけ橋」解体進む、今秋中に大部分撤去/陸前高田(別写真あり)” (日本語). 東海新報 (東海新報社). (2016年5月17日). https://tohkaishimpo.com/2016/05/17/105518/ 2017年7月9日閲覧。 
  120. ^ “岩手県陸前高田市/一本松記念館・市立博物館整備/平屋2700平米、新駅北側に” (日本語). 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社). (2017年4月5日). http://www.decn.co.jp/?p=90464 2017年8月6日閲覧。 
  121. ^ ““津波被災の象徴”照らす 南相馬・鹿島区「奇跡の一本松」” (日本語). 福島民友ニュース (福島民友社). (2014年1月3日). http://www.minyu-net.com/news/photo/0103/photo_news.html 2014年2月1日閲覧。 
  122. ^ “住民が生きた「証し」 “希望の象徴”南相馬・鹿島の一本松” (日本語). 福島民友ニュース (福島民友社). (2013年12月3日). http://www.minyu-net.com/osusume/daisinsai/serial/131203/news1.html 2014年10月26日閲覧。 
  123. ^ “「奇跡の一本松」看板設置 南相馬” (日本語). 福島民報 (福島民報社). (2013年9月22日). オリジナル2013年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131202221411/http://www.minpo.jp/news/detail/2013092211033 2013年11月24日閲覧。 
  124. ^ “【ふくしま便り】頑張れ わが町の一本松 南相馬市鹿島区の人々の願い” (日本語). 東京新聞 (中日新聞社). (2015年12月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/fukushima_report/list/CK2015121502000162.html 2017年7月9日閲覧。 
  125. ^ “南相馬「かしまの一本松」伐採へ 防災林整備で数年内に” (日本語). 福島民報 (福島民報社). (2016年7月4日). http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/07/post_13897.html 2017年7月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]